リバーツーシー ホッパープロッパー130入手!パクリかオマージュか。

スポンサードリンク

今更ながら、deps YUDO[ユードー]の元ネタ?である、river2sea[リバーツーシー]のホッパープロッパー130をゲット(^^)

店頭にあったのでリアクションバイトしてしまいました。在庫してるお店少ないんです。

deps YUDOはホッパープロッパーのパクリではない!?

ホッパープロッパーの特徴と、’ルアーのパクリ’について考えてみます。

river2sea[リバーツーシー]

アメリカのルアーメーカー、river2sea[リバーツーシー]。

日本国内での知名度はさほど高く無いものの、今回ご紹介するホッパープロッパーが有名ですね(^^)

 

ホームページを拝見したところ、ロッドやリールなどはリリースしていないものの、バスからソルトまで、様々なルアーを扱う、中堅釣り具メーカー、といったところ。

他にも上写真の「ダブルプロッパー」など独創的なルアーを数多くリリースしているユニークなメーカーです。

ホッパープロッパー130

リバーツーシー ホッパープロッパー130

リバーツーシー ホッパープロッパー130

そんなリバーツーシーの代表的なルアー、ホッパープロッパー130。顔がカワイイw

テールに軟質素材を使用した、シングルウィングプロップベイトです。

軟質素材とはいっても、ワームほど柔らかい訳ではなく、例えが難しい硬さ。

普通のプラスチックよりは柔らかいナニかで構成されたテール部分ですw

長さは名前の通り、130mm。

もともと、マスキー用の’WHOPPER PLOPPER190’というルアーが有って、そいつの派生モデルとして誕生したという経緯があるみたいです。

自重は1と3/8oz(39g)とけっこう重ため。

キャストはぶっ飛びそうですが、タックルを選ぶルアーです。

裏面ですw

サイレント

 

買ってから気づいたのですが、’WPL130S’とあるので、サイレントモデルでした。

振っても音鳴らないし、おそらくサイレントモデルかと。

マジかw

こういうトップウォータープラグはガチャガチャ水面で音を立ててこそ、と思うので、少し残念です…

まいっかw

購入される方は要注意ですw

 

deps YUDO [ユードー]

 

depsの2016年度webメンバーズ限定のルアーで、deps YUDO[ユードー]というルアーがあります。

とても人気で、中古釣具店や、ネットオークションでプレミア価格で取引されたりしています。

 

見ての通り、こいつの意匠が、ホッパープロッパーにソックリなんです。

 

こういった’シングルウィングプロップベイト’は他にもあるのかもしれません。

昔からよくある意匠で、たまたまdepsユードーと、ホッパープロッパーが似ているだけ。という事でしょうか。

パクリか、オマージュか

私はパクリではないと思います。

 

多かれ少なかれどんなものでも、似たルアーって必ずありますよね。

「元ネタ」が全くないルアーはほとんど存在しないと思います。

 

それに「模倣」という行為は、さまざまな分野で行われている行為であり、そこから工夫してオリジナリティを出す為の第一歩です。

(あまりに露骨なモノはダメですがw)

元ネタ、つまりお手本への敬意を払いつつ、オリジナリティを生み出す為の「模倣」はパクリではない、でしょう。

 

中国製のスーパーコピーのロレックスは「偽物」であり、元ネタへの敬意ゼロな「パクリ」ですが…

「オマージュ」や「元ネタ」については「パクリ」ではないと思います。

 

HIPHOPのサンプリング文化に近いモノがありますね。

絶賛模倣中

私もブログ記事、周りのブロガーさんを模倣しています。

もちろん丸パクリではなく、良い部分を真似して、自分なりのオリジナリティを出せるような、成長の為の「模倣」をしています。

パクリを正当化してすいませんw

ホッパープロッパー90

 

オリジナルモデルのホッパプロッパー、さらに一口サイズのホッパープロッパー90もあります。

上写真は’ホッパープロッパー90’です。

まとめ

パクリ模倣は成長の原動力。

どんどんパクって、それを元にオリジナリティを発揮し、新しいモノを世の中に生み出す。

でも丸パクリはダメですね(‘ω’)

元ネタに十分に敬意を払った、成長の為の模倣はアリなんじゃないでしょうか。

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です