ダイワ キッケルキッカー インプレ。スプラッシュが特徴のカエル系。

スポンサードリンク

ダイワ公式の説明に、10匹釣っても形状キープ、とありますが、エラストマー素材のワームに関しては、それは嘘じゃない。

何度も再利用が出来て、お財布にも環境にも優しいです。

 

保管に注意が必要で、普通のワームと接触するとドロドロに溶けてしまうので注意が必要。

私はエラストマー専用BOXを用意して対応しています。エラストマー同士ならほぼ大丈夫です。

ライバルは、ネズミとかカエルとか

 

ティムコの野良ガエルや、野良ねずみと比較してみました。

キッケルキッカーはスプラッシュや移動距離を抑えたアプローチ。

野良カエルはリアルシルエットをじっくり見せたり、チョウチンで足のえぐい動きをさせたり。

野良ねずみは高速ドッグウォーク。

と三者三様の特徴があります。

まとめ

以上、ダイワ キッケルキッカーについてでした。

エラストマー系のルアーは本当によく釣れるので、忍ばせて置くと良さげです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ダイワ フロッグ キッケルキッカー スカッパノン

ダイワ フロッグ キッケルキッカー スカッパノン

762円(03/28 07:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

リールカスタム情報まとめ

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA