OBASSLIVE/オーバスライブ「MOLAMOLA/モラモラ」。バイブレーションなのに’喰わせ’なの!?

スポンサードリンク

OBASSLIVE/オーバスライブ「MOLAMOLA/モラモラ」(ハンドメイドモデル)を泳がせてきました。

バイブレーションなのに、ワームで喰わせたいときに出動させる、とはいかに。

優しさに溢れたルアーの正体を考察します。

オーバスライブ モラモラ(ハンドメイド)

 

SPEC

Length 101mm
Weight 20g
Type Slow-Floating
Hook Ryugi ピアストレブル
Split Ring ボンバダ フォルチ#3
Color Red愛

オーバスライブのモラモラです。

硬質ウレタン素材のハンドメイドモデルを入手しました。

琵琶湖ローカルベイトの一種で、ウィードエリアの上をスローリトリーブで巻いてくる、というのが由緒正しき使い方。

「ワーミングバイブ」という不思議な称号があり、非常に興味深い逸品です。

BB-Fishingさん

モラモラ ハンドメイドモデルは、かなりの品薄状態で入手が難しいルアーです。

タイニークラッシュと同様、BB-Fishingさんにご協力いただきました。ありがとうございます(*‘∀‘)

BB-Fishingさんのモラモラ愛に溢れた記事はこちら↓★

インジェクションモデル

人気沸騰中のモラモラは、プラ素材のインジェクションモデルもデビューしています。

美しいルアーです。

 

 

ハンドメイドモデルは、温かみのある仕上げが素晴らしいです。とにかく美しい仕上がりで、眺めながらニヤニヤしちゃいますね(笑)

すべてのエッジが丸いカーブで構成されたシルエットなので、通常のバイブレーションプラグから受ける印象とは違う何かを感じます。

オーバスライブ公式ブログ上で、「ワーミングバイブ」や「中性的」といった表現が多用されています。

もちろんそれらは、「使い方」における表現が主だと思うのですが、モラモラが持つこの独特の雰囲気についても当てはまるキーワードだと感じました。

 

頭は白い塗装が吹かれており、視認性も優れています。

クランクベイト?バイブレーション?

 

で、ちょっと試し投げ程度ですが、投げてみました。

 

一応分類上はバイブレーションプラグなのですが、別の何かだという印象。

(スローフローティング仕様なので、そりゃそうだろう、という感じですが..)

 

とはいえ難しい事は全くなく、むしろ非常に操作性と自由度の高いルアーです。

リトリーブスピードの強弱によって、レンジコントロールしやすい。

 

この辺りは、琵琶湖産ならでは。ウィードに絡ませたり、切ったりという操作性を追求した副産物?でしょうか。

 

サーチより喰わせ

ウェイトチューンなどを施せば、「あのあたりに置いておこう!あのレンジを引こう!」みたいな芸当もやりやすいと思います。

 

公式HPでの説明では、「サーチベイトではなく、喰わせ重視」、「ワームで喰わせたいときに投入」といった記述があります。

高い操作性や、ワームとハードベイトの中性的な存在感から、それらの意味がすこし分かったような気がしました。

 

優しい味わい

発生する波動は、優しい感覚です。

ですが、立ち上がりのレスポンスは優れており、デッド巻きでもしっかりと優しい波動を発生してくれます。

出しどころが難しいかも

使い方を熟読してみたのですが、アングラーそれぞれの使い方、解釈の幅が広いルアーという印象です。

それがモラモラの魅力とも言えるのですが、反面、明確にこういう時!というシチュエーションがぱっと思いつかないというのが正直なところです。

まあとにかく使ってみて、反応を感じてみて、モノにしていくしかありません。

(「Don’t thinkFeel.(考えるな!感じろ。)」的なヤツですw)

まとめ

以上、オーバスライブ モラモラ(ハンドメイドモデル)についてでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です