モーターガイドX5 エレキパーツまとめ。

スポンサードリンク

モーターガイドX5と、周辺カスタムパーツの仕様をまとめました。

モーターガイドX5 80lb(24V) 32インチシャフト仕様

 
 

モーターガイドX5です。推進力80lb、24V仕様なのでバッテリー2発が必要です。

流行のシャフトカット施工済みで、レンタルボート用に特化した、36インチ→32インチシャフト仕様。

シャローガンガンイケちゃうし、ヘッドの位置が低いので、キャストしやすい。

 

マチェットⅢハードプロップ&KTFクーリングプロップナット

 

純正品である、2枚歯仕様のサファリプロップの評判があまりよくない為、もはやマチェットⅢハードプロップへの交換は必須となります。

アルミアルマイト仕様のKTF社製クーリングプロップナットも装備。冷却性能が上がるというブツですが、効果が体感できるか、という点については未知数w

見た目がカッコイイからオケ。 

ZPIパワードームZX

アンチキャビテーションプレートと呼ばれるパーツ。

※「キャビテーション」とは、エレキのプロップの回転により、プロップ上部の水流が空気を含んでガボガボと乱れてしまう事。こうなるとパワーや電費を大幅にロスしてしまいます。

キャビプレは、写真のようにエレキのプロップの上に取り付けます。乱水流を整流してくれることにより、キャビテーションを防いでくれます。

各社からカーボンやアルミの製品が販売されていますが、耐久性を考慮して金属製のものがおススメ。

これはかなり効果的な部品だと思います。スピード&パワーもさることながら、特に静粛性が高くなったような気がします。

 

X5マウントショート加工&T’sバウデッキ

マウント&バウデッキは、X5マウントショート加工&T’sスタイル社製の3点止め仕様バウデッキ。

 

↑純正のX5マウント

 

↑ショート加工(ミシマ釣具店さんで施工)

 

めちゃくちゃ軽いです。

12V時代はモーターガイドフレックスゲーター360マウント+サウザーバウデッキ仕様だったので隔世の感。

(フレックスゲーター360マウントは運搬を全く考慮していないバスボート用ともいえる強度重視のマウントで、ショート加工が出来ない前時代の産物。とにかくクソ重い。T’sバウデッキを導入して、体感的には半分ぐらいの重量になりました。自重を追記しておきますね。)

レンタルボート上のスペース効率も上がるし、良い事ずくめ。素晴らしい製品です。

 

遊心ペダルブッシュ

遊心T-STYLE製の滑らないペダルブッシュです。横滑り軽減に効果を発揮してくれます。

 

遊心スイッチプロテクター

X3&X5シリーズ最大の弱点というか欠点というか…それはスイッチユニットの脆弱性!

ほんのちょっと蹴っ飛ばしただけでスイッチが破損し、基板交換を含んだ修理工賃が3万~4万ほどかかるという悪魔の部品。

不意の破損を防ぐため、スイッチカバーが各社からリリースされております。

X3&X5シリーズを購入する際は必ず導入したいアイテム。

 

クールフット

オシャレは足元から♪クールフット。

夏場に裸足でエレキを踏んだ時の快適性を向上させるため、エレキのペダルに張り付けるアイテムです。

結構謎アイテムですが、見た目が可愛いからOK。地味に高いですがw 

RAM1.5インチダブルボールラウンドベース&RAM1.5インチ 追加ポスト

 

追加ポスト

 

アームパーツ 5インチ

 

魚探のマウントは堅牢なRAMマウント。魚探システムについては構築中のため、とりあえずマウントのみのご紹介となります。

魚探関連はバウデッキへの装着となります。

ボールマシマシなダブルボールラウンドベース+追加ポスト仕様。

追加ポストに魚探、右のポストに振動子を装着予定。左のポストは魚探追加時用。

 

とりあえず現状はいつものポータブル魚探、HE-57Cを装着予定。

 

↑こんな感じの魚探取り付け架台を追加しなきゃ。

 

タックルアイランドオリジナル OFC無酸素銅導体仕様延長ケーブル&ジャンパーケーブル

延長ケーブル。
 
 
ジャンパーケーブル。
 

通電効率を考えたOFC無酸素銅導体仕様のタックルアイランドオリジナル 延長コードとジャンパーケーブルです。

 

キサカイージーケーブルコネクター

延長ケーブルと、純正ケーブルの接続にはキサカイージーケーブルコネクターで接続。

クリクリと回して、端子を一緒に挟み込む感じで楽に接続出来ます。

 

キサカ バッテリーナット

 

バッテリーの蝶ネジはキサカのイージーバッテリーナットに交換。

むき出しの純正よりも安全性が高まりますね。

まとめ

以上、エレキ関連カスタムパーツまとめでした。

まさに沼ですなww

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です