フィッシングショー横浜2019 訪問レポート。個人的に気になったものまとめ。

スポンサードリンク

フィッシングショーネタもそろそろ佳境を迎えた感じですが、ネタ切れという事もあり今週はフィッシングショーネタで乗り切ります。

シマノ、ダイワ、アブブースのメインどころをご紹介したので、最後に総評&個人的に気になったものをまとめます。

DANG SHADES×BURITSUサングラス

 

BURITSU編集長のMr.Nobite氏の手掛けるDANG SHADES×BURITSUサングラスがイケてます。

安価な変更サングラスって、大抵形が微妙なモノが多いですが、これは普通にカッコイイ。

サイトマスターなんかと比べると、可視光線透過率は低めで、やや暗い設定という事ですが、ピーカンのソルトフィッシングなんかに最適だという事でした。

予約販売で、すでに第1段は予約期限が過ぎてしまっているようですが..第2弾に期待しましょう(*’▽’)

Mr.Nobite氏は度付きの偏光レンズに替えて楽しまれているようですよ。

SIGNAL FLOG CONCEPT

 

奥田学氏の手掛ける、SIGNALのルアーたち。なかでもFLOG CONCEPTが気になりまくりでした。

アクションとかは全く想像が付かないけど、漆黒のカエル、カッコよすぎるぜ。

 

他にも大量のリザードクローラーなんかもあって、楽しいブースでした。

noriesのNEWシリーズ、ストラクチャーNXS

 

 

ロードランナー ストラクチャー(ソフトベイト攻略の為のシリーズ)の新型、NXS(ネクストステージ)も軽く見てきました。

独創的なグリーンのリールシートがイイ感じですね。noriesブース行ったのにフカベイト見忘れた…

JACKALL リボルテージ

 

 

 

JACKALLのNEWブランド、リボルテージのロッドも見てきました。

最大の特徴はエンドグリップまですべて一体式というブランクス設計にあります。ポイズン アドレナの構造に似た感じですかね。

部品点数の削減による軽量化と、感度向上にひとやく買ってるみたいですね。

それと、これまでに無い感じの独創的なデザインも面白いですよね。フォアグリップのハニカム構造的なとこもモダンです。

REALIS APEXブランド

 

 

 

REALISのAPEXというNEWブランド。

アーロン・マーティンスの手掛けるブランドという事で、ちょっと日本人の感覚にないような独創的なルアーたちが気になりました。

無機質な感じのスピナーベイトや、テール部分が肉抜き!?されたようなスイムベイトが面白いですよね。

Vibe100というバイブレーションもめっちゃデカいです。

 

EVER GREEN B-TRUEのシートカバー

 

EVERGREENブースではアパレルの販売なんかもありました。個人的に気になったのはB-TRUEのシートカバーです。

おかっぱりランガン時に何度も乗り降りしてると、結構シートが擦れる事があるんですが、それの予防にイイですよね。

釣り車の展示

 

個人的には釣り車の展示ブースも結構好きだったりします。

ゲレンデ風のジムニーがナイスでした。

まとめ

以上でフィッシングショーネタはほぼすべて放出しました。

総評としては、シマノはバーサタイル、ダイワはフィネス、アブガルシアはパワー系、という構図が深まっていくような感じがしました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です