松本幸雄さんに学ぶ豊英ダムのサイトフィッシング。

スポンサードリンク

豊英ダム釣行の際に、松本幸雄さんに学んだサイトフィッシングのテクニックをご紹介いたします。

ロデオクラフト 松本幸雄さん

左)松本幸雄さん 右)KenDさん

 

ルアマガの企画、陸王にもご出演されている、ロデオクラフトの松本幸雄さん。

エリアトラウトやナマズ釣りにも精通され、魚種を問わずに「釣り」全般を超ハイレベルでこなす達人です。

 

先日の豊英釣行で、松本さんとDeeepStreamkenDさんが同船されているところをストーキングwして、いろいろとお話をさせていただきました。

 

私が同船させていただいた訳ではないので、おこがましいような気もするのですが..

かなり多くの事を学ばせていただき、記事を書きたい!と思ったのでつい書かせて頂きました!

 

松本さんから教えていただいた上流サイトフィッシングの技術をご紹介いたします。

 

ボートの真下でも喰う!

 

私のボートの真下に見えバスが居り、近すぎるので絶対喰わないだろうな、と思っていたのですが..

 

そこで松本さんが一言、

「その枝(水中の枝)に引っ掛けといたら喰うんじゃない♬」

という事で、マリオネットの如く枝にひっかける私。

 

すると見事喰いました。ほぼ真下でも喰うんですね。普段の自分だったら、真下ということもあり投げることすらしなかったかと思います。

松本さんに釣らせて頂いた一本です。

喰うバスと喰わないバスの見極めが出来ている

喰いそうな個体とそうでない個体の見極めが完璧に出来ているのだと感じました。

つまり、ボートの真下だろうが喰いそうな個体は喰うんです。

 

それと、そのバスに効きそうなメソッドが即座に判断できる。

枝に引っ掛けて中層で漂わせると喰うだろう、という一瞬のひらめきがスゴイ。

サイズを目測でピッタリ当てる

 

私の釣ったバスを見て、「46センチぐらいかなあ。」とつぶやく松本さん。

プランターメジャーに乗せると、マジで46センチでしたww

これまで尋常じゃない数のバスを釣ってきた松本さんだからこそ出来る神業です。

他にも、いろんなお話をして頂いたので、ほんの一部ですがご紹介いたします。

 

電柱一本分

 

上流を流す際、私はどうしても「一番乗り!v( ̄Д ̄)v イエイ!」って感じで、誰もまだ通っていないプレッシャー0の状態でやりたがっていたのですが…

 

あえてボートを一台先行してもらう事があるというのです。距離は電柱一本分ぐらい!とのこと。

前のボートが通ったプレッシャーでバスが動き出す→後ろに来るヤツが近くのカバーに入る→そいつをGET

という事らしいです。

 

というのも、上流でのサイトフィッシングの際、「動いていないバス」は非常に見つけづらいことが多いのだそう。

かなーりエグイとこに隠れているので、前のボートのプレッシャーを利用して「動いているバス」にするという事みたいです。

 

実際に、私がお二人をストーキングしだしたら、急に見えバスが多くなったのです。

「なんかさっきより見えバス増えましたね。」と、まさに今その電柱一本分の状態になっているから、という事でした。

これは目から鱗でした。

 

虫か、みみずか

虫か、みみずか。という事で、上流サイトでは虫ワームとストレートワームを使い分けることが多いという事でした。

 

虫ワームはJACKSONのヤゴーン(正確にはオニヤゴオオオンだそうです)を使われておりました。正直、私はヤゴーンは完全ノーマークだったのですがww

いわゆる「沈虫」にカテゴライズされるルアーで、イモグラブの虫チューン、通称イモラバの製品版、といった感じです。

 

こいつのアクションは、水平姿勢を保ちつつ、ゆっくりとフォール。ボトムに放置して喰わせるとかなり強いという事でした。

 

メーカーや人気、不人気の垣根を越えて、いろいろと使ってみるという姿勢を見習いたいところです。

それと、ミミズカラーのストレートワームはやはり強いそうです。他カラーと比べてえげつない喰い方をする、という事でした。

 

筋によって反応が違う(ストレートと虫)

 

私はこれまで、サイトフィッシングにおけるルアーチョイスは、「そのによって反応が違う」という思考でした。

しかしもっと細かいレベルが存在するらしく…

 

例えばバックウォーターの川筋ごと、またはベンドを過ぎたこっちの筋、あっちの筋レベルのミクロなエリアで、反応が違う事があるという事でした。

あっちの筋はみみず、こっちの筋は沈み虫。という具合です。

 

改めてルアーローテーションの大切さを学ばせていただき、反応が悪いときは面倒でも、みみずor虫のローテーションは実施したいと感じました。

 

松本さんの理論は超分かりやすい

私のようなアングラーにも分かりやすく、かみ砕いて説明いただけるので、本当に分かりやすかったです。

 

特に房総リザーバーのゲロ痩せバスさんたちを、上京したてのフレッシュな女性たちが東京の荒波に揉まれてスレていくといったような、楽しい例え話に置き換えてしてくださったのが印象的ですww

そういうバス君はどんどんルアーに騙されて、負のスパイラルに陥るから釣りやすい。という話でした。

 

私がいつも上流で狙っているのはそういったルアー喰いの悪循環に陥ってしまったバス君なんだなあ。と痛感いたしました。

 

ただ、ブリブリのナイスコンデションのヤツはやっぱり普段は喰わずに、台風前とか特別な状況を利用しないと難しい、とも。

そういうブリブリのヤツを、外的要因を利用して喰わせられるのがプロフェッショナルたる所以、だと感じました。

 

うーん、やっぱりバス釣り面白い。

 

DeeepStreamさんのこの日の記事★

※↑この日のkenD氏の記事です。

私の記事だと伝えきれていない部分も多々あるので、分かりやすくまとまっているKenD氏の記事も合わせてご覧いただくとよりお伝えできる幅が広がるかと思います(*^_^*)

 

まとめ

という事で、たくさんの事を学ばせていただきました。松本さん、KenDさんありがとうございました(*’▽’)

※お話頂いた内容について、ご本人に掲載の許可を頂いております。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー