ゾディアス1610MHインプレ。 SHIMANOの説明文の’バーサタイル’は罠がいっぱいww

スポンサードリンク

SHIMANOのボリュームゾーンの中核を担う、ゾディアスシリーズ。

MHという表記から、’ヘビーバーサタイル’だと思って購入すると、思わぬ落とし穴にハマる!?ゾディアス1610MH。

SHIMANOの竿の説明文にことあるごとに登場する、’バーサタイル’には罠がいっぱい。

ゾディアス172MH、エクスプライド172MHと比較し、その狙いどころと、存在意義をシェアします。

ゾディアス1610MH

SPEC

テーパー F(ファスト)
レングス 6フィート10インチ(208cm)
自重 120g
適合ルアーウェイト         10-30g     
カーボン含有率 95.6%

思いのほか柔い’ロクテンMH’

最初の印象は、「なにこれ、パワーないゾ…」

キャスト時も、抵抗のあるルアーを引いたときも、結構入るブランクス設定。

これを172MHと同じ「MH」表記で販売するのは、少しいかがなものか…

関東バスフィッシングにおいて、はじめてのベイトロッドとして1610Mを購入するのが一般的?ですが、

その次にMHを購入する時、選択肢の一つに入るであろう、ゾディアス1610MH。

 

しかし、1610Mよりもパワーを求めて1610MHを購入すると、思わぬデメリットに悩まされることになります。

 

背負えないブランクス

とにかく柔らかめ。いい意味でティップのハリがない。

打ちモノでの快適性や、20g~30gぐらいのリグでのキャストアキュラシーを期待しているとがっかりします。

適応ルアーウェイトは10-30gとのことですが、1/2のジグに、トレーラーを合わせたリグをキャストすると、すこし負担が掛かっているフィーリング。

とにかくモッチリ系で、ややダルなフィーリングが最大の特徴のゾディアス1610MH。

カーボン含有率の違い

エクスプライド、ゾディアスシリーズ共通で、カーボン含有率が、エクスプライドの方が高いのはご存知の通り。

その為、エクスプライドはシャッキリ系、ゾディアスはもっちり系というインプレッションをよく見かけます。

それが特に色濃く出ているのが、この1610MHのフィーリングです。

 

’バーサタイル’の罠

ゾディアス1610MH

パワーと飛距離に優れたパワーバーサタイル。テキサスリグやラバージグのほか、抵抗の大きいスピナーベイトやブレードジグなども楽に引け、オープンからカバーまで幅広いエリアに対応します。

 

ゾディアス172MH

パワーや感度に加え、優れた遠投性能を発揮するロング&パワーバーサタイル。10~30gのルアーに対応。ビッグレイクやオカッパリのロングディスタンス攻略では欠かせないアイテムです。

エクスプライド172MH

パワーと遠投性能をUPさせたバーサタイルロッド「172MH」。飛距離が必要とされるフィールドでは絶大な威力を発揮します。フルキャストしても体への負担が軽減するよう、ロッド全体が荷重を分散しながら曲がるブランクスに設計。心地良くフルキャストを繰り返すことができます。クランクベイト、スピナーベイト、小型スイムベイトなどの巻物だけでなく、テキサスリグやラバージグにも対応。ピッチング&フリッピングで近距離カバーを攻める操作性、そして一気にバスを浮かせるリフティングパワーを備えた頼もしいロッドです。※ブランクス性能を損なわず、移動や保管に便利なグリップ内ジョイント仕様。

出典:SHIMANO

すべての竿に共通して使われるのは、’バーサタイル’という便利なキーワード。

これはこれとて、単体で当てはめると、決して間違ってはいません。

適用範囲が広く、汎用性に優れた番手であることは確か。

それぞれの特徴が分かりにくい

しかし、同じMH同士で、それぞれどういう竿なのか、どう特性が違うのか、という点では分かりにくいと思います。

 

その竿の持つフィーリングが、実際に購入してからでないとわからない。

試投が出来ない、ロッドの泣き所とも言えますが…

 

投げてみるとハッキリとフィーリングや、適応が違うように感じました。

ゾディアス1610MHは巻物向き。

そんなゾディアス1610MH、’パワーバーサタイル’と銘打ってはいますが、ゾディアス172MH、エクスプライド172MHと比較すると、明らかに’巻物向き’なフィーリングだと、感じました。

 

MH表記にしては柔らかめでモッチリとしたブランクス。

さらにエクスプライドよりもガイドが少なく、ガイド径も大きいことから、キャストアキュラシーに優れています。

そしてティップ径がゾディアスの方が太いので、巻物のバイブレーションを感じやすい。

 

クランクベイトやチャターベイト、スピナベなどに向いた、乗せ重視の巻物竿、といったところ。

エクスプライド172MHはワーミング向き。

逆にヘビキャロなどのワーミングに使用する場合は、ガイド数や、ブランクスの感度の良さから、エクスプライド一択になるでしょう。

シャッキリ硬め→エクスプライド

シャッキリ、硬めなのはエクスプライド172MH。次いでゾディアス172MH。最後にゾディアス1610MHの順。

硬い エクスプライド172MH>ゾディアス172MH>ゾディアス1610MH 柔らかい

良い製品

数年前では考えられないほどのクオリティと、コストパフォーマンスを誇るゾディアスシリーズ。

せっかくのコストパフォーマンスや性能も、紹介文ひとつで、ニーズとマッチングするかしないかが決まってくると思うのです。

説明文がプア

製品に注力しすぎて、説明文をおろそかにしてしまうのは本末転倒ではないでしょうか。

販売価格が安いだけに、説明文は、コスト削減の際に、真っ先に白羽の矢が立つ部分であることは承知していますが…

もう少し竿のフィーリングについて、分かりやすく記載していただけると、消費者としては有り難いのですが…

すべて’バーサタイル’としてまとめてしまうのは、方向性がかなり違いますので、少しもったいない気がします。

 

まとめ

 

dsc_0295 

決して安かろう悪かろうではないゾディアスシリーズ。

エクスプライドシリーズとの違いや、それぞれの番手の狙いどころやフィーリングをよく知ってから、購入すると、求めていたモノとマッチしてより良いフィッシングライフが送れるはずです。

SHIMANOの言う、’バーサタイル’には罠がいっぱいwですので、購入者のインプレッションを良く読んでから購入することを強くおすすめします。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ゾディアス1610MH★

エクスプライド172MH★

ゾディアス172MH★

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です