バスライズカスタム道。バスワンボディのリールまとめ。

スポンサードリンク

バスライズカスタムのメモです。

バスライズと同じボディのリール達から、パーツの移植作業を試みようと思います。

そこで、バスライズと同じボディのリール達をまとめました。

バスワンボディのリール達

バスライズと同じボディのリールが結構たくさんあるので、スプールやブレーキユニットを移植することによって、バスライズはいろんなカスタムが可能です。

呼び方が正しいか微妙ですが、「バスワンボディ」と呼ぶことにします。

そんな「バスワンボディ」を持つリール達から、バスライズに何を移植するかあれこれ妄想してみました。

バスワンXT

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 17 バスワンXT 150 右ハンドル

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 17 バスワンXT 150 右ハンドル

6,200円(02/22 13:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

スーパーフリースプール、旧SVS仕様のバスワンXT。

スプール、ブレーキユニットを移植すれば旧SVS仕様のバスライズが可能です。

カシータスMGL

MGLスプール、NEW SVS仕様のカシータスMGL。

バスワンボディリール達の中で、もっとも高級な仕様になっています。

炎月BB

タイラバ用のエントリーモデル、炎月BB。

スプールはPE使用前提の浅溝スプール(1号-200m)で、ブレーキは旧SVS。

こいつの飛び道具は、5.5のパワーギアの設定がある事と、CI4+製のフレームです。

こいつからパワーギア移植したら楽しそうだな。

それとCI4+製のフレームも移植したら、軽量なバスライズが出来る…と思ったけどフレーム変えちゃったらもはやバスライズじゃなくなっちゃうので、それはやめておきます。

サイドプレートもCI4+製だとしたら、サイドプレートだけ交換しても面白そうです。

グラップラーBB

ジギング用リール、グラップラーBB。

こいつはスーパーフリースプール+旧SVSということで、バスワンXTに近いスペック。

ボディはCI4+素材になっています。

カエナン

 

米国専売のカエナン。S3Dスプール、SVS Infinity仕様。

こちらはイメージとしては、カシータスからMGLスプールをとっぱらったようなスペックとなっています。

見た目がバスライズそっくりですな。

 

カイアス

 

 

 

さらに、バスワンフレームリール、まだあります。

カエナンのスプールのグレードを落とした、カイアスというモデルもあります。

(こいつから移植すべきパーツほぼ無いような気がしますがw)

カシータスMGL着弾。

 

という訳で、王道チューンのMGL化を敢行するため、注文したドナータスカシータスMGL(ノーマルギア)が着弾しました。

 

いやね、部品で注文しても良かったのですが…

スプール組9000円、ドライブギア軸1000円、スタードラグ固定ナット300円、カーボンクロスワッシャー1000円、ダイアル固定ボルト800円…と、移植したい純正部品を単体で注文していくと…

アレ?1万2千円超える…結局数千円足して、カシータスMGL買っちゃったほうがイイカモ!?という事になりました。

(カシータスのインプレ記事も書けるし。)

流用出来る部品は、みかん先生がまとめてくださっています。(興味深いのは、ドライブギア軸の素材を変えて軽量化しているところですよねえ。マネしますw)

 

ざっとカシータスMGLとバスライズ比較

 

 

 

 

さっと見た感じ、見た目で違うのは、レベルワインドの色と、ブレーキダイヤルのネジですかね。

サイドプレートの品番も一緒なので、ブレーキユニットのポン付けが可能です。

まとめ

以上、バスライズと高い互換性を持つ、バスワンフレームのシマノリール達でした。

劣化版カシータスが出来上がってしまうのが難点です…

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です