レンタルボート エレキ考。買うなら24Vをオススメする5つの理由。

スポンサードリンク

12VのFW54Vから24VのX5にステップアップしました。

12Vエレキか24Vエレキ、非常に迷うところですが、やはり24Vがオススメです。

12Vエレキから24Vエレキに乗り換え

 

長いこと12V仕様のモーターガイド FW54Vでレンタルボートスタイルを楽しんできました。

いかに24Vが優れているとはいえ、非常に高価なアイテムであるが故、すでに12Vで運用している場合なかなかステップアップし辛いというのが実情です。

また、FW54Vが非常に格安で入手出来たという事もあり、なおさらでした。

しかしついに重い腰を上げ、24Vエレキを導入することになりました。

数値以上の余裕がある

 

導入して感じたのは、当たり前ですがやはり24Vのエレキの方が、圧倒的に余裕があるという事。

12V→24Vという事で数値的には2倍ですが、体感的にはそれ以上の余裕を得ることが出来ると感じます。

 

エレキ&バッテリーの負担減

24V仕様のメリットとしてエレキ本体&バッテリーの保護にもつながります。

12VのエレキではMAX出力で踏み続ける事がかなり多かったのですが、そうするとバッテリーの摩耗が異様に早くなるのです。

24Vでは6割程度の出力で12Vの全開と同程度の出力を発揮してくれます。

 

ステップアップしたくなる。ほぼ確実に。

 

12Vエレキを導入すると、必ずと言っていいほど24Vエレキにステップアップしたくなるハズです。

少なくとも私はそうでした。

最初から24Vエレキを導入するのがコスト的にも満足度的にもGOODだと思います。

関東フィールドの規模感

 

私が良く訪れる房総リザーバー(亀山ダム、片倉ダム、豊英ダム、三島ダム、相模湖、津久井湖)等のリザーバーの規模感だと、やはり12Vだといささかキツイというのが、12Vエレキで2年ほどレンタルボートフィッシングした率直な感想です。

まあなんとかなるっちゃなるんですが、毎回遅いなあ。と感じてました。

2人乗りがしんどい

 

12Vの非力さは、特に2人乗りしたときに顕著です。14ftボートだとなかなかしんどい。

逆に12ft1人乗りであれば、そこそこ軽快に走ってくれるのですが。

12Vは丹沢湖用にして活用しようかな

使用頻度は減りますが、FW54Vはまだまだ現役ですので、荷物運びがハンパない丹沢湖用にでもしようかしら。

でもバウデッキが重いんだよなあ。悩ましいところです。

まとめ

可搬性等を考慮しなければならないなど、特別な事情が無い限り、24Vのエレキがオススメです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー