JACKALL チョップカット インプレ。奇天烈アクションに驚いた。

スポンサードリンク

特別なテクニックが必要ない分、初心者でも引いてこれるところがメリットです。

トゥイッチもイイ感じ

トゥイッチさせると、左右にドッグウォークして、非常にイイ感じ。

ただ、キレイにドッグウォークさせるのは、少し難しいようにも感じました。

フロッグを首振りさせるときのように、ロッドを下に向け、ロッドとラインの角度を90度ぐらいつけてトゥイッチすると良い感じ。

 

川島さんは、YouTubeチャンネルでドッグウォークさせて使っていました!

その際、ペラの抵抗が強く、なかなか手前に来ません。いわゆる移動距離を抑えたアピールが出来るのも利点です。

ウィークポイント

バスベイトのようなスナッグレス性能はあまり望めません。

また、ゴミが多いところでは、ペラに絡むのでちょっと厳しい。

川島勉さんのYouTubeが面白い!


既にご存知だとは思いますが、川島勉さんのYouTubeチャンネル、Benチャンネルがめっちゃ面白い。

房総リザーバーが舞台で、ハードベイトやテキサスリグでめっちゃ釣っていてとても参考になります。

テキサスリグのカバー打ちで予告バイトしたり、川島さんの釣りウマポテンシャルの凄さを感じました。

房総リザーバーアングラー必見のYouTubeチャンネルです。

まとめ

以上JACKALL チョップカットの使用感についてでした。

独創的すぎるアクションが、投げているだけで楽しい気分にさせてくれます。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

リールカスタム情報まとめ

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


nineteen + 20 =