キナミベイツ パームツリー入手!ファットイカと比較してみた。

スポンサードリンク

ゲーリーヤマモト氏の息子である、デレックヤマモト氏主宰のルアーメーカー、キナミベイツ。

キナミベイツからリリースされている、’パームツリー’を入手しました。

ファットイカと比較するとともに、パームツリーで釣果をあげるコツをシェアします。

キナミベイツ パームツリー

青いパッケージのキナミベイツ。

’パームツリー’は、キナミベイツ版ファットイカです。

日本であまり見かけない、そそるパッケージ。

上がファットイカで、下がパームツリー。

残念ながら?中身はゲーリーと一緒w

なので比較してみましたが、まったく同じですw

キナミベイツ フラッシュ

他にもセンコーが’フラッシュ’という名前で売っていたりします。

上がセンコーで、下が’フラッシュ’。

…一応フラッシュも比較してみますが、これも同じでしたw

逆輸入の魅力

逆輸入製品ってカッコいいですよね。釣具しかり、車しかり。

タンドラ、タコマ、セコイア…USトヨタ、超カッコ良いですよね。

バス釣り業界でも、depsの奥村社長がセコイアに乗っていたり、イヨケンがタンドラに乗っていたりしますね★

 

釣具業界においても、USシマノ、USダイワでは日本で売っていないタックルがたくさんラインナップされているんですが、これも超かっこいい。

そのあまりのかっこよさに、以前の記事でUSシマノのエクセージをご紹介しました。

ゲーリーワームも、並行輸入でしか販売されていない’キナミベイツ’に惹かれるものがあります。

 

ファットイカテクニック

さて、そんなキナミベイツ’パームツリー’をご紹介したところで。

本家である、ファットイカについて、使い方の肝をシェアしてみたいと思います。

チャートを選ぼう

ファットイカのカラーは、スカートがチャートのものを選ぶとよいです。

なぜなら、本気で遠投するとかなりぶっとぶので、ナチュラル系のカラーだと自分のファットイカを見失ってしまうんですね。

対岸のカバーに大遠投するとき、飛びすぎてサミングで飛距離を調整することがあると思うんですが、これが捗ります。

チャートをチョイスすることより、かなり離れたカバーに対しても、目視で正確なアプローチをすることが出来ます。

遠投がキモ

ファットイカの最大の利点は、その抜群のキャスト飛距離。

誰も投げていない前人未到のポイントに、よく沈む高比重ノーシンカーをアプローチできる。

これを常に念頭におきます。

もちろん、遠投しないでも釣れますが、ファットイカ最大の武器は遠投です。

え?そこ届かなくね?ってポイントこそ、果敢にチャレンジすると良い結果が得られることが多々あります。

バックスライドセッティング

常にバックスライドセッティングで使用しています。

ファットイカの場合、スカートが貼り付けてある方からフックを刺してセッティングします。

これでカバーの最奥★へオートマティックに進んでいってくれます。

もう語られ尽くした感ありますけど、やっぱりバックスライドは良く釣れてくれます。

フックサイズ

フックはガマカツのワーム316の4/0か5/0を使用します。

エクストラ・ワイド・ゲイプ仕様で、バルキーなファットイカでも問題なくズレるスペースがあって、きっちりフッキングしてくれます。

よくファットイカはフッキングがなあ…という声が聞こえてきたりして、ワームにカッターで切り込みを入れてフッキングを良くするチューンなどが紹介されていたりしますね。

でも私の実感としては、特に切り込みなど入れなくても、このエクストラワイドゲイプのワーム316を使ってあげることによって、フッキングのネガはほとんど無いと思います。

カッターで切り込みを入れてしまうと、ワームの寿命が短くなってしまいます。

使用タックル

 

私は強めのスピニングロッド+PEラインで遠投しています。

ROD:SHIMANO ゾディアス270MH(ゾディアスのスピニングで一番強い番手)

REEL:SHIMANO ストラディックCI4+ 2500HGS(ハイギア推奨です。遠投するので、回収がダルイです。)

LINE:ソルト用の適当なPEライン1.5号(ユニチカ シルバースレッド ショアゲームPE 1.5号を使用しています。ソルト用、安いんですw)

大遠投するときは、どうしても力が入ってしまうので、うっかりバックラッシュするととんでもない事になりがちですw

なのでそのリスクを無くす為にスピニングタックルでやっています。

 

いろいろやってみましたがコレが最も飛距離が出て、飛ばしたときの気持ちよさもバツグンです。

さらにPEラインを使用することによって、遠投したときに、感度が確保されるのも良いですね。

50mぐらい先でのバイトを、すぐ足元でバイトしているかのように感じ取れるのは超気持ちいいです。

 

そして伸びないので、フッキングも効率良く決まり、相当気持ち良いです。

ファットイカ+PEタックル、是非チャレンジしてみてください。

まとめ

パームツリーorファットイカと、スピニングPEタックルによる遠投釣法を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です