三島湖バス釣り。より良くなっていく三島湖。

スポンサードリンク

GWに訪れた三島湖レポート後編です。

久しぶりに良型にも出会えた三島湖でした。

 

石井ボートさん

 

本日も石井ボートさんにお世話になりました。

いつ導入なのか失念してしまいましたが、14ftのボートも導入予定だそうです♪

※追記

14ft(スナガ)2艘は6月20日頃、くわえて免許不要艇(サウザー)2艘が7月下旬だそうです。

自作ハイデッキ+椅子も装備されるとの事でした(*^^*)

ランデブー

 

本日は、レンタルボート2台で楽しいランデブー♪

5月の三島湖…レンタルボート2台で出船…最高かよ!

2人で行くと、情報交換によってより濃厚にフィールド情報を得ることが出来て有利です(‘ω’)

 

釣果

私は40UP2本、レギュラーサイズ多数でした。

友人も良型+レギュラーサイズ複数本と、釣果に恵まれた1日。

私にとって年に数回あるかないかの、「良い日」でしたw

立ち回り

 

まずは朝イチ、チャター等の巻き物で表層をサーチ。

しかし意外と生命感が無く、思うように反応が得られません。

沈船バス

 

表層でめぼしい反応が得られないまま、島周りをじっくり攻めてみます。

すると、イイ感じの沈船ハケーンww

 

ブルフラット3.8インチのテキサスリグをちょっと沈めてみます。

(バレットシンカーは軽めの3.5g。美しいスパイラルフォールが出ますので、ブルフラットのシンカーはやっぱり軽めですな。)

 

3投目ぐらいに、スーッとラインが横に走り、上がってきたのはナイスコンディションの沈船バス君。

久しぶりの良型に興奮♪

 

6~7mぐらいの適度な水深があり、水通しも良かったです。そしてやっぱりバスは「硬いモノが好き」

(小並感溢れる考察)

豊英筋

 

前回本湖方面を中心に攻めたので、今回は豊英筋の方に上がってみる事にしました。

 

フルーツ村を過ぎて、最上流までGO!

エレキはペットボトルメソッドでアゲアゲ。

しかし、最上流にエデンは無く…

 

島周りで盲目バス

 

戻った島周りで、再度良型?をGET。

しかし、長さはあるものの、スーパーガリクソンなゾンビバス、さらに両目とも光を失っておられる(+_+)

いろいろと自重し、かわいそうなんで計測もせず。

釣っといてなんですが、長生きしろよ~という願いを込めて早々にリリース。

ネコリグストレッチ

 

その後は、ネコリグで延々と釣れ続く「ネコストレッチ」を発見。

いつもバスを触る機会に乏しい私は、こんな事滅多にありません。

 

なので反応が無くなるまで、文字通りネコソギ反応を楽しみます。子バスだってイイんです。

まだまだ、釣れる事自体が特別な体験です。

 

ブレーバー5.7、トルキーストレート4.8のスナッグレスネコが大活躍♪

 

バス成るのシャロー

 

子バスが沸いているシャローエリアも発見。

ここで初ソアリンバスGET~♪

空中戦法のポテンシャルの片鱗を感じることが出来ました。なんの疑念もなくカッとんで来て喰います。

 

お昼&シエスタ

 

体力の~限界…ッ!!(千代の富士)という事でしばしシエスタ。

房総リザーバーで、ボートの上でお昼寝…最高の贅沢ですな。

午後の部

 

午後は、巻物でも釣りたい!という事で、しばしクランク巻き巻き。しかしめぼしい反応を得られず。

リザーバーでのクランクベイト、やはり難しい…

 

…結局ヒヨって投げたブルフラットのテキサスにバイトがあったものの、バラシで終了です。

 

三島湖の状況

なんの参考にもなりませんが。三島湖の状況としては…

・全域で魚は濃い

・ただし居場所は結構変わる印象。場所さえわかれば反応を得る事は容易。

・I字系やノーシンカーが鉄板メソッド

的な感じですかね!

 

これからもっと良くなる三島湖。

 

終了後、石井ボートの石井さんに釣果を報告。

「年一あるかないかのいい日でした。」と報告すると、

「いや、これからもっと良くなりますよ。」との事でした。

三島湖のポテンシャルハンパないです。そして、ボート店店主ならではの、とても印象的なお言葉でした。

 

まとめ

 

 

もっと良くなる三島湖…これは通うしかないなww

自分レベルでも夢を見させてくれる三島湖。本当に素晴らしいフィールドです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です