エバーグリーン [FACT] ギズモ。高単価だけど…ラストエースがあまりにも釣れるので。

スポンサードリンク

EverGreen[エバーグリーン] FACTのギズモを試しました。

正直、1個で定価1,100円と、かなり高単価な虫系ワームですが…

FACT ラストエース75があまりにも釣れるので、試さずにはいられませんでした。

福島健氏入魂の虫系ワーム ギズモ インプレ

 

出典:エバーグリーンインターナショナル

SPEC

全長 40mm
自重 3.0g
Type フローティング
Color #06スズメバチ

FACT ギズモ、買ってみました。

気になってはいるものの、さすがに高単価なので二の足を踏んでいる方、多いのではないでしょうか。

1個で1100円と、虫系ワームで最高に高い部類に入ります。

お値段のハナシばかりで恐縮ですが…

 

ラストエース75が素晴らしすぎて

 

福島健氏が開発した、ラストエース75がめちゃくちゃよく釣れるので…

この「ギズモ」もラストエースばりのルアーパワーを持っているかもしれない…?

という動機です。

そのぐらいラストエース75は素晴らしいです。

 

スズメバチ

 

あとは、このカラーリングにヤられました。

ちょっとえぐい?とも思える、スズメバチ。警告色MAXです。ボートデッキに置いといたら、自分で見間違えてビビりそうww

バスってハチ喰うんだろうか..のどの奥刺されそうですがw

 

有りそうでない、良いカラーリングです。

何となく、イメージですがスモールにもよく効きそう。

 

エラストマーボディ&特殊フック

ボディはエラストマー製。ちょっと保管に気を使いますが…釣れても壊れにくいです。

フックも初めて見た形状だし、専用設計っぽい。そしてフックのシャンク部分にオモリが装着されています。(下に写真掲載してます)

なるほど、これは金がかかっているな…

 

ギズモボックス

 

FACT愛に溢れた方のために、’ギズモボックス’なるアイテムもリリースされております。

これ、ギズモに限らずエラストマー素材のルアーを保管するのに良さそう。

移動距離をとにかく抑えたアクション

 

見ての通り、かなり大き目なレッグ?アーム?パーツが鎮座しております。

こいつの抵抗がかなり大きく、いわゆる「移動距離を抑えた」アクションを実現しておりました。

 

見せつけて喰わせられる

個人的に虫系の良し悪しは、アクション云々よりも、「止めたときに見切られにくい事」だと思っております。

ギズモちゃんはしっかり止めたときに喰ってきたので、第一印象としてはなかなかよろしい感じがいたしました。

もう少し何匹か釣りこんで、しっかりと喰わせ能力を判定したいと思います。

 

改善求む

一匹釣ると、フックとボディがずれてしまいます。

まあそれは仕方がない事なのですが…

 

↑これは、あるべき姿。

ガードがボディに開けられた穴から出てます。

 

こうなっちゃいます。

ガードが、穴から出てしまうのです。

 

小さい穴なので、ここにガードを通しなおすのがクソムズイんです。(ガードが柔らかいため)

 

結局、フックアイとガードを一度ガードの穴から出して、フックアイだけ元に戻す、というやり方で直しましたが…

かなり繊細な作業が求められますw

 

これはリズム崩れるし、良くない作りだと思います。

改善して欲しいポイントです。

 

まとめ

カラーやシルエット、アクションは素晴らしいだけに、ガードの不具合だけがちょっと気になってしまいました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です