HIDE UP(ハイドアップ) アミストッパー使ってみた。ワームズレを駆逐せよ!

スポンサードリンク

暇があればワームのリグについて研究しています。

HIDE UP(ハイドアップ)社のアミストッパーなる不思議なワームホールドアイテムを試してみました。

 

HIDE UP(ハイドアップ) アミストッパー

 

HIDE UP(ハイドアップ)のアミストッパーを試してみました。

金属のアミです。

 

細い金属が網目状に幾重にも織り込まれている製品です。

なんだか、ホームセンターにも売っていそうな気もしますねw

でも、ありそうで意外と無いのかな。

使い方

 

使い方は簡単で、ワームに刺して、ハサミで切るだけ。

 

そして、アミストッパーに対してフックを刺すようにセットします。

ホールド力UP

確かに、ホールド力がUPしました。

実戦で試せていないので申し訳ないところなのですが、装着してワームが千切れるまで思いっきり引っ張って破断強度を確認しました。

無い場合よりも明らかにホールド力がUPしています。

ネコリグ以外もOK.

このアミストッパーの美点として、ネコリグ以外にもオフセットフックやジグヘッドワッキー等、様々なワーム、リグに使用可能。

マルチな用途に対応しております。

縦刺しに使えない

 

ただ、ストレートワームにフックを縦刺ししたい場合、このような方向で刺すとワームの2/3ぐらいを切断する事になるので、逆に強度が弱くなってしまいました。

今回使用したのはMサイズなので、Sサイズを使用するか、縦刺しには使わないほうが良さそうです。

 

再利用不可

 

ちょっと欠点というか、使用後に抜くと金属の繊維がバラバラになってしまい、再利用が出来ない点がデメリットです。

ネコストッパーが好き

 

個人的には、どちらかといえばネコリグにはバスマーク社のネコストッパーが好きな使用感でした。

まとめ

以上、HIDE UPのアミストッパーでした。

いろんなリグに使えるマルチなホールド力UPアイテム、といったところです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です