レイドジャパン フルスイング5インチ。硬め濃いめシャッドテールワーム。

スポンサードリンク

レイドジャパン フルスイング5インチのインプレです。

硬めマテリアルと強めの存在感を誇るシャッドテールワームに仕上がっていました。

リスペクトしている!?ケイテック・スイングインパクトファットとの比較をしてみます。

 

レイドジャパン フルスイング5インチ

 

レイドジャパン フルスイング5インチを試しました。

「フルスイング」という事で、なんだかとても景気の良いネーミングですw

その名称から察するに、ケイテックのスイングインパクトをリスペクトした感じでしょうか。

キャスト性能GOOD

自重は約19gで、ノーシンカーでぶっ飛びOK。

粋なパッケージ

 

2つに分割出来る粋なパッケージ。五本入りで、下2つが切り離せます。

 

2つ組みの方を、オカッパリバッグに入れてね、って事でしょう。もちろんボートでも省スペース化に貢献。

しかも、フックを装着したまま収納可能という至れり尽くせり。

 

粋な事しますよね〜(o^^o)ブリスターパッケージ、嵩張りますからね。

 

アイディアは浮かんだとしても、実際にこの仕様に仕上げてくるのが素晴らしいところ。

ツボを心得てるというか、これがこうだったらなあ〜ってところをしっかりやってます。

硬めマテリアル

結構肉厚で硬めなマテリアルはハリモチ良好です。硬めで有名な!?depsのマテリアルぐらい、という言い方で伝わりますでしょうか。

シャッドテールワームの弱点である、ヘッド部分の身切れ等は起こりにくい。

ストレスを潰す作りが好感度高い

…という訳で、シャッドテールにありがちなストレスに対して、解決策を提案してくるRAID JAPAN。

先日、マスタブラスタを触った時も、ワイヤーが1.4mm径でタフネスだったり、飛距離が心配ない自重に仕上がっていたり。

おかっぱりのみならず、バスフィッシングにおけるストレスをしっかりと潰す作りになってます。

 

この辺りはさすがだなあ。と思うわけです。レイド人気の理由を垣間見た気がします。

全身を覆うリブ

 

全身を覆う斜めリブが特徴的な外見。いわゆる「水噛み」的な要素を追求した感じでしょうか。

 

スイングインパクトファットとの比較

 

テール部分のみならず、ボディ後方をフリフリとスイングさせるアクションは、たしかにスイングインパクトファットと同じぐらい強めな仕上がり。

比較したサイズが違う(写真のスイパクは3.8インチ)ので一概に言えませんが、スイパクもサイズにしてはテールのサイズが大き目ですが、フルスイングも同様に大き目のテール。

 

あと、もしかして同じ工場!?ってぐらい、匂いが似てますねww

 

流行に乗っかって、北大祐氏のパワーランクシステム的に言うと、4か5です。

(あれはハードベイトのハナシですがw)

 

確実にいるとこで一発勝負!とか、朝イチガンガンベイト追っかけてるバスを広範囲に効率よくサーチ!とかそんな使い方が良さそうです。

あとは濁りの入ったシチュエーション。

 

ビシバシキャストしても身切れなどのストレスを感じないですし。

フック

 

フックはカルティバ社のマルチオフセットの6/0を使用しました。(メーカー推奨サイズは5/0)村上晴彦氏プロデュースです。

以前リューギのLTオフセットがシャッドテールにすごくイイです、という記事を書いた際に、ツイッターのフォロワーさんが教えてくれたやつ(^o^)/

こちらもロングシャンク仕様でズレない快適仕様でした。

特徴的なタテアイ、ですが、正直なところまだ違いが明確になるほど使い込んでおりませんが、左右ズレが無くなることによりストレスが軽減されます。

 

まとめ

レイドジャパン フルスイング5インチのインプレでした。

ネーミングに負けない、パワフルなシャッドテールワームに仕上がっていました。(安定供給望みますw)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です