’悪魔的釣果’ なるか?バレーヒルのデビルシェイカーがカバースモラバに最高。って件。

スポンサードリンク

バレーヒルのデビルシェイカー(シナモンブルーフレーク)を入手!

小さいながらも’悪魔的釣果’を発揮してくれる?デビルシェイカーを冬の相模湖で試しました。

他のトレーラーとの違いや、カバースモラバ専用設計の優位性をシェアします。

バレーヒル デビルシェイカー

バレーヒルのデビルシェイカー2.3inを入手し、相模湖で使ってみました。

厳冬期の相模湖で、パワーフィネス+カバースモラバによる超絶釣果を上げていらっしゃる、スーパーロコ平川征利氏のプロデュースルアー。

DEVIL JIG [デビルジグ]に続けて、トレーラーワームのリリースです。

平川征利(ひらかわ・まさとし)氏の魂のこもった逸品

前回の相模湖の記事でもご紹介いたしましたが、SiteBに掲載された、平川征利氏による「冬の相模湖攻略」の記事にガチで影響を受けておりまして..

そんなデビルに憧れて、デビルシェイカーを購入した訳であります。

O.S.P ゼロファイブタッガーK.O.C.Sと最高に合う

 

デビルシェイカーなんだから、そこはデビルジグでしょ、って感じですが、とりあえず手持ちのO.S.P 05タッガーのK.O.C.S(カズキオリカネカラーセレクト)に合わせてみたら最高のマッチング。

華麗なるメーカーミックスw

かなり「私オリジナルジグ」ですが、釣れる気しかしないゼ!

 

けどこのカラーリング最高じゃないですか?デビルというよりは、「水中を漂うエンジェル」的ルックスに仕上がったw

カバースモラバ専用設計

カバースモラバ専用設計という事もあり、スモラバへのマッチングは最高です。

ラバーに対して、見えすぎず隠れすぎずの絶妙シルエットと、キャストしやすい適度な大きさ。

いつもはゲーリーヤマモトのディトレーターを良く使っていますが、ディトレーターよりもパーツが多い分、アピール力を高めたいときなどに使い分ける事も出来そうです。

イモ、ディトレーターに続く「スモラバトレーラーの定番品」となる予感がプンプンです。

ピリピリとした波動もイイ(*”ω”*)

カラー

カラーは、以下の全8種類。

01:グリーンパンプキン

01:グリーンパンプキン

02:スカッパノン

02:スカッパノン

03:ブラック

03:ブラック

04:ブラウンシュリンプ

04:ブラウンシュリンプ

 

05:ウォーターメロンレッドフレーク

05:ウォーターメロンレッドフレーク

06:シナモンブルーフレーク

06:シナモンブルーフレーク

07:スモークブルーシャッド

07:スモークブルーシャッド

08:ジュンバグ

08:ジュンバグ

出典:バレーヒル

欲を言えば、個人的に大好きな「ワカサギ」カラーが無いのがちょっと残念な部分。

デビルジグ

それと、発売の時期の関係か、セットで使うべき「デビルジグ」があまり店頭に置いていないんです…

デビルシェイカーだけでなく、デビルジグとセットで売っていると最高です。

デビルジグNS

…と思ってバレーヒルのHPを眺めていたら、「デビルジグNS(ネクストステージ)」という新型が近日リリース予定の様です!

 

だから現行のデビルジグがあまり店頭に無いのか?どうかは良く分かりませんが、これは非常に楽しみです!

まとめ

カバースモラバのトレーラーに最高な「バレーヒル デビルシェイカー」。

ただし、’悪魔的釣果’を得るためには、まずは使い手が’悪魔’になる必要があるという事を忘れていましたw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です