スピニングリールの芯出し&バランス取りをやってみた!

スポンサードリンク

スピニングリールを組み付ける際、必要になってくるのが「芯出し」という作業です。

ヤベエ、なんか分解前よりも巻きが重くなった?って思っても、ピタッと芯出しが出来れば怖くありません。

そんな、芯出し(センター出し)の手順をまとめました。

スピニングリールの芯出し

 

スピニングリールを組み付ける際に、必要になるのが「芯出し」です。

大きく分けて、ドライブギアの芯出しと、ローラークラッチの芯出しの二つの作業となります。要するに各部のクリアランス調整、といったところです。

(本当はシム調整もセットでするべきだと思うのですが、今回は工場出荷状態のシムがおおよそ正しいという前提で割愛します)

 

今回のオペは、シマノ ’16ストラディックCI4+ 2500HGSが生贄です(*’▽’)

まずはドライブギアの芯出し

 

まずは、ボディ横のネジの締め付けトルクを微調整して、メインギアの芯出しを実施します。

スピニングリールはホント繊細で、ネジ一本の締め付けトルクで、びっくりするぐらい巻き心地が変わるんですよね。

 

作業の前に、ローラークラッチを借り組みします。

ローラークラッチが付いてないと、巻いたときにピニオンギアがピュッと出てきてしまうからです。

 

それと、巻き心地を調整する為、ローターを仮に被せてハンドルを取り付けます。(ローターが無いとハンドルが付けれない)

 

ローラークラッチとハンドルを組んだら、芯出し作業のスタートです。

ストラディックCI4+の場合、ボディを閉めるボルトは4本あります。

 

そのうち、メインギアの芯出しに大きく影響するのは上の二つのボルトでした。(私の個体が、という話かもしれませんが)

この二つのボルトを、最も巻き心地が軽くなるトルクに調整します。緩めたり、締めたり何度も何度も…

下の二つのボルトもいじいじ…そうすると、アッ!ここだわ!シュウィーン!!!とハンドルがびっくりするぐらい軽く良く回るポイントがあります。

ここが見つかったときがめちゃ気持ちいい。

ローラークラッチの芯出し

 

続きましては、ローラークラッチの芯出しです。

ローラークラッチは3本のボルトで、ピニオンギアを取り囲むように装着されています。

この3本の取り付けねじのトルクを、メインシャフトがローラークラッチの中心を通るイメージをしながら、これまた緩めたり締めたりしてアタリを探します。

正直、こちらはメインギアの芯出しほどはシビアでないというか、ある程度出てればまあOKな気がします。

仮にここの芯出しがシクってたとしても、メインギアの芯出しほど致命傷にはなりません。

が、やっぱりここも微妙に気持ちいい位置があるはずなんで、ひたすら探します。

なんだか巻きが重いとき

 

スピニングリールをばらして、組み上げた際に、分解前よりもなんだか巻きが重くなった…となることが結構あると思うんです。

でも、きちんとネジの締め付けトルクを何度もしつこく微調整して芯出しをすると、驚くほど気持ちいい巻き心地になります。

ピタッとハマったときの巻きの素晴らしさたるや…

素人の戯言です

あくまでスピニングリール分解組み付けの素人が語っているので鵜呑みにしないでください( ゚Д゚)

でも、スピニングリールのボディの締め付けトルクが巻き心地に多大なる影響を及ぼすことは間違いありません。

奥が深いですなあ。

まとめ

以上、スピニングリールの芯出し&バランス取りについてでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です