バスプロ愛車まとめ デカイバスボート +デカイSUV Vol.4

スポンサードリンク

バサーオールスタークラシックの隠れた見所とはいったいなんでしょうか。

私にとっては、バスプロ達の華麗な愛車&ボートを間近で見れることです。

それぞれのプロ達の個性が出ているチョイスが印象的です。

そんなバスプロ達の愛車をまとめましたのでシェアします。

大塚茂氏

ポルシェカイエンS

ポルシェ カイエンS

ポルシェ カイエンS

 出典:autocar digital
 

大塚茂

 
新車価格 1172万
排気量 3.6L
最高出力(PS) 420馬力
最高トルク  (kgf・m) 55kg・m

バスプロとして、バサーオールスタークラシックに参戦する傍ら、自身の名を冠したショップ、プロショップオオツカを経営し、実業家としても活躍している大塚氏の愛車は、ポルシェカイエン。

グレード価格差1366万円!

ベースグレードの「カイエン」は885万円~と比較的フレンドリー!?な価格でスタートし、トップグレードの「カイエン ターボS」では2251万円と、グレード間の価格差最大1366万円という、ベースグレードとトップグレードの価格差だけで高級輸入車1台買えてしまう稀有な車。

大塚氏のカイエンは…?

大塚茂氏のカイエンのグレードは定かではないが、足回りの仕様などから推測するに、おそらく「ターボ」や、「ターボS」ではないはず。そこで中間グレードの、「カイエンS」だという仮定でSPECを記載した。

「カイエンS」は、V6、3.6リッターツインターボエンジンを搭載し、420馬力、55kg・mを発生する。0-100km/h加速:5.5秒、最高速度:259km/hとスポーツカー顔負けの高性能SUV。

トップグレード、ターボS

ちなみにトップグレードの「カイエン ターボS」は、4.8リッターV型8気筒ツインターボエンジン570psを搭載したモンスターマシンだ。

ポルシェカイエンは、実業家、そしてトッププロである大塚氏ならではのチョイスといえるだろう。

田辺哲男氏

ジープグランドチェロキーSRT8

ジープ・グランドチェロキーSRT8

ジープ・グランドチェロキーSRT8

 

出典:WebCarGraphic

新車価格 ¥8,056,800
排気量 6.4L
最高出力(PS) 468馬力
最高トルク  (kgf・m) 63.6kg・m

nories代表、田辺哲男氏の愛車は、クライスラージープグランドチェロキーSRT8

普通のグランドチェロキーではなく、グランドチェロキーのプレミアムなグレードであるSRT8をチョイスするあたりが、田辺氏らしい一台。

6.4リッターのV8 「HEMI」エンジン

グランドチェロキーは、下位グレードではV6の3.6リッターエンジンを搭載している。

田辺氏の愛車であるSRT8はグランドチェロキーのトップグレードで、6.4リッターのV8 「HEMI」エンジンを搭載した、特別な一台。

※HEMIとは、クライスラー社製高性能OHVエンジンの呼称。

お値段は?

価格は、V6グラチェロのベースグレードである、ラレードの494万6,400円に対して、SRT8は805万6,800円と、大幅にUPしている。

468馬力、トルク63.6kg・mを誇る最強のグラチェロだ。

沢村幸弘氏

ランドクルーザー200

ランドクルーザー200

ランドクルーザー200

 

出典:TOYOTA

沢村幸弘

 
新車価格 682万5,600円
排気量 4,608cc
最高出力(kW[PS]/rpm) 234(318)/5600
最高トルク  (N・m[kgf・m]/rpm) 460(46.9)/3400

Mr.フェンウィックこと、沢村幸弘氏の愛車はトヨタ ランドクルーザー200。

ランクル200の人気の高さ

ランクル200は、青木大介氏をはじめとし、多くのバスプロ達が愛車としてチョイスしている、もっともシェア率の高い車種である。

理由は簡単で、信頼性の高さを重きに置けば自ずとランクル一択になるのだろう。

プロフェッショナルを支える道具として「壊れない」という要素がいかに大事であるか、物語っている。

沢村氏のランクル200

ボディカラーはパールホワイトを選択し、沢村氏の紳士的でクリーンなイメージとピッタリマッチしている。

白/青に塗り分けられた、バスボートとのカラーリングの相性も良く、沢村氏のイメージシンボルとして、まさに最適な存在だ。

 

まとめ

やはりというかランクル200のシェア率は圧倒的でした。

一バス釣りファンとしては、もっとさまざまな車種に乗っていただけるとより一層楽しめるのではないかと感じました。

そんな中、ADRIA TWIN(アドリアツイン)や、シボレータホをチョイスした並木氏のセレクトが印象に残りました。

世界のT.Namikiは、車選びも世界基準!?なのでしょうか。

並木氏の愛車はコチラ

本当に取れるルアーリトリーバーは?★

その他バスプロ愛車まとめ☆


ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です