亀山バス釣り。ガッツリ濁りが入ったときは釣れるのか、釣れないのか。

スポンサードリンク

春の亀山ダムへ行ってまいりました。

本湖激濁りの状況でしたが、アベレージサイズを数本GETできました。

キツイ濁りは、バスアングラーにとって、プラスなのかマイナスなのか。

亀山ダムの状況と、悩ましい「濁り」について考察します。

節約テトリス

恒例の週末亀山!

今回も、友人3名で行きました。

ボート割りは、12ftに1名と、14ftに2名。

節約する為、車一台に、レンタルボート2台分の荷物をフル積載。

いざ亀山へ。

野村ボート

野村ボートから出船しました。

GW前週という事もあってか?人はいつもの週末よりも少ない野村ボートでした。

野村周辺はがっつり濁り

 

野村ボート周辺の水質は、かなり強い濁りが入っています。

野村周辺がここまで濁りがキツイときはあまりないような気がします。

LET’Sカバーフィッシング

ここまで濁っていると、カバーべったりかな?

という予測を立てて、「避難バス」を目指し、とりあえずワンドへ入って、ネコやテキサスで打っていきます。

すると友人に2連ちゃんHIT!

HITルアーはトルキーストレートのみみずぅ4.5inのスナッグレスネコリグ。

12ftの友人もカバー絡みでGETしたと連絡が。

カバー攻略を中心に。

という訳でカバーでの反応が良い為、カバーフィッシングを続ける事に。

すると私のブルフラット3.8inテキサスにもバイトが。

カラーは、シャンパンペッパー・ネオンパール。

大きさはほどほどですが嬉しい一匹。

 

カラーはバスからの視認性を高めるため、白系を選択。

本当はブルフラットは軽めのシンカーを使ったほうが持ち味のスパイラルフォールが出やすいのですが、カバーが厚かった為、10.5gのシンカーをチョイス。

重たいシンカーをあわせたすり抜け重視のセッティングにしても、パーツの少ない形状の為、よく抜けていくのもブルフラットの美点です。

午前中のうちに精神安定剤バスをGETできました。

亀山ダムのカバー

亀山ダムの魅力の一つに、釣れそうな良いカンジのカバーが延々と存在しているという点があります。

(亀山には当たり前に存在するこういったカバー、相模湖や津久井湖などの神奈川フィールドでは貴重なんです)

ただあまりにもその数が多く、絞りにくいという欠点もあるのですが。

医院下へGO

そして、亀山でカバー地獄といえば、「医院下」ですよね★

延々と続く、竹や木によるレイダウン、カバーが続いている超有名ポイントです。

 

カバーの調子が良かったため、医院下に向かいました。

すると友人が、医院下入り口で、エスケープツインのテキサスリグで一本追加。

カラーは、バンドウカワエビ。

小櫃川へGO

濁りを打ちまくっているのも、それはそれで楽しいですが、水質の良いエリアもチェックすべく、小櫃川へ偵察に。

上流に上がるにつれ、水質は良くなりました。

最上流部の通称「プール」まで上がってみます。

ちらほら見えバスがいますが、大きいサイズは不在。

スプーキーで喰わせにくいということもあり、戻ることにしました。

猪川

猪川も上がってみます。

しかし猪川はこの日は不発。

生命感ナシ。

この日、濁りは+だったのか。

この日の強い濁りについて、釣果への影響はあったのでしょうか。

濁り=釣れないはウソ

私がバス釣りビギナーの頃は、訪れたフィールドの水質がカフェオレレベルでドチャ濁りだったら、なんとなく釣れない気がしていました。

今でこそドチャ濁りでもぜんぜん釣れる、という認識がありますが、知らなければ、少なくともマイナス要素として考えてしまいます。

プラスもマイナスもある

強い濁りの「釣れない要素」。

濁りが入った場合、視界が悪くなりバスがルアーを認識しにくい。

ルアーを鼻先に落とすか、音や波動で誘わないと、喰ってくれません。

 

強い濁りの「釣れる要素」。

普段より騙しやすく、ルアーアクションが雑でも食ってきやすい、というプラス要素が働きます。

アングラーの存在に気づかれにくいので、普段よりもポイントに大胆に近づくことも可能です。

 

マイナス要素、プラス要素両方存在するので、濁っているときの対応方法を実践すれば、濁っていないときと変わらず釣れる、というのが私の実感です。

カバーに付く

セオリー的なお話ではありますが、強い濁りが入っているときは、何も見えない、怖がるバス達がカバーにべったり依存しがちです。

これは事実だと思います。

カバーに依存している確率は、クリアアップしているときよりかなり高まっていることが多いです。

大切なのは気づかせる事

存在感のあるルアーを、バスのすぐ近くに通せるかどうか、を意識する。

強い濁りが入っているときは、バスがルアーに気付きにくいです。

カラーや波動が大事

強い濁りの中でも、存在感や視認性を考えたルアーをチョイスしてみる。

強い波動が出るもの、ソリッドブラックや、ホワイトなどのシルエットがはっきり出るカラーを選択。

個人的には濁りが入ったら、ホワイト系がおすすめです。

ライトリグは釣れない?

波動が弱く、見えないので、バスがルアーに気づかない。

ただ、バスがエサを見つける能力は、アングラーが思っている以上に高いので、必ずしも濁りのライトリグが×かというと言い切れません。

しかし普段よりも反応し難いというのが実感としてあります。

操船には注意が必要

強い濁りが入っているときは、操船には十分に注意が必要です。

普段露出しているはずのストラクチャーが見えなくなっていたりと、危険がいっぱいです。

増水時に狭いバックウォーターに無理に上がることも危険です。

常に安全第一を心がけて行動します。

タックルデータ

rod

DAIWA ブラックレーベルプラス7011HRB

reel

SHIMANO ’07メタニウムMg7

Line

DAIWA DEFF BASS フロロ 16lb

Rure

zapp バレットショットシンカー3/8oz

ブルフラット3.8inシャンパンペッパー&ネオンパール

まとめ

激ニゴリの際も、諦めずにkeep castingしていると、きっと反応が返ってくるはずです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です