バンタム ジジル 70。シマノが新しいバス釣り用語増やしてる。ワギングアクション…?

スポンサードリンク

SHIMANO バンタムから新しいジョイントベイト、ジジル70がリリースされました。

i字系のまったく新しいアクション、「ワギング」。

聞き慣れないバス釣り用語、「ワギング」について、その特徴をシェアします。

バンタム ジジル 70

 

なんともくすぐったいような、かわいらしいようなネーミングでデビューした、バンタム ジジル 70。

いわゆる「I 字系」にカテゴライズされるプラグです。

※「I 字系」っていうのは、真っ直ぐ泳ぐプラグの事ですね★

 

バンタムのHPには、基本は「I字系」ながら、「J字形」的なアクションを発生する、「I 字系」から進化した「i字系」とあります。

…「J字形」、つまり、180度ターンが可能って事でしょう。

可動域の広いジョイント部分

山木さんの解説によると、ジョイント部分の可動域を、上図のように、かなり広く取っていて、180度ターンを実現しているようです。

これを「ワグロックジョイント機構」と呼ぶそう。

ラインスラックを操作することで、「ワギングアクション」と呼ばれる、誘いの首振りが可能。

 

「ワギングアクション」…初めて耳にする用語です。

言葉のセンスが良いですね。

こういうのは、開発部隊とは別のところで考えているんでしょうか。

 

‘wagging’は、振る、揺り動かす、という意味。

犬がしっぽを振ることを、’tail wagging というらしいです。

 

興味を持ってチェイスして来たバスに対して、いきなり向かっていく!これは効きそうなアクションです。

背中に穴

背中に穴が設けられており、ラバーを通す事によって、虫系チューンが出来るようになっています。

こういったチューン幅をルアーに持たせるのは、最近のトレンドですね★

アイウェーバーを思い出す

こういった軽量なI字系ジョイントルアーの代名詞といえば、O.S.Pのアイウェーバー。

テールのティンセルといい、シルエットといいかなり似ています。

 

しかしアクション的には、アイウェーバーはあくまでスーッと真っ直ぐ泳ぐ、王道のI字系。

ジョイント部分の首振りも角度は浅めです。

iwaverのジョイント部分の役割は、ルアーを動かすためではなく、不用意な動きをさせないためのジョイント。

 

さらに、アイウェーバーは横向きボディという部分も、ジジルとの大きな違いです。

 

なので、同じI字系でも、ジジルとは対極にあるといえますね。

そのあたり、差別化を図っているのでしょう。

セイラミノー

他にもサイズ感や狙いどころが被るのが、JACKALLセイラミノー。

こちらはジョイントではありませんが、I字系ミノーの代表格。

アイウェーバーよりもさらに、「なにも動かない」I字系なので、よりスローにバスの目の前で止めたいときに使います。

 

アイウェーバーや、セイラミノーで喰わないとき、ジジルの「ワギング」アクションが効いてくれるかもしれません。

まとめ

関東フィールドなら、西湖などのソフトルアー禁止クリアレイクなどでその真価を発揮してくれそうな、ジジル。

アイウェーバーやその他I字系ルアーとの使い分けが楽しみです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です