安い。頑丈。 リングスターのドカットが 合理的なルアーボックスである理由

スポンサードリンク

私の周りのバサーの間でひそかに流行っている
アイテムをご紹介したいと思います。

 

 
最近のレンタルボートスタイルでこんな箱を見かけませんか?
  
株式会社リングスターさんのドカットです。
私の周りのバサーはみんな持っています。
非常に安価に手に入りますが、とても便利なのです。

 という訳でドカットの利点を紹介したいと思います。

タフネス

DSC01297

 

とにかく頑丈で、座ったり立ったりしてもビクともしません。
釣行中はデッキの上に置いて、椅子替わりに使っています。
そうすれば、ルアーボックスと椅子が兼用になるので、
脚立を持ち込む必要が無くなり大きい荷物が1つ減ります。

荷物がとても多いボート釣行ではこれは大変助かります。
 
ただし脚立のほうが高さがあって座り心地が良いので
良く座る人は脚立スタイルがいいかもしれませんね。

私の場合、結構立っている時間が長いのと極力荷物を減らしたいので、
ドカットを持ち込んでの脚立無しスタイルにしました。

また、バックシートで過ごす場合は、
ドカットの上に立ってサイトフィッシングをしたりしていました。
ちょっと不安定なのでこれはあまりやらないほうがいいと思いますが…
強度的には全く問題ありませんでした。

安い

私はキャスティング南柏店で、セールで2000円程で購入しました。ネット販売でもほぼ同様の金額で購入できるみたいですね。

MEIHOのルアーケースとサイズがピッタリ

購入してから気づきましたが、
なぜか測ったようにMEIHOさんのルアーケースがピッタリ収まります。
とてもキレイに収納することが可能です。
これは嬉しい誤算でした。

プロフェッショナルの道具 

本来は工具入れとしての使用が想定されているみたいですね。

この業務用、というかプロが工具入れとして使用する、プロユース感がなんだかカッコいいです。全然別の用途に使いますが。

一日分のルアーの量にピッタリ

あとはサイズがとてもちょうど良く、だいたいこの箱に入るぐらいルアーを持っていければ、ボート釣行で一日でやりたいルアー分ぐらいは入ってしまいます。
ここについてはだいぶ個人差もあるかと思いますが…

 私はこれに入りきらないときは、もって行き過ぎだと判断し、
(たぶんやりきれない量になってしまう)入りきる分まで整理します。
 
あとはとてもシンプルなのでステッカーを貼ってチューンするとカッコいいですね。
私の仲間内では各々好きなメーカーのステッカーを貼って
かっこよくチューンして使用しています。
  
  

 
  
  
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です