霞ヶ浦のおかっぱりでバスを 釣るための5つのコツ

スポンサードリンク

霞ヶ浦といえば、関東を代表するバスフィッシングの聖地です。

関東在住のバサーであれば、誰しも一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。

しかし近年では、なかなかに難しいフィールドとなっており、デコを喰らうことも珍しいことではありません。

そんな霞ヶ浦で、釣果をあげるために大切な5つの要素をまとめてみました。

風裏より、風表を狙おう

DSC_7470
 

護岸に強風が吹きつけていると、ついつい風裏に避難して釣りをしていました。 

向かい風でのキャストは難しいし、ラインも流されるから非常に釣りがやり難いです。

しかし、上級者と一緒に釣りに行くと、必ずといって良いほど強風が強く当たっている風表の護岸際で釣りをします。

そして釣果をあげています。

シラウオ

シラウオ

強く風の吹きつける風表の護岸際こそ、打ち寄せられたシラウオなどのベイトフィッシュを狙った大型のバスが回遊してくる可能性が高いのです。

ただしこれは必ずしもそうかというと、もちろん例外もあるのですが。

というのも1日荒れ続けている日は、風裏や、小規模流入河川にバスが避難していることもあるからです。

また、季節的なファクターも絡んでくることもあり、風が当たることにより水温低下が起こり、活性が低くなる場合もあります。

しかしとても釣りにならないような爆風でもチャンスタイムであることが往々にしてあるので、少々しんどいですが投げ続けてみましょう。

水が出ている水門を探そう

DSC_7794-2
 

これは霞ヶ浦に限ったことではないですが、やはりカレントが利いている、水が出ている最中の水門周りでの実績が高いです。

霞ヶ浦水系には無数の水門がありますが、沢山あってやりきれないよって時は
水が出ているところに絞ってやってみると良いかもしれません。

あとは経験上、何故か吸っている水門はあまり良くないです。

強いのと弱いの両方投げてみる

DSC_7455
 

さんざん巻物や高比重ワームを投げ尽くした後、全く反応がなかったが、同じポイントにダウンショットなどライトリグを投げたら一発で釣れたことが良くあります。

居ないから食わない、じゃなく居るけど食わない、という傾向が霞ヶ浦のバスに関しては高いと言えると思います。

投げにくいところこそ投げよう

DSC_7501

 


両側に金網があったりして、だれも投げないような小規模流入河川はルアーを投げてみる価値があります。

もちろん釣り禁止のところはダメですが、釣り可能で、金網があって釣りしづらい流入河川があるはずです。

こういったポイントを探して、攻めてみるといいことがあるかもしれません。

ドックは超1級スポット

DSC_5537

 


霞ヶ浦水系はあまりにも広大で、初心者がおかっぱりする際にまず悩むのが、
どこで釣りをしたら良いのか、というところに尽きると思います。

多くのバスボートが駐艇しているドッグやマリーナの周辺は、
大会後などにトーナメンター達が検量したバスをリリースする場所でもあるので、比較的魚が濃い傾向があります。

ですのでまずはドッグ周辺から釣りをスタートしてみるといいでしょう。

人がやっているポイントをやってみる

最初は雑誌やネットなどで紹介されている、メジャーなポイントからやってみるのがおすすめです。

大体有名どころのポイントは先行者が数名居るということがほとんどですが、バサーが大勢居るということは、実績の高いポイントであることが多いです。

魚が居ることが約束されているし、足場が良くて釣りのしやすいポイントが多いです。

「プレッシャーが…」と思いますが、広い霞ヶ浦、自分の魚はどこかに居るはずです。

マナーは守りましょう

DSC_5878
 

白い石積みは立ち入り禁止です。また、水生植物エリアも釣り禁止になっています。

白い石積みに関しては、知らずに立ち入ってしまっている方もいるみたいです。

周りの知っているバサーが声を掛けてあげれればよいですね。

私も霞ヶ浦で釣りをし始めたころは、白い石積みのルールは知らなかったです。

そういったローカルルールは徹底して守って、気持ちよく釣りが出来るといいですね。

 

 

まとめ

以上の項目を頭の片隅に置いて、一日陸ッパリに励むと、良い魚をきっとGET出来るはずです★

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

人気記事★

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です