ハヤブサ[FINA] トレーラーロック。ワームズレ、身切れと戦う小さな巨人。

スポンサードリンク

ワームのズレや身切れ防止に、ハヤブサのトレーラーロックを導入しました。

確かに、ズレを抑える事が出来ました。しかし、ちょっとしたデメリットも!?

身切れ防止の最適解を模索します。

ハヤブサ[FINA] トレーラーロック

 

煩わしいギル型ワームの身切れ。とくに、ジグ等にセッティングした際はワームの自重もあり、気になる事と思います。

この悩みは、バサーにとっての永遠のテーマのうちの一つですね(>_<)

少しでも解消するべく、ハヤブサのトレーラーロックを導入しました。

 

もともとは、琵琶湖発祥のテクニック、“スコーンリグ”のワームロスト対策の為、開発されたそう。

もちろん、トレーラーワームの痛み、ロストに悩むアングラーにとって全国的に使えるヤツです(*’▽’)

その使用感をシェアします。

仕組み&使い方

 

出典:ハヤブサ

2つの足が生えたワイヤーにゴム管(熱収縮チューブ)が被せてあります。(交換用熱収縮チューブ入り)

ワイヤーの先端は、ロック力を高める為、L字型に曲げられております。

 

使い方は簡単で、ゴム管をフックにセットし、ワイヤーをワームに埋め込みます。

 

ワームとの接点を増やし、トレーラーをロックする仕組みです。

なるほど…たしかにこれは期待できそうです。

サイズ

サイズがS、M、Lの3種類あります。

今回は、スタッガーワイドツインテール4インチにMサイズを使用しました。

ワイヤー部分がうまくワームの身の中に納まってくれたので、ちょうどいいサイズ感です

メリット

 

メリットとしては、非常にロック力が増します。

使い方にもよりますが、丁寧なキャストを心がければ最低でも半日ほどワームがずれる事はありませんでした。

4インチ以上のギル型をジグにセットすると、結構すぐ身切れしちゃう事もあるので、これは快適ですな。

ワームが無くならない!

こういったギル型などの自重のあるワームをトレーラーにしていると、ファイト中にワームが吹っ飛んでいく事が多々あるのですが…

(モッタイナイ…)

それを防ぐといった意味でも、大事な装備だと思います。

 

(すいません、意味深な記述でお茶を濁そうかと思いましたが、まだ釣れてないんですww

先日三島湖で掛けたのですが、ばらしました。でも吹っ飛ばないようになっているハズ…追記します!)

デメリット

外すときに、ワームがずたずたになってしまう、というのが最大の欠点。

また、ゴム管がカエシに引っかかって、外しにくいです。

構造上、致し方ない部分ではありますが…

付けるのは良いものの、外す際にやや難儀します。ワームを頻繁に交換する方にとっては、少し煩わしいかもしれません。

 

いずれにせよ痛む。

とはいえ、これを装着していない場合は、装着した場合に比べ、フックの部分がズタボロになってワームが痛む為、いずれにせよワームにダメージは有ります。

なので、結果的には装着した方が、ズレないというメリットを享受できる分、イイ感じです。

また、痛み方も、セメダインスーパーXや、Fix-a-Lureでの修復をすれば問題ないレベルです。

もっといろいろ試します。

すいません、もっといろんなワームを試してから使用感をお伝えするべきなのですが…

取り急ぎ、ギル型での使用感でした。

非常に地味なアイテムですが、手放せないアイテムになりそうです。

まとめ

以上、ハヤブサ トレーラーロックの使用感でした。

快適なワーミングに、大変オススメです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です