魚探用のバッテリーを ショートさせた話 注意喚起。

スポンサードリンク

レンタルボート釣行に欠かせないバッテリー。
こないだ、うっかりショートさせてしまいました。
大量の電気を扱うことを常に肝に銘じておかなければなりません。
12Vバッテリーに潜んだ危険をシェアします。

ショートさせてしまいました

先日の亀山ダム釣行で、魚探用バッテリーをショートさせてしまいました。
バッテリーを扱う上でタブーな行為、ショートについてと、
ショートさせてしまった状況についてシェアします。

バッテリーをショートさせるとどうなるか

ショートとは、「ショートサーキット」の略で、日本語で「短絡」と呼びます。
何らかの原因で負荷(電球・モーターなど)をショートカットして電気回路が直結し、大電流が流れてしまう現象です。

端的に言って、バッテリーの+端子と、-端子を直結してしまうとショートが起こります。
12Vバッテリーから出力される電力は思っているより強力で、ショートさせてしまうと簡単に高温になり、発火しますので、大変危険です。

電動カート  

亀山ダム 電動カート

亀山ダム 電動カート

 亀山ダムのボート店では、ほぼすべてのボート店さんで電動カートが用意されており、こいつにバッテリーやハイデッキ、バウデッキなどの重たいボート用品を載せて車からレンタルボートへ荷物を運ぶ流れになってます。

クソ重たい(24kg)バッテリーなどを、運ぶだけで疲れてしまいますが、この電動カートのおかげで車からボートまでの荷物を運搬する疲労が軽減されます。

釣りが終わって片付け

亀山ダムで釣りが終わり、ボートから荷物を降ろしてカートに積み込む作業をしてました。
 

まずは連れの魚探用バッテリーを積み込みます。
魚探用バッテリーは、Kung Long Batteris Indutstrial Co., Ltd.(LONG)社製のコンパクトなバッテリー。
batteri

 

魚探用バッテリーの次に、ボートラダーを積み込みました。

 
フラー ボートラダー

フラー ボートラダー

 

出典:ギル神田店
  
私は高級品なので手が出ませんが、連れのボートラダーは、写真のフラーのオリジナル・アルミツインラダーを使用しています。
2枚フィンタイプのラダーです。

そんな2枚フィンタイプのラダーを、あろうことか魚探用のバッテリーを挟み込むような形で積載してしまいました。
魚探用バッテリーのプラス端子とマイナス端子を、アルミ製のラダーでショートさせた状態です。

普通に使用していれば、まず問題ないバッテリーですが、わざわざショートさせてしまっていたのです。

プラスとマイナスを直結したらショートする

当たり前ですが、バッテリーのプラス端子と、マイナス端子をアルミ製の通電性の高い金属で直結してしまったのですから、ショートが起こります。
この時点でなにも気づいていないので、のんきにカートを押していると、バッテリーの端子から火花が散っているではありませんか。
 
「しまった!ショートしてる!」
慌ててカートを止め、ラダーを抜き取ると納まりました。
バッテリーの端子が少し溶けて、ラダーに焦げ跡がついていました。
瞬間的に大量の電気が通電して、高温になっていたことがわかります。

すぐに気づくことが出来て、大事にならずに済みましたが、これが車の中や、家の中だったらと考えるとぞっとします。

金属製のレンタルボートアイテム

ラダーのほかにも、ボート用品には金属製のアイテムが複数存在しますので、バッテリーの端子に触れないように、常に注意する必要があります。

普通に使用している分には、ショートすることはまず無いので、つい注意がおろそかになりがちですが、
大量の電気を取り扱っているという事を常に肝に銘じて、バッテリーを取り扱う必要があります。

積み下ろし時に注意

ボート用品 車載

ボート用品 車載

 

車に積載するときや、カートに積載するときには良く注意して積むことが大事です。分かっているつもりでも、うっかりしてしまうときがあるかもしれません。

ショートさせると大変危険だということ、ボート用品には金属性のものが多いということ、その辺りを常に注意して取り扱うことが大事ですね。

楽しい釣行が、つまらない事故で台無しにならないように、今後より一層の注意が必要です。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー