バス釣りクリニックat片倉ダム。ぽろぽろ釣る人と全く釣れずにデコる人の違い。

スポンサードリンク

晩夏の片倉ダムバス釣り!

ぽろぽろとコンスタントに釣り続ける人と、デコって終了の人の違いを模索します。

ここ最近「良い釣り」が出来ていません。

しょっちゅうデコっています。

 

バス釣りが上手な人は、「ぽろぽろと一日中釣り続ける事が出来る人」だと思っています。

すると、何本か良型が混じる。

 

「私は、全然反応が無く、そのまま一日が終わる。」というケースが大半ですw

 

おそらく原因としては、「マクロなエリア選び」が出来ていないという事らしい…

釣りウマの友人に同船してもらい、何がいけないのかチェックしてもらうことにしました。

片倉ダムへGO!

 

まずはフィールドコンディションから★

2,3日ほど冷え込みが続き、気温、水温ともに低下。朝の気温は20度、水温は24度ぐらい。

台風接近により、風速7mぐらいと本湖は爆風。

気温低下と爆風により、朝は肌寒く感じました。

水位は減水傾向にあります。

笹川ボート

いつもの笹川ボートさんへ。

今シーズンは初片倉ダムなので、久しぶりの笹川ボートさん。台風の接近もあり、出艇率は半分ぐらい?

荷物の運搬は電動カートスタイル。桟橋までのアプローチがかなりの急坂です。

電動カート操縦の高度なテクニックが要求されますw

ボート屋の方が、「カートやりましょうか?」と優しく声をかけてくださるので、無理をせずお願いしてしまうのが良いと思います。

釣果

私が2本。友人が4本でした。

E-2でナイスフィッシュ!

 

 

 

マクロなエリア選択を学びながら、チョウシグチ方面へ流していきます。

 

 

さっそく、友人の投げる【WEC カスタム ルアーズ】 E-2 クランクにレギュラーサイズがHIT.

鈴木ボート周辺でオマメさん

続いて鈴木ボート周辺で、私のレッグワームのキャロにオマメさんがHIT.

オマメすぎるけど念のため記念撮影w

ネコで安心フィッシュ

 

ベイトフィッシュが溜まり、水通しも良く魚っ気のあるエリアを発見。

定期的にボイルしている魚が居たりと、釣れる感満載。

ここで私のいつものネコにHIT。

 

O.S.P ドライブクローラーの5.5in。

しかし、その後の反応は薄く、BESTなエリアかと言われると微妙なところです。

巻きもやってみる

 

巻物修行at片倉ダム #バス釣り #バスフィッシング #片倉ダム #ikahime

ikahimeさん(@ikahimenet)がシェアした投稿 –

 

とりあえずネコで釣れたので、課題の巻物をやってみます。

ミブロ フューリーでLet’sカバークランキング♪

片倉の無限に存在する立木に対して、立木&岬など複数要素が絡むポイントに絞り、カバークランキングを実行。

当てて、チドらせての繰り返し。

楽しい。けど釣れない!クランクベイト甘くない。

当てる事がバイトトリガーになると思うんですが、当てるだけでは釣れないですw

田代川上流は減水

 

田代川まで来ました。★のマークの川筋です。

田代川上流は、減水の為、リバーチャネルのみに水が残っている状態。

激アサで、途中までしか上がれず。

魚っ気も少なかったのでIDO。

フック刺さるw

エレキをあげようとした際、膝にスパイテールを刺してしまいました。

ストリングヤンクテクニックで無事に処置できましたが、今後は一層の注意が必要です。

船長交代

見かねた友人が、エリア大移動を決意。

 

船長交代し、笹川上流へ一気にGO.

激アサなバックウォーターは、オールを使って「弁慶スタイル」で♪

結果的に笹川エリアがもっとも魚の濃い、正解エリアでした。

しかし私の「遅すぎる釣り」によって、時間を使いすぎていたため、友人のJHW(ジグヘッドワッキー)にレギュラーサイズが出たのみでした。

私のニンムシにもバイトがあったのですが、すっぽ抜け。

最初から友人のペースでエリア移動していれば、いちはやく良いエリアを発見し、良型を獲れていたかもしれません。

非常に申し訳ない事をしました…

私の釣りの課題:釣りが遅い!

とにかく釣りが遅い、という事です。

手早く見切り、いいエリアを早く発見すること。それがなにより大切です。

良くないエリアでだらだらと「ジャンクフィッシング」をやってしまうのが私の釣りの特徴ですw

マクロな視点でエリアを回ることが改めて大切だと感じました。

おまけ:高速岩盤JHW

 

 

今回のように急な水温変化があった場合、ジグヘッドワッキーで岩盤を縦に探ると良い時があります。レンジを変える為に、バスが縦ストラクチャーに沿って移動する為です。

今回も友人がぽろぽろと釣っていました。

驚いたのはそのスピードで、イメージ的には、24Vのエレキの出力を6~7ぐらいに設定し、割と高速で移動しながら岩盤にJHWを投入。

じっくり落とし込んでいくのがJHWだと思っていたので、サーチベイト的にJHWを高速でキャストしまくるのは目からうろこの使用方法でした。

「高速岩盤JHW」とでも名付けましょうかw

…というか私の釣りが遅すぎるんです、きっと。

JHW(ジグヘッドワッキー)はZAPPUの「インチワッキープラス アイガード」を使っています。

フックの刺さりの良さ、ワームの抜けにくさ、ガードの固さ、すべての要素が高次元でまとめられたジグヘッドワッキーの決定版です。ちょっと割高なのが玉にキズなんですが、一回使うとハマります。

私も友人も、偶然同じモノを使っていました。「やっぱコレが良いよな」なんて言いながら。

今日の荷物テトリス

今日はハイデッキ&エレキを、一番奥に横向きに搭載してみました。

割とすっきり。

そのうちロッドホルダーの導入と、ラゲッジスペースの2段化を検討しています。

まとめ

これから苦手な秋に突入します。

まだぎりぎりレギュラーサイズが簡単に反応してくれる時期なのでなんとかなりましたが、秋のシーズンはどうなることやら…

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です