ヘッジホッグスタジオでリールカスタム入門。最初に変えたいパーツランキング!

スポンサードリンク

ヘッジホッグスタジオで、リールカスタムを楽しもう!

リールカスタム初心者へ向けて、初めてのリールカスタムにおすすめの交換パーツをシェアします。

ヘッジホッグスタジオでリールカスタム入門

 

当記事を読んでいただいているという事は、リールカスタムにご興味があるという事ですよね!

そこで質問です。ベイトリールorスピニングリールのカスタムをしたことがありますか?

 

…答えはNO!という方が、かなり多いと思います。

 

私もバス釣りを始めて3年ぐらいは、リールカスタムにほとんど興味がありませんでした。

謎の純正至上主義で、純正リールの性能に満足していました。

そして、なによりリールカスタムは敷居が高い、そんなイメージもありました。

 

しかし実際にリールカスタムを始めてみると、すべて誤解でした。

カスタムパーツたちは、純正よりも性能、品質が高くてカッコイイ!

やってみるとそんなに難しくない!

 

ニッチでコアな世界と思いきや、本当に楽しく、バスフィッシングがより充実します。

そんなリールカスタムの水先案内人として、その魅力や、最初にいじるべきカスタムパーツをご提案いたします。

なぜヘッジホッグスタジオなのか

いつも私は、カスタムパーツをヘッジホッグスタジオさんで購入しています。

たくさんのパーツが揃う、リールカスタムの総合商社。実店舗はなく、ネットショップのみの販売形態をとっています。

なぜヘッジホッグスタジオでリールパーツを購入するのか、理由をご説明します。

大量のサンプルが参考になる

 

カッコイイカスタムリールのサンプルが大量に掲載されていて、超楽しい。

見ているだけで何時間も過ぎていきますw

品揃えが多分NO1

多様なカスタムパーツが網羅的にラインナップされています。

リールカスタムパーツについてほぼNo1の在庫を誇ると思います。

 

メーカー、機種ごとにまとめられている

また、サイトの構成がとても見やすい。

特に私がよく見るのが、リールのメーカー、機種ごとの適合カスタムパーツが表示されているページです↓

【SHIMANO/シマノ】対応カスタムパーツ

適合がしっかりと整理されているから、ユーザーはページから好きなパーツを選ぶだけ。

 

パーツごとにまとめられている

あとは、カスタムパーツの種類ごとのページも見やすい。

例えばハンドルノブが見たいときは、ハンドルノブだけをまとめた案内ページが用意されています↓

ハンドルノブ

そんな感じで、リール別、メーカー別といろんな角度から部品の適合がまとめられていて、初心者もとってもお買い物しやすいサイト構成です。

Amazonペイ&楽天ペイ使える

また、個人的には楽天ペイやAmazonペイが使えるのがかなりアツい。

楽天やAmazonのポイントを利用してお支払いが可能。これはかなり便利。

 

スタッフブログがメチャ有益

それと、隠れた秀逸コンテンツが、スタッフさんの書かれたブログ記事。

いくつか例を挙げておきますと、

ベイトリール用スタードラグの選び方 (シマノ・ベイトリール 編)

リールカスタムで気をつけたいアルマイトパーツのカラーによる違い!

リールカスタムってどれくらいお金が掛かるの?【17タトゥーラSV TW編】

などなど、中の人ならではの内容の濃い、優れた有益コンテンツに溢れています。「ブログ」というよりも、「サイト」という呼び方がふさわしいです。

(これらの記事は、埋もれがちなのが残念ですが、私が発掘してご紹介しまくりますw)

ヘッジホッグスタジオ以外でも買うよ

※もちろん、Amazon、楽天等普段利用しているネットショップでも、購入します。

ヘッジホッグスタジオさんで品切れ中のパーツが、他のショップさんで在庫がある事も多いからです。

(特にカラーラインナップなどはよくあります。)

その辺は、使い分けています。

最初におススメのカスタム

以上、私がいつもカスタムパーツを購入しているヘッジホッグスタジオさんについてでした。

ヘッジホッグスタジオさんについての解説が終わったところで、次はリールカスタムの第一歩としておススメのカスタムをご紹介いたします。

謎にランキング形式にしてみますw

第1位 ハンドルノブ

 

リールカスタム入門でおすすめなのが、ハンドルノブ交換。

なにより、プラスドライバー一本あれば交換出来てしまう手軽さ、そして一番触る部分で、効果が非常に分かりやすい。

また、高価だと思われがちですが、ハンドルノブに関しては、意外と安価なパーツもあるのも嬉しい。

おススメなハンドルノブは以下。

・mibroの3Cハンドルノブ

クランカー日本代表、ツカケンこと塚本謙太郎氏のブランド、mibroからリリースされている3Cハンドルノブ

最大の魅力は二つで3500円という非常に良心的な価格。これは他社製のハンドルノブのおおよそ半額程度。

また、ポップな迷彩柄は最初は抵抗があったものの、装着してみると意外とかわいくて愛着が湧き、一週回ってむしろイイ感じだと思えてくるから不思議。

安いのに、品質、握り心地、巻き心地に一切妥協なしでスゴイ。

・LIVREのFino

LIVREのチタン製ハンドルノブ、Finoが非常に名作。

正直使ってみる前は、無機質な金属ノブは硬そう、と思っていましたが、むしろ硬さが心地良い。

そして指先に吸い付くフィット感が物凄く、非常にスィートな握り心地。

私だけがそう感じる訳ではなく、コアなLIVREファンの友人が、吸い付きがやべえよ?と教えてくれました。

冬は冷たくてやや辛いけど、その他のシーズンはオールOK。

また、金属ノブの利点として経年劣化しにくく、無くさない限り、下手したら一生モノ。安くはないですが非常におススメ。

・夢屋純正コルクハンドルノブ

SHIMANOの純正部品を数多く扱う、夢屋ブランドからリリースされているコルク ハンドルノブ TYPE 3 ショート

密に詰まった感じがする上質なコルクノブで、とにかくシブくてカッコイイ。とくに丸形リールやちょっと古めのリールなどに激マッチ。

吸い付くようなフィット感も素晴らしいし、個人的にホント好きなハンドルノブ。汚れが目立つのと、ちょっと高価であるのが唯一の残念ポイントですが、カッコよさや品質を考えたら仕方がない!?

第2位 ハンドル

 

入門第2位は、ハンドル!こちらも比較的簡単に交換出来て、効果をとても感じやすい。

ハンドル交換は、ハンドルロックナット(六角ボルト)を外す必要があります。

ハンドルノブよりもやや難易度は高いですが、それでもロックナットさえ外せば交換可能で、比較的優しい。

なお、ハンドルロックナットの脱着は、ヘッジホッグスタジオのトラストレンチ Ver.3が有ると便利です。

おススメハンドルのご紹介です。

Avail ハンドル

ハンドル交換ビギナーに非常におススメなのが、アベイル社のオフセットハンドル

純正っぽいシンプルなルックスが最大の特徴。そしてリーズナブルな価格も、カスタム初心者に非常に優しい。

 

必要な周辺部品が全てセットになったコンプリートセットが、追加でパーツを購入する必要がなくてイイ感じ。

 

純正よりも明らかに品質感UP。シンプルなルックスは、あえてカスタム感を消すようにカスタムする変態な手法に用いられ、初心者向けと思いきやむしろ玄人向けなハンドルです

 

長さも多くの種類から選択可能で、ニーズに合わせたチョイスが可能。

(最初は、あまり純正からかけ離れた長さにすると違和感を感じるので、+10mm程度ぐらいに収めると良いでしょう。)

スタジオコンポジット ハンドル

パワー系のスタイルをこよなく愛するアングラー向けの、タフネス系ハンドル、スタジオコンポジット社のカーボンハンドル

やりすぎなまでの極厚カーボンによるプレートが、パワーゲームに対する本気度をひしひしと感じます。基本的に、非常にゴツいハンドルノブとセットで販売されています。

当然の事ながらその剛性感はハンパなく、パワーゲームの際に、頼りがいのあるフィーリングを楽しむことが可能。

ただ、ハンドルノブの大きさは、正直人によって好みがあります。あまりにも大きいので、合わない人は合わない。その場合もちろんハンドルノブのみ交換する事も可能。

正直、かなり高価ですが、大変人気がある社外ハンドルなので、リセールが良いという事もあり思い切って購入してみるのもアリ。

ちなみにストロングスタイルが有名な、奥田学氏のグラップラー300(ジギング用リール)にも、スタジオコンポジット製のハンドルが装着されています。これがカッコよくて、マネしましたw

第3位 クラッチ

続きまして、クラッチレバーの交換が、カスタム入門に非常におススメ。

ハンドルノブやハンドルと同じく、最も触るパーツで、交換による効果が如実に感じられます。

また、シマノの話になってしまいますが、交換がネジ一本でお手軽なのもポイント。

(ダイワは、リールにもよりますが、かなりバラさないと交換出来ない)

カケヅカデザインワークス オフセットクラッチ

【カケヅカデザインワークス】シマノ用 オフセットクラッチです。

オフセット、という事で、純正よりも高さが少しローダウンしています。

これにより、バンタムMGLの純正クラッチにある、妙に高い位置にあり操作しにくいというデメリットを解消。

ジュラルミン製ならではのカチッ!とした切り心地も気持ちいいです。

 

また、カルカッタコンクエストに装着したのですが、純正で唯一安っぽいパーツであるクラッチレバーが高品位なジュラルミン製になる事により、さらにカッコイイカルコンになってくれました。

一度装着すると、もう純正には戻れません。

第4位 ベアリング

お次は、ベアリングチューン。ヘッジホッグスタジオさんでは、「かっ飛びチューニングキット 」として販売していますね。ネーミングが楽しいです(*^^*)

価格もそれほど高くないし、簡単に交換できる割に、キャストフィールの感覚を変更する事が出来るカスタムパーツです。

(リールの機種によっては、専用工具が必要だったりするので、この順位としました。)

第5位 スタードラグ

スタードラグを社外品に交換する事によって、操作性向上と、ドレスアップをする事が出来ます。

ZPI ペンタグラムスタードラグ

名作スタードラグ、ZPI社のペンタグラムスタードラグ

純正と同じ5本足ながら、操作性を確実に向上させる長さとなっています。

Avail ヘキサゴナルスタードラグ

Availのヘキサゴナルスタードラグです。

「ヘキサ」という事で、6本足が特徴的。

特にプラスチック製の純正ドラグレバーのリールにおススメで、純正よりも確実に品質感が上がります。

また、指への引っ掛かり感も改善され、操作感もUP。

ドレスアップ、操作感の両方を満たしてくれる機能パーツです。

第6位 スプール

 

続きましては、スプールです。リールの心臓部とも呼べるパーツです。交換することにより、キャストフィールに多大な影響を及ぼします。

 

リールに及ぼす影響度合いが、かなり大きく、カスタム初心者の方にもぜひ味わっていただきたい。

しかし、シマノの遠心ブレーキ機の場合、純正ブレーキユニットの移植が必要になり、やや敷居が高いカスタムパーツです。

なので、あえてこの順位にしました。

 

ヘッジホッグスタジオでは、主に純正ブランドのスプール、Avail社のスプール、ZPI社のスプールが販売されています。

個人的におススメなのはAvail社のマイクロキャストスプールです。高すぎない価格と、性能の変化を十分に味わえます。

 

初めての交換は、ブレーキユニット交換が不要なタイプをチョイスするのが良いです。

シマノの場合は、FTBと呼ばれる、ベイトフィネス向けのマグネットブレーキシステムを搭載したリール向けの替えスプール(主にベイトフィネス機)がブレーキ交換不要になります。

 

【Avail/アベイル】シマノ 18バンタムMGL用 NEWマイクロキャストカスタムスプール【18BTM36RI】

こちらはブレーキユニットの移植が必要なバンタムMGL用のAvail社製替えスプール。私がバンタムMGLのスプールを変えているので、一例として載せます。

だいたい、浅溝タイプと深溝タイプの2種類がリリースされています。交換の効果が分かりやすいのは浅溝スプール。

キャストフィールに多大なる影響を及ぼす、スプール+スプールに巻いたラインの総重量が軽くなるからです。

なので、最初は浅溝タイプへの交換が分かりやすいです。

まとめ

以上、ヘッジホッグスタジオでカスタムパーツを購入するメリットと、初心者におすすめのカスタムパーツでした。

リールカスタムは、ある意味究極の自己満足ですが、使用感の変化がかなり大きいので楽しめます。(趣味の世界ってそういうものですよね!)

リールカスタムの泥沼へ、ようこそ(笑)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です