リンタロウ&クマタロウ。バス喰いジイさんに教わった最強のワームはコレ。

スポンサードリンク

バス釣りにおいて、禁断の遊びである、ムーチング(エサ釣り)。

ルアーマンとして失格?いやいや、楽しめれば良いじゃないって事で、私はたまにチャレンジしてみます。

(餌だからといって簡単に釣れるわけではないw)

そんなムーチングに手を出す前に。

ムーチングに極めて近い!?ワームをご紹介します。

津久井湖でのバス喰いジイさんとの思い出

津久井湖

津久井湖

神奈川を代表するメジャーリザーバーである津久井湖。

私のホームフィールドで、自宅から至近ということもあり、ちょろっと陸っぱりに良く出かけてます。

そこにエサ釣りでバスを釣ってるジイさんが居るんですよ。

エサはその辺の土を掘り返してゲットしたミミズ。

ホントボッコボコに釣るんです、そのジイさんが。しかも良型ばかり。

バスが居るのにルアーで釣れないという事実を教えてくれた、ジイさん。

要するに自分のルアーは見切られているということ。

自分のルアーマンとしての不甲斐なさを痛感すると共に、ムーチングの威力を思い知った夏の思い出ですw

ちなみにそのジイさんは、バスをその場でシメてお持ち帰り。

聞いてみると、なんと喰うためにバスを釣ってるとのこと。

今年も会えるかな、バス喰いジイさん。

バス美味いのかな…?

リンタロウ&クマタロウ

さて、長い前置きでしたがw

そんな爆釣なミミズをスーパーリアルに再現したワームをご紹介します。

釣り具のキャスティング別注カラーのリンタロウ&クマタロウです。

リンタロウ、クマタロウっていうネーミングは、エサ釣り用として販売されているホンモノのミミズの商品名。

エサ釣りを嗜む方にとっては馴染みの深い存在ではないでしょうか。

※ちなみに余談ですが、バス釣りでムーチングする場合は、リンタロウ、クマタロウではなく、「大関」っていう4インチワームぐらいのデカイミミズが売っているので、そちらがオススメです。「大関」ヤバいっすよw

…ハナシがそれましたが、とりあえず「リンタロウ」「クマタロウ」を写真でご紹介しますね★

ちなみに本物のミミズちゃんの写真は無いのでご安心くださいねw

キャスティング別注カラー

リンタロウ

rains スワンプクローラー CASTING別注カラー リンタロウ

rains スワンプクローラー CASTING別注カラー リンタロウ

こちらがリンタロウ。

リンタロウは、若くてフレッシュな?ミミズを表現したピンクに近いブルーパールのワントーンカラー。

ちなみに本物のリンタロウは、「アカミミズ」という種類だそうで、その「アカミミズ」を忠実に再現するとこうなるようですw

20本入り。

クマタロウ

rains スワンプクローラー CASTING別注カラー クマタロウ

rains スワンプクローラー CASTING別注カラー クマタロウ

そしてこちらが「クマタロウ」。

「クマタロウ」は紫っぽい色と、薄いピンクにラメの入った色のツートーンカラー。

こちらはツートーンカラーで少しコストがかかっているのか、同じ価格で入り数が若干少なく、16本入り。

「クマタロウ」は「タネミミズ」という種類だそうで、それを忠実に再現するとこうなる模様w

これ、反則でしょww

とにかくこのカラーを見てください。

これは…まんまミミズw

かなりの人気カラーだとか。バスより人間がバイトしてしまう系のルアーですねw

どちらも単純なピンクではなく、ミミズ特有の色の出方を忠実に再現しています…

まあ、リアルだからといって釣れる訳ではないので、使っている人間のテンションを上げることが主目的でしょうかw

ドバミミズカラーが欲しい

が、まあ欲を言うともう少し黒光りというか艶かしさが欲しいところ。

バス喰いジイさんがエサにしているミミズは、リンタロウ&クマタロウよりももっとデカくて、野性味溢れるヤツなんですよ。

おそらく、「ドバミミズ」と呼ばれるヤツ。

「ドバミミズ」ってのは、主に山や森に住み、腐葉土を食す天然の大型ミミズで、別名フトミミズ。

怪しげな黒光りを放っていて、見た目にもめっちゃ釣れそうなんです。

そのカラーを再現して欲しいw

「リンタロウ」「クマタロウ」では、ちょっと綺麗すぎる気がしますw

ミミズ豆知識w

ちなみに「りんたろう」は、ある企業の産廃である、綿くず(コットンリンター)が餌。「リンター」のリンタロウ。

そして「熊太郎」は牛糞が餌。

ドバミミズとは、食っているものからして違うんですね。

いろいろ選べる

このリンタロウ、クマタロウカラー、主要なストレートワームにラインナップがあります。

お好きなストレートワームを選ぶことができます。

以下、ご紹介しますね★

ゲーリーヤマモト カットテール

まずは間違いないカットテールのリンタロウ。

釣れるゲーリーマテリアルとこの艶かしいカラーの組み合わせは、反則レベル。

カラー名は、「MIMIZU WS CUSTOM」と、カッコよくなっていますw

 

DAIWA ネコストレート

ダイワのネコストレートにも有ります!

カラー名が大人の事情により、若干変わっているそうで、「リンまる」「クマまる」というカラー名です。

ちょっと写真が無かったので、写真無しです。

ネイルシンカー刺しやすいし、コスパもまあまあで、隠れた名品だと思うんですよね、ネコストレート。

D-STYLE トルキーストレート

 

出典:CASTING

あのトルキーストレートにもあるんです。こちらもカラー名が違います。

カラー名は、「ミミズちゃん」

カワイイネーミングですねw

ネットで買える!

キャスティング行かなくてもネットで買えますよ(^^)

のハズなんですが、現在スワンプマイクロ以外が探しても見当たらないっす。

とりあえずスワンプマイクロのリンクを貼っておきます。

たぶん時期とかタイミングによって有ったり無かったりするっぽいです。

ちょっと前までは店頭のみでの販売だったそうな。

まとめ

カラーが超リアルなキャスティング別注カラー、リンタロウ&クマタロウ。

禁断の!?ムーチングに手を出す前に、是非トライしてみてはいかがでしょうか。

※ミミズのお話、失礼しました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です