バンタムMGL オーバーホール前編。美しきコアソリッドボディ。

スポンサードリンク

希代のタフベイト、バンタムMGLをバラしてみました。

シンプルな構造で、メンテナンス的な観点から見ても名機です。

バンタムMGL オーバーホール

 

 

さて、2019年のシマノ新作リールの情報も出そろったこのタイミングで、2018年再注目株であったバンタムMGLを入手しました。(遅っw)

ギア比5.5のPG(パワーギア)、LEFTハンドル仕様。

とりあえずしばらく釣りに行く予定が無いので(汗、まずはタフネス系アングラー待望の名機であるバンタムMGLを全バラします。

そのタフネスさの源泉を確認しつつ、楽しみたいと思います。

ハンドル回り

 

まずはハンドル回りをばらします。特に難しい点はありません。

ドラグ音出しピンの紛失に注意するという事ぐらいです。

 

メインギア

 

メインギアオープン!真鍮製のMMギアです。

 

ドライブギア軸やピニオンギア、クラッチ機構等をバラす

 

ドライブギア軸周辺の部品をバラシて行きます。

ピニオンギア、クラッチ機構等も一気にやっちゃいます。

ウォームシャフト回り

 

ウォームシャフトの支えはカラーになってます。

だいたいバラした

 

ほぼ全バラ状態。特にややこしい作りとかは有りません。

他のシマノリールとよく似ています。

 

注意点

ウォームシャフトギアのEリング

 

ウォームシャフトギアのEリング(写真中央)が、タミヤのEリングセッターが入る隙間がありません。

なのでマイナスドライバでこじって外すしかないのですが、ぶっ飛び注意です。

 

BB押さえバネ

 

本体A側のスプールベアリングを支える、「BB押さえバネ」と呼ばれるバネが有るのですが、これがとても外しにくいです。

内部の一番奥に溝が切ってあって、そこに、バネのやや径が大きくなった部分がはめ込まれている為です。

バネを引っ張ってもなかなか外れない上、バネがバカになってしまいます。

そこで、外側からヘッジホッグスタジオのハンドルノブリムーバーでスプリングをこじって外しました。

その際、本体に傷をつけないよう注意が必要です。

 

B側サイドカップが無い

 

さて、既にご存知のように、バンタムMGLにはB側のサイドカップが有りません。

その為、ウォームシャフトのB側の取り付け部分が、ウォームシャフトパイプとウォームシャフトが突っ込まれているだけという、非常にシンプルな構造となっています。

B側に忌々しい?Eリングも無いのでとても楽でした。(メインギア側のウォームシャフトギアに1か所あるのみ)

この作りで、この価格。

 

ほんとにコアソリッドボディの造形にはほれぼれしますね(*’▽’)この作りでこの価格とは…

 

バンタムMGL、コストパフォーマンスに優れた一台であるという事を、改めて感じました。

使用ツール

 

バンタムMGLをバラす為に必要なツールのご紹介です。シンプル構造なので、ツールも数種類で済みます。

Wera製ドライバー

Wera(ヴェラ) 2050 ミクロドライバー +0X60 118022

Wera(ヴェラ) 2050 ミクロドライバー +0X60 118022

675円(05/27 08:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

番手は、118022 PH0(プラス)、

Wera 2035 ミクロドライバー -0.50X3.0X80 118010

Wera 2035 ミクロドライバー -0.50X3.0X80 118010

611円(05/27 08:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

118010 0,5×3,0(マイナス)の2種類のみです。

緩み止めが付着したやや硬めのねじが何本かあるのですが、食いつきのよいWeraのドライバーなら全く問題なしでした。

HOZAN ピンセット

細かいツールのピックアップに手放せない、HOZAN製のピンセット。

なければないで作業できるのですが、あれば捗ります。

ヘッジホッグスタジオ トラストレンチ

HEDGEHOG STUDIO トラストレンチ Ver.3

トラストレンチ。ハンドルロックナットの取り外しに使います。

ヘッジホッグスタジオ ハンドルノブキャップリムーバー

ハンドルノブキャップリムーバー

ハンドルノブキャップリムーバーですが、ハンドルノブキャップだけじゃなくて様々なパーツの取り外しに重宝します。

「引っ張る」作業が非常に捗りますね。

今回はスプリングとかウォームシャフトパイプの取り外しに活躍してくれました。

まとめ

B側サイドカップの無い、一体成型のフルメタルボディ構造は、メンテナンス性にも優れた一台であると感じました。

バンタムMGL、イイリールです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です