テキサスリグはフォールorシェイクどっちが釣れる?

スポンサードリンク

テキサスリグで釣れたときを思い返してみると、フォールが9割でした。

素人はフォールに頼ると良いかもしれないというお話です。

 

フォール主体

 

個人的な経験談ですが、テキサスリグで釣れた時を思い返してみると、フォール中のバイトが圧倒的に多いのです。

何故なんでしょうか。

フォールはワームの自発的なアクションに頼れるからだと思っています。

下手に人間が動かさずに、ワームの実力に頼れるので、ナチュラルで魅力的なアクションが出やすい。

だから釣れる。

 

シェイク

 

カバーで枝に引っかけて中層シェイク。

またはボトム着底後に、ロッドアクションでワームを動かす。

これらもテキサスリグの誘い方において、メジャーなメソッドです。

 

しかし、私はリグの動かし方が下手なのか、これらでバイトを得られる事が少ないのです。

何かがかみ合ってないのだと思うのですが…それが分かれば苦労しませんw

・動かし方が下手クソ(不自然)

・’誘いのキモ’が分かっていない

・水中姿勢をちゃんと考察出来ていない

思い当たるフシとしてはそんなところでしょうか。

 

 

余談ですが、ボトムでの姿勢を気にして、チェリーリグなども導入してみていますが、まだ自分のモノに出来ておりません..

ワームの下部にも水流が当たるので、明らかにテキサスよりも、ボトムでの姿勢がイイですね★

フォールの方がシンプル

 

何故私のテキサスリグはフォールの方が圧倒的にバイトが多いのか。

それは、フォールの方が、シンプルで誰がやっても同じ条件になりやすいと思うのです。

(それでもシンカーウェイトによる違いや、ラインの処理やロッドさばきでかなり違ってくるとは思いますが…)

 

テキサスリグが分からない場合

テキサスリグはどう動かせば良いのかよく分からん!という場合。(私も未だにそうですが…)

まずは中層やボトムでのシェイクよりも、フォールを主体として使ってみると、バイトを得られることが多いように思います。

 

カバーのインサイドに無理に入れ込んで、シェイクするのも楽しいですが、まずはカバーのアウトサイドでフォールで誘ってみる。

するとワームの持っている力で、バイトを誘発してくれるのではないでしょうか。

 

まとめ

テキサスリグについてのごく個人的な考察でした。

なぜかテキサスリグで釣れるときは、フォールばかり…よほど動かし方が下手なんだろうなw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です