寒いし、ヘッジホッグスタジオのトラストレンチでハンドル交換でもするか。

スポンサードリンク

ベイトリールのハンドルロックナットを緩めるとき、どんなレンチを使っていますか?

私は工業用のKTCレンチを流用していたのですが、ヘッジホッグスタジオのトラストレンチを使ってみました。

ロックナットに専用工具は必要なのか。その使用感をシェアします。

ヘッジホッグスタジオ トラストレンチ Ver.3

ヘッジホッグスタジオのトラストレンチ Ver.3のインプレです。(頂きモノです。)

これまでKTC製の、工業用レンチを使っていました。

ホームセンターにも売ってるやつですね。

国産のちゃんとしてる工具ですし、それで不自由ないと思っていたのです。でも、違いました。

10.0mmと10.02mm

ヘッジホッグスタジオのHPにも記載がありますが、最大の特徴は10.0mmと10.02mmのレンチがコンビになっているという点です。

シマノ&ダイワは10.0mmでOK。

シマノ&ダイワのロックナットは10.0mmの方を使いますネ。

10mmのロックナットなので、当たり前っちゃ当たり前なんですが..

アブのファジーなヤツもOK!

ところが、アブのロックナットは10mmなのに、10mmのレンチが使えないという罠があるのです。

ヘッジホッグスタジオの説明文にも、「アブガルシアのハンドルロックナットのように、ちょっと大きさがファジーなモノには10.02mmが使えます。」とあります。

実際に私のレボLTも、ファジーさんでしたw

10mmのレンチは途中までしか入らないというワガママ仕様w

かといって11mmも合わないし…

地味に困るんです。(モンキーレンチがあればイケるとは思いますが)

 

そんなときに10.02mmが(“・∀・)イイ!!

締め付け感もイイ

アブのファジーなロックナットに対応している!のもGOODですが、それだけではありません。

専用工具なので、サイズ感もリールメンテナンス専用設計で、やっぱりトルクを掛けやすい。


これはKTCですが、高さが余る感じになるので、思いっきりエイヤ!って力入れにくいんです。

リールのロックナットって、高さが低いモノが多いです。(高さというのはナットを横から見たときの事を言ってます)

その点、トラストレンチなら当然ピッタリなので、よりしっかりとトルクを掛ける事が出来ました。

面でとらえて傷がつきにくい

また、ナットを面でとらえるので、傷もつきにくいとのこと。

実際に吸い付きが非常に良く、私のリールのロックナットも傷はつきませんでした。(マスキングテープを使えばさらに確実です)

欠点

欠点は…ないッス。

レビュー記事は「欠点」についてもしっかりと言及すると信頼性が高まる。

なんて言いますが..悪いとこないのに無理に書くのもおかしいので、無しです。

 

頂いたモノだから、文句つけにくいんでしょ?と思われるかもしれませんが違いますw 

まとめ

一つあれば、リールメンテナンスが非常に捗る製品だと感じました。

お値段もお手頃ですし、頻繁にリールをイジイジする場合、持っていて損はないです(‘ω’)ノ

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です