RYUGI 「フットボールヘッド TG」 が超気になるので試した。

スポンサードリンク

穴あきシンカー+フック固定ワイヤーという独創的な意匠をまとったシンカー、RYUGIのフットボールヘッドTG。

テキサスリグとも、フットボールジグとも違う新たなワームリグの真価を探ります。

RYUGI フットボールヘッドTG

 

RYUGIの話題の新製品、フットボールヘッドTGを試してみました。

独創的なシンカー製品を多数リリースするRYUGIからリリースされた、新たなフットボール型シンカーになります。

リグるのが簡単。

 

独自のフックチェンジシステムによって、リグるのが非常に簡単であるというのが最大のメリット。

 

タングステン製の穴の開いたシンカーに、ワイヤーがセットされ、そのワイヤーをずらしてオフセットフックを装着するという仕組み。

ワイヤーをずらすと、切れ目が現れ、そこにオフセットフックをセットします。

 

お好みのオフセットフックをセッティング可能。

個人的にベーシックなオフセットフックである、がまかつのワーム316の#3を合わせてみました。

ワームはハイドアップのスタッガーワイド4インチダブルテール。

 

テキサスをリグるよりも、圧倒的に簡単であるというのが素晴らしいですよね。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です