かけはりの謎 デジタルフィッシュスケールを 格安で作成しました

スポンサードリンク

先日購入したデジタルスケールですが、単体では役にたちません。

バスの顎をガッチリキープしてくれる’かけはり’が必要です。

バス釣り便利アイテムである、’かけはり’について、使用感をシェアします。

ACTIVE カケハリ

ACTIVE カケハリ

 

先日購入したデジタルスケールにバスを吊り下げるために、バスの顎にひっかける’フィッシュグリップの先端部分のようなもの’が必要です。

しかし不肖私はその商品の名称がわかりませんでした。

かけはりとは

釣りウマの友人に聞いたところ、フィッシュグリップの先っぽだけの部分を’かけはり’と呼ぶみたいです。

さっそくAmazonで’かけはり’を購入するべく、検索してみました。

するとどうもカテゴリー違いの商品が出てきてしまいます。

手芸用のかけはり

手芸用品にも’かけはり’という商品が存在する模様。

ACTIVE カケハリ

こっちが釣り用っぽいな。

でも、どっちもモノは同じみたいです。

手芸用品と釣り用品でまったく同じものが、まったく別の用途で売られているみたいです

もともとは手芸用品として生まれたものが、誰が気づいたのかバスの顎つかむのに丁度いいんじゃね?てことになって釣り用品としても販売されているみたいです。

不思議ですね。

どちらを購入しても同じですが、私は後者を購入しました。

格安フィッシュスケール

デジタルフィッシュスケール

デジタルフィッシュスケール

あとは購入したデジタルスケールと結び付ければ格安のデジタルフィッシュスケールの出来上がりという訳です。

デジタルスケールについてはコチラ★

まとめ

こいつが活躍してくれる魚が釣れてくれることが最も重要ですw

以上私の格安フィッシュスケール作成方法でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

人気記事★


  

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です