偏光サングラスはメガネ拭きで拭くと劣化する!?正しいお手入れ方法。

スポンサードリンク

偏光サングラスがダメになりました。まだ2年ぐらいしか使ってないのに…

現場でメガネ拭きを使って拭くのは、表面の微細な汚れで傷を付けてしまうのですね。

「間違ったお手入れ方法」の結果をご報告しますw

TALEX イーズグリーン

 

私の偏光サングラスは、TALEXのイーズグリーンにブルーミラーコーティングを施したものです。

2016年の7月に購入したので、丁度2年程度使用しました。

近所のTALEXプロショップ、「宅配のめがね屋さん」で持ち込みフレームにインストールしたものです。

(PPL75と呼ばれる、プラスティック製のレンズです。

傷が目立ち始めた

 

 

扱いが悪いのか、レンズの内側に無数の傷が付いてしまいました。(視界に影響が出るレベル)

こうして改めて見てみると、酷い状態です。かなり丁重に扱っているつもりなのに…

※外側は、コーティングの効果か!?綺麗です

 

確かに、バスフィッシングという過酷な環境で使用していますが、一般的には偏光サングラスの寿命はもう少し長いはず。

なぜこんなに傷が付いてしまったのでしょうか。

現場で拭いていた

ズボラな私のお手入れ方法に問題がありました。

朝、偏光サングラスを掛ける前に、前回使用時に付いた油脂等をメガネ拭きで拭く。

それだけでしたw

表面の微細なホコリで傷が付く。

そうすると、表面のホコリでレンズに傷が付きます。

どうやら、屋外で長時間着用したサングラスには、思っているよりも多量の汚れが付着しているようです。

(目視可能なレベルを超えた、微細なホコリを含めて。)

 

それを洗い落とさずに、いきなりメガネ拭きでフキフキするもんだから、どんどん傷がつく訳です。

良かれと思ってやっている行為が、かえってレンズの寿命を縮めていました

 

ついている傷のほとんどが線キズなので、自分で拭いたときに付けた傷、という事が良く分かりますねw

 

現場では我慢して、中性洗剤で洗う事

解決策としては、現場では絶対にフキフキしない事。

それから、帰ったら中性洗剤で水洗いし、ちゃんと表面のホコリを落とす。

現場に着いた時点でメンテナンスが終わってなきゃいけない、という事ですな。

勉強になりました…

メガネクリーナーを使う

でも、現場でレンズを誤って触ってしまった、みたいな事ってありませんか?指紋べったり、みたいなw

そんな感じで、どうしても現場で拭きたいときってあると思うんです。

そんなときは、メガネクリーナーをふんだんにつけて、汚れを浮かせてから拭くと良いようです。

水分は敵

それから、偏光フィルムは水分が苦手なので、水洗い後はしっかりと乾燥させることが大事。

詳しくはTALEX公式のメンテナンス方法をご参照ください。

メガネ拭きも定期的にメンテナンス

 

それから、「メガネ拭き」も定期的に洗ったり、交換するのがベター。

メガネ拭きにも汚れが蓄積しているはずで、さらに傷を広げてしまう原因になっていると思います。

同じメガネ拭きをずっと使ってたなあ…

追記

かなり大事なポイントだと思いますが、今回のお話は、プラスチック製のTALEXレンズについてです。

ガラス製のレンズは耐摩耗性に優れ、今回のような事は起こりにくいようです。ただし、ガラス製のレンズは重たい、という特性もあります。

 

ちなみに、私がこのレンズをインストールした際は、ガラスかプラスチックか特に指定しませんでした。特に指定が無い場合、プラスチック製となるようです。

(お店にもよると思いますが、地元のTALEXプロショップ、宅配のメガネ屋さんではそうでした)

ご自身の好みに合わせてチョイス出来るとイイと思います。

傷ついてしまったので、レンズを交換予定ですが、次はガラスレンズにしてみたいと思います。

 

※ちなみにかの有名なティムコのサイトマスターについては、すべてガラスレンズとなっています。

まとめ

以上、偏光サングラスの扱い方についてでした。

表面に付着したホコリを考慮せず、現場で拭いてしまうと、あっという間に傷が付きます。

私の間違ったメンテナンスを反面教師として、お手持ちの偏光サングラスがより長く使えるようになる事を願っています。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

3 件のコメント

  • はじめまして。
    いつも拝見させて頂いてます。
    サングラスですが、車内に放置したとかありませんか?
    レンズのキズを見る限り熱クラック(表面コーティングのひび割れ)に見えます。
    仰っている様にレンズを手入れ(拭き取り等の清掃)した際に多少なりのキズは付きものですが、それだけで画像の様にはなりませんので、考えられるのは熱によるコーディングの剥がれだと思います。
    熱で膨張したコーティングが縮み、特に手入れ時に見えないレベルのキズを起点にコーディングが割れたのでは?っと思います。
    今の時期等に車内にサングラスを置いている方はこういった傾向にありますので、新規でサングラスを購入(レンズ交換等)された際は必ず車内に放置(ダッシュボードはもっての他!)に気を付けて頂ければ長持ちすると思います。

    因みに私は現役のメガネ屋です(笑)

    • コメントありがとうございます。なるほど…たしかに、トランクのバッカンの中に突っ込んだままということが、数回あると思います(汗
      新しいレンズは放置しないよう留意いたします。
      現役のメガネ屋さんの有益な情報ありがとうございます(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です