名作探訪隊。ティムコ ステルスペッパー110S。ライバル(D社のG)との違いもチェック!

スポンサードリンク

名作ルアーとして名高い、ティムコ ステルスペッパー110S。

ダイワ ガストネード110Sとの違いを考察しつつ、その魅力に迫ります。

 

ティムコ ステルスペッパー110S

 

SPEC 

Length 110mm
Weight 15g
Color #407オーロラフラッシュハルランマン
Price 1,780円(税別)

 

回転するペラを備えたプロップベイトのある意味完成形ともいえるステルスペッパー110Sです(‘ω’)

プロップベイト界の金字塔的存在!

泳がないボディ

誤解を恐れずに言えば、とにかく’泳がない’のがステルスペッパー110Sの特徴です。

ボディは頑なに安定指向で、スーッと真っすぐ泳ぐ。

 

この’全く泳がない’アクションというのは、一見簡単そうに見えて、実は難しいんだろうなあ。

名作ならではのバランス感覚が宿っているのだと思います。

 

..簡単に言葉で言い表せない、マジで良いアクションなんですコレ。

泳がせてみると分かります。あ、なるほど。すげえわこれってなります。(語彙の不足)

 

高速回転ペラの誘惑!

しかし、前後のペラは猛烈に高回転し、「ゆっくりだけど速い」アクション。

何故だか猛烈にこのペラのシャーシャーが好きなんですよねバスって。

 

分かりやすい!

タダ巻きしてあげるだけという分かりやすさ、使いやすさも自分のような素人にはイイですねw

誰にでも使いやすいルアーというのは名作のひとつの条件です(*^^*)

 

ガストネードとの違い

 

ステルスペッパー110Sの最大のライバル!?である、ダイワのガストネード 110S

あくまで私の妄想ですが、ステルスペッパー110Sをターゲットに開発されたハズです。

 

ボディシェイプこそ若干違いますが、ペラの造形、フックの位置、総合的なコンセプト!?は非常に似通っております。

顔つき

 

顔つきはちょっと違ってますね(*^-^*)

ガストネードはキリリとしたアユ顔。ステぺ君は…ワカサギか?

最大の違いは…

実際にアクションさせてみて感じた最大の違いは、ガストネード110Sは若干ロールするアクションでした。

 

…この違いがはたして何を生み出すのか。これは非常に難しいところではありますが…

釣果の差が生まれるのか。一方で獲れて、一方では獲れない魚が居るのか。

 

そこはなかなかに悩ましいです。

微差が大差!?

ただし、同じスウィッシャー系のルアーでも、プラスチック製のペラのモノと、金属製のペラのモノで釣果に雲泥の差が付くという事があるのは経験したことがあります。

なので、この「微弱なロールアクションによる、アピール力の差」で釣果に全く影響がないとは言い切れないと思います。

 

どう使い分ける?

とはいえ使い分けというのは難しいですが…

短絡的思考ですが、ややロールする分アピール力が強いと思われるガストネードは目立たせたいときに導入してみたいと思います!

まとめ

以上、名作探訪隊でした。

ステルスペッパー110S、まだお使いになったことが無ければ、ぜひ投げてみてください(*^^*)

めっちゃイケてるアクションです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です