モンベル トレントフライヤージャケット購入!薄いし軽いし、はっ水もやべえって件。

スポンサードリンク

激ヤレでとっくに寿命を迎えたレインウェアをしつこく着倒していましたが、浸水が辛いので、モンベルのレインウェア、トレントフライヤージャケットを購入しました!

その性能や、トレントフライヤージャケットをチョイスした理由をシェアします。

モンベルのレインウェアは3種類!

正確にいうともうちょっと下のグレードのやつもありますが、チョイス基準としては「モンベル カッパ」ってググると出てくるやつ。

それからバスフィッシングに求められる耐水圧を実現しているもの。つまりゴアテックス素材を採用している事。

そのあたりを考えると以下の3モデルで迷うことになると思います。

とりあえずそれぞれの特徴をざっとご紹介。

レインダンサージャケット

 

ゴアテックス素材を採用したモンベルのレインウェアの中で1番ベーシックなやつ。

名前がナイス。レインとダンスする憎い奴。

ハードレインとダンスっちまった…ってワケですよw

リーズナブルな価格ながら耐水圧は45,000(mm)以上と、上位モデルと遜色ない性能を発揮。

(当記事でご紹介する3着は全て同じ耐水圧)

しかし、335グラムとちょっと重い…そして、モンベルショップで触った感じだとやや厚手でゴワゴワした素材感。

ストームクルーザージャケット

中間モデルのストームクルーザージャケット。

レインダンサーよりも明らかに薄手で軽い着心地。257グラム。蒸れ感もだいぶ抑えられてる感じ。

かなりイイ!ですが、上位モデルのトレントフライヤージャケットとの価格差はたったの1500円。

ストームクルーザーにするなら、トレントフライヤーにしちゃえ!ってなりそう。というか私はそうなりました。

トレントフライヤージャケット

モンベルレインウェアのフラッグシップ!イイ響き。

とにかくビビるぐらい軽い!215グラム。

バサー的に考えると、シマノのリール、クラドの自重が210グラム。つまり、クラド+5グラム!という驚異の軽量設計!分かりにくいw

素材感は下位二つのジャケットとは明らかに異質なパリッとしたハリのある感じ。そんでめちゃ薄い。

触った瞬間、「あ、これイイやつだわ。」ってなる感じ。

透湿性も最も高く、蒸れ感も1番スッキリ!

という訳で、長く着れるモンだし、ちょっと迷いつつもトレントフライヤーに決定!

強度面

ただし、一つだけ注意点があって、素材の強度と軽量設計はトレードオフの関係。

つまりトレントフライヤーめちゃ軽いけど、強度面では注意が必要という事。

しかしながらバス釣りでの使用に、素材の強度はあまり必要なし。

むしろ体を動かしまくるので、蒸れない高い透湿性と、軽量設計の動きやすさの方が大事!つう訳でトレントフライヤーがイイと思います。

パンツ別売り

ちなみに全モデルパンツは別売りッス。

なのでトータルだと結構しちゃいます。

 

パンツもレインダンサー、ストームクルーザー、トレントフライヤーパンツと3種類ラインナップ。

 

ジャケット奮発したので、パンツはベーシックな「レインダンサーパンツ」にしておきましたw

まあ下半身はヒザとか擦れて破れがちなんで、強度面を考えてレインダンサーパンツっすね。…ウソです、金額的な妥協ですw

でもでも!履いたけど、上半身ほど蒸れは気にならないっす。蒸れ感を感じるのは、主に上半身。大事なのはジャケットですね。

亀山ダムで着た!

先日の亀山釣行の際、午後にガッツリ本降りの雨。さっそく着てみました。

撥水性能は文句なし!水を玉の様に弾き、実に楽しいです。

まあ新品のレインウェアならだいたいどこのジャケットでも玉の様に弾きますけどw

それでもポテンシャルの高そうな弾きかたしてました。

雨の日が楽しくなるウェアですね。

グンバツの透湿性で、ムレも最小限。そりゃ全く蒸れない、というと嘘になりますが、かなり快適に過ごせるのは間違いないトコロ。

これまでシェルジャケットやカッパ的なアイテムはそこそこ何枚か買いましたけど、その中でもトップクラスの透湿性能です。

アクティブに動くバスフィッシングにおいて、蒸れないのはマジで助かりますし、集中力の向上にも繋がります。

デメリット

…ここからはデメリット。ガチでディスります。

色がイケてない。

もうね、なんていうか色がイケてないっす。

これはもう個人の好みとかいうレベルじゃないと思います。

とにかく全カラーイケてないから、消去法で選ぶしかないって感じ。

刺し色がマジ不要。

 

ソリッドのブラックとか、濃紺とかカーキとか渋めでベーシックなカラーを切望します。

TNFとかアークテリクスのカラーを見習ってほしい。

 

好みのカラーが無いから購入に二の足を踏んでいるユーザーさん絶対居ると思います。

私も正直カラーで相当に悩みましたよ。

買わない選択肢も全然ありました。そのぐらいカラーが響かない。

 

最低限、すべてのモデルに単色の「黒」を用意してほしい。何故かレインダンサージャケットのみにしかオールブラックが無いんですよ。

私も含め日本人、黒めっちゃ好きです。

カブる!

人気あるのでしょうがないですが、初めて着たのに、亀山ダムでかぶりましたw

そんな服、あまり無いwしかもカラーまで一緒ww

派手なカラーなので一発で判定可能です。

まあ別にかぶってもなんの問題もないですが。ちょっとうれしはずかし朝帰りってだけで。

人とかぶりたくない!って方にはおすすめしません。

まとめ

ちょっとだけディスりましたが、ブランド料とか乗っけてない、良心的なハイコスパレインウェアはモンベルで決まりっすね。

安心のジャパニーズブランドは品質よし、コスパよしで、はっ水能力もバス釣りで求められる水準は容易に達成されている感じです。

 

ぶっちゃけ色気とかブランド力とかは皆無ですが、「質実剛健な真面目系レインウェア」をお求めの際は最高の存在です。

購入して後悔するようなことはないはずです。

 

I Love モンベル。

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

  • はじめまして。私は登山のみなのですが、バック、テント以外はほとんどモンベルな位のモンベル好きですが、雨具に限らず、モンベルはデザインセンスゼロですよねえ。それさえなきゃ最高のブランドなのですがwwwまあ質はいいので買いますがねえ

    • コメントありがとうございます(‘ω’)ノ品質も良く、コスパも優れている良品ばかりなのですが…
      わざとか??ってぐらい微妙なカラーリングなんです(汗
      共感していただける方がいらっしゃって嬉しいです★

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です