エグジグはトータルバランスに 優れた最強のスモラバ。 「ジュシタン」に隠された秘密。

スポンサードリンク

スモラバといえば。Qu-Onのエグジグですね。

「釣れないときはエグジグ」

その超シンプルな姿に隠された、実釣性能の高さ。

その秘密に迫ります。

 エグジグ

エグジグ

エグジグ&エグジグ ハイパー

 

 

エグジグ

出典:jackson

 

エグジグとは

エグジグ パッケージ

 

Jackson/Qu-on(久遠)から発売されているスモールラバージグです。

JBTOP50、江口俊介氏によって開発されました。エグシュンのジグ、でエグジグ。

現在販売されているスモールラバージグの中で最も有名なスモールラバージグ

スモラバといえばエグジグです。

エグジグ 商品ラインナップ

一口にエグジグといっても三種類あるようです。

★EGU Jig [エグジグ]
★EGU Jig HYPER [エグジグハイパー]
★EGU Jig BF COVER Jig [エグジグ ベイトフィネス カバージグ]

上から順にスピニングタックル用、ベイトフィネス用、込み入ったカバー用。でいいでしょう。

手元にエグジグと、エグジグハイパーのストックがあったので、ご紹介いたします。

まずはエグジグから。

エグジグ

WEIGHT

Weight:1/32oz(0.9g)
Weight:3/64oz(1.3g)
Weight:1/16oz(1.8g)
Weight:5/64oz(2.2g)
Weight:3/32oz(2.7g)

自重は、上記の5種類。

私はキャストのしやすさと、喰わせ能力のバランスがとれた1/16ozを基本として、喰い渋ったら軽くしてみます。

価格は、公式サイトではオープンプライスとなっています。

Amazonでの価格は、2016年8月25日時点で520円(税込み)でした。

スカートの巻き量、長さのバランス

エグジグ

エグジグ

 

シリコンラバー製のスカートの巻量が、多すぎず、少なすぎず絶妙な長短のバランスで巻かれています。

人間の目から見ても、とてもバランスに優れたシルエットとなっています。

なんていうか、黄金比のようなバランスを感じます。おおげさでしょうかw

名作ルアーに共通する、バランスの良さ。

例えば、メガバスのヴィジョンワンテンなどが持つ美しさなどに通じるものを持っているかと。

これにより、スレバスを狂わせる生命感あふれるシルエットを実現し、さらに適度な水押しと乱水流を発生してアピール。

またフォール時や、着底時のフワッとしたアクションを生み出してくれます。

しかしキャスト時やフッキング時に邪魔にならない、決して多すぎない量。

アピール力とフッキング性能が高次元でバランスされています。

ガードの硬さ、スナッグレス性能

エグジグ ガード

エグジグ ガード

 

ガードがとても絶妙な太さ、硬さになっています。

根掛かり回避性能を高めつつも、フッキングの際には邪魔にならない。

スピニングタックルでのフッキングでも、しっかりかかってくれます。

樹脂タングステンヘッドによるすり抜け性能、泳ぎのバランス

エグジグ 樹脂タングステンヘッド

エグジグ 樹脂タングステンヘッド

 

高比重、高感度素材「樹脂タングステンヘッド」を使用。

「樹脂タングステン」、通称「樹脂タン」。

タングステンと有機材料からなる複合材料で、高比重かつ高感度でありながら、環境にも優しい素材であるそうです。

これにより、ごく小さなシルエットのヘッドとなっています。

そのため、着底の感覚も感じとりやすいですし、木の枝などにスタックしそうになってもすり抜け性能が高く、根掛かりしにくいです。また、小さな樹脂タングステンヘッドに重心が集中しているため、ぶれることなくキレイにフォールしてくれます。

最もバイトが多いのはフォール時ですが、着底してからのリフト&フォールや、ずる引きなどでもバイトが出ることがあり、気が抜けません。

また、樹脂タングステンのヘッドは無塗装となっており、少しでも価格を抑えるためなんだとか。これは非常に嬉しい配慮ですね。

カラー

カラーは、以下の全16種類。定番の釣れ筋カラーを完全網羅しています。

#GPO グリパンオレンジ
#GPC グリパンチャート
#GPB グリパンブラック
#BSE ブルースジエビ
#SPB スモークプロブルー
#NGP ネオングリパン
#KS キングスジエビ
#NE ヌマエビ
#SE スジエビ
#SS サイトスペシャル
#江口コンフィデンス1
#江口コンフィデンス2
#JBM ジュンバグマジック
#SST サイトスペシャル
#TSP タラコスパゲッティ
#WSP ウィードシュリンプ

エグジグ カラー

クリックして拡大

 

 

出典:jackson

 

 

エグジグハイパー

エグジグの欠点としてはやや高価なことと、フックが少し弱いことでしょうか。

ベイトフィネスタックルで使用するときはフックが太軸に強化された「エグジグ ハイパー」を使用すると良いでしょう。

 
エグジグ ハイパー

エグジグ ハイパー

 

フック

エグジグハイパー(左) エグジグ(右)

エグジグハイパー(左) エグジグ(右)

 

エグジグのフック

エグジグでは、刺さりの良い細軸の#4番を使用。

スピニングタックルでも、フッキングパワーを貫通力にしっかり変換し、バスの硬い顎にがっちり刺さってくれます。

エグジグハイパーのフック

エグジグハイパーはベイトフィネスタックルに対応したやや大きめ&太軸の♯2番のフックとなっています。

おすすめトレーラー 

ついでにエグジグを使用する際のおすすめトレーラーをご紹介いたします。

・ゲーリーヤマモト ディトレーター

言わずと知れたゲーリーヤマモト、ディトレーター。

青木大介氏プロデュース。スモラバのトレーラーに主眼を置いて開発されたといってもいいディトレーター。

エグジグ+ディトレーターは驚異的な実釣性能を誇ります。

高比重ゲーリーマテリアルによって、小さいボディながら約2.2gと、しっかりとした自重があり、トレーラーとしてセットしたときに、非常にキャストがしやすいのもポイント。

しかしディトレーターは欠点がありまして、爪がかなりちぎれやすい。

しかし釣れる「ゲーリーマテリアル」と、ちぎれやすいほど繊細にセッティングされた「爪」が生み出す生命感による喰わせ能力は極めて高いです。

ちなみに爪がとれてもぜんぜん釣れます

  ・DSTYLE D1

DSTYLEからはD1。

喰い渋ったときなどディトレーターだと少しアピール強いなあってときにおすすめ。

ディトレーターよりも、繊細かつフィネスなアプローチが必要なとき、D1の出番です。

シェイク時や、微細な水流に反応するテールの艶めかしいアクションでバスを誘います。

・ゲーリーヤマモト レッグワーム2.5in

最後にレッグワーム。

やっぱりレッグワーム。

単体でダウンショットリグなどで使用することが多いレッグワーム。

ダウンショットリグをやりすぎて、身がちぎれかけてボロボロになってしまったレッグワームは、ちぎれた頭の部分を少しカットして、スモラバのトレーラーとして再利用することが可能です。

テールのアクションが加わることにより、巻きでの使用や、回収時にもチャンスが生まれます。

まとめ

一見普通のスモールラバージグに見えるエグジグですが、スカート、ガード、ヘッド、フックの各要素が高次元でまとめられ、トータルバランスに優れたスモールラバージグになっています。

極めてシンプルな外観ですが、各機能を突き詰めていくとこういうシンプルな形になるのではないでしょうか。

以上、最強のスモールラバージグ、エグジグについてでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です