高速リサイクラー! インプレッション 超高速!気持ちいい!

スポンサードリンク

バスフィッシングにおいて1,2位を争う面倒くさい作業、ライン巻き替え。

しかし常に「次の一投で釣れる」と思ってキャストする。
そんな思考で釣りをするならば、ラインチェック、交換は決しておろそかにしてはいけません。

面倒な作業の効率化を実現してくれる、「高速リサイクラー」の良さについてシェアします。

高速リサイクラー

第一精工 高速リサイクラー

第一精工 高速リサイクラー

 

ラインを巻き替えるときのお悩みは尽きません。

まずはスプールから古いラインを取らなければならないですね。

手で取ると取ったラインはぐちゃぐちゃになり、そして取るのに非常に時間がかかります。

高速リサイクラー

 

そのあとは新しいラインを巻き付ける作業。

ボビンにボールペンを刺し、足で固定して、足が攣りそうになったり。

テンションをかけてリールに巻きつけたいので、足でぎゅっとボビンを押さえつけて巻くと足が熱くなって火傷しそうになります。

しかもうまく固定できなくて、ボビンからラインが必要以上に出てしまったりしてかなり面倒です。

そんなお悩みをすべて解決してくれるのが「高速リサイクラー」

たかがライン巻き替え用の装置に何千円も出すのは躊躇しますが、あると大変便利です。

そのメリットをシェアします。

使い方

第一精工 高速リサイクラー

第一精工 高速リサイクラー

 

こんな感じで、何かの台などに万力のように固定します。

第一精工 高速リサイクラー

第一精工 高速リサイクラー

 
第一精工 高速リサイクラー

第一精工 高速リサイクラー

 

出典:第一精工

回転軸にラインのボビンを固定して、あとはハンドルをガラガラ回して使用します。

この回転軸にしっかりとラインのボビンを固定できることにより、非常に快適にライン交換を行うことが可能です。

効果

適切にテンションをかけられる

第一精工高速リサイクラー

第一精工高速リサイクラー

 

リールにラインを巻きつけるとき、図の赤いネジを調整するだけで、回転軸の回転抵抗を調整することが出来ます。

それにより適切なテンションを保って巻きつけることが可能です。

ベイトリールに硬いフロロカーボンのラインを巻きつける時など、適切なテンションで巻きつけれないと、最初の1投目で大バックラッシュ!なんてことも起こりやすいですがそういったリスクを軽減可能です。

リールのラインをボビンに戻せる 

第一精工 高速リサイクラー

高速リサイクラーのハンドルをリールのように回して、リールのラインを素早く回収出来ます。

余ったボビンに巻きつけておけば、ラインの再利用も可能。

そして捨てる時もボビンに巻きつけられた状態なのでスマートですね。

 

PEラインの天地返し

PEライン

 

peラインを長期間使用する場合、天地返しが必須です。天地返しとは、ラインの先頭と、末尾を入れ替えて巻き直すこと。

ボロくなった上側のラインと、スプールに近いキレイなラインを入れ替えて使うのです。

高速リサイクラーと、予備リールを使った天地返しの手順

①リール1からリール2に巻き替える
②高速リサイクラーを使用してリール2からボビンに巻きつける
③高速リサイクラーを使用してボビンからリール1に巻きつける

リール1からリール2への巻き変えは、下の図のように、リール1とリール2をそれぞれロッドにセットし、一番下のガイドのみラインを通します。そしてリール1のベールを返して、リール2で指でラインテンションをかけて巻き取ればOKです。

リール1からリール2への巻き替え方法

リール1からリール2への巻き替え方法

 

 

…私はこんな感じでやってますが、もっと良い方法があるかもしれません..

 

天地返しの最も簡単な方法

でももっとも簡単な天地返しの方法は、同じリールもしくは、スプールの互換性のあるリール二台を用意して、リールtoリールに巻き替えてスプールを入れ替えれば完成しますね。

同じリールの場合、スプールを入れ替える必要すらないかもしれません。

 

高速リサイクラー2.0

 

上位モデルとして、ベアリングを3つ内蔵した、高級版の「高速リサイクラー2.0」があります。

普通の「高速リサイクラー」に、ベアリングを搭載したモデル。

2.0は使ったことがありませんが、正直、普通の「高速リサイクラー」で十分です。

価格差は2000円ほど。

デメリット

音がうるさいです。ガラガラガラガラ…と盛大な音がします。

夜中のライン交換はやめといた方が賢明でしょう。しかしだいたいライン交換するのは、釣りに行く前夜になるので、悩ましいところです..

2.0はこのあたり改善されているんでしょうか。

まとめ

まだまだ工夫次第で、高速リサイクラーの秀逸な使い方があるかもしれませんね。

もしあれば教えてくださいw

ライン巻き替えにまつわる時間の大幅短縮が可能です。

すこし高いですが、リールを何台もお持ちの場合、大変効果的なアイテムになっています。

面倒なライン巻き替え作業は高速リサイクラーにすべて任せて、快適なバスフィッシングライフを送ってみてはいかがでしょうか。

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です