シマノ製ワンテンスティック!?ジャークベイト専用エクスプライド165ML+がシブい。

スポンサードリンク

さらに132gとやや重ためだったX4ワンテンスティックに対し、105gという軽量設計に仕上がっているそうです。

 

エクスプライドにスペシャルモデル!

ジャークベイトに特化するあまり、いわゆるバーサタイル性は低くクランクベイトやスピナーベイトは扱いにくい、という事らしいのですが、そんなマニアな番手が、ミディアムクラスのエクスプライドに追加されちゃって良いんでしょうか。

本当に良い時代ですね。お小遣いバサー興奮案件です。

エクスプライド165ML+で投げたいジャークベイト!

ここからはおまけです。

エクスプライド165ML+で投げたいジャークベイト3選です。

ラトリンログ

巷で話題のラトリンログ。ザ・ジャークベイトですね!

オールドスクール故、重心移動などなく、11.4cm、9.4gと長さのわりに自重が軽め。

飛距離的な問題がありますが、やや軽めなジャークベイトに焦点を当てたという、エクスプライド165ML+であればビシバシ投げれるのではないか、という妄想です。

O.S.P ASURA

O.S.PのASURA。O.S.Pのジャークベイトはルドラ、ヴァルナ、阿修羅という3兄弟ですが、その末弟であるASURA。

ASURAのスペックは92.5mm、8.5gとなかなかの軽量級。

8g前後のルアーって、タックル選びませんか??表記上、165ML+の適合ウェイトは5~21gなので、ナカナカ快適に扱えそうです。

霞のビッグミノーパターンで使いたい!

vision95

165ML+はワンテンよりもキューゴー、なんでしょうか。スペックは95mm、11gです。

こちらも名作中の名作ですね♪

まとめ

なんだかとりとめのない感じになってしまいましたが…

エクスプライド165ML+についての興奮をお伝えする記事でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です