そうか、シマノ BFS専用オイルスプレー SP-017Pは化学合成油なんだ。化学合成油と鉱物油の違い。

スポンサードリンク

シマノのBFS(ベイトフィネス)専用オイルスプレー。

普通のリールスプレーオイルとの違いってどこにあるんでしょうか。

化学合成油と鉱物油の違いを考えます。

シマノのBFS(ベイトフィネス)専用オイルスプレー

アルデバランBFSのオーバーホールの際に、リールオイルにBFS専用のモノを使ってみました。

普通のオイルでも十分だと思ったのですが、「BFS専用」ってのが売られている以上、気になってしまいました。

高い理由

このBFSオイル、普通のオイルと比べ倍ぐらいのお値段がします。

なんでこんな高いんだろう。普通のリールオイルと何が違うんだろうと思っていたのです。

その理由を探る為に、人柱として購入してみる事にしたんです。

 

んで、成分表を見てみると、なるほど「化学合成油」なんですね。

科学合成油>鉱物油

ちょっと畑違いの例ですが、自動車やバイクの潤滑に使われているエンジンオイルにおいても、化学合成油、鉱物油と2種類のオイルが存在します。

(半化学合成油、なんてのもありますが、ここでは割愛)

 

鉱物油

鉱物油は、原油を蒸留して精製された、昔ながらの普通のオイルです。

価格は安いですが、耐熱性能に劣り酸化も早く、劣化スピードは速い。

そして、分子構造のばらつきが大きい。

化学合成油

化学合成油は、原料は鉱物油と同じですが、複雑な過程で精製され、可能な限り不純物を排除した高純度のオイルです。

まあ誤解を恐れずにざっくり言えば、より純度が高く性能がイイのが化学合成油という訳です。

 

一般的には高出力のスポーツカーやスポーツバイクといった高性能車には、化学合成油が指定オイルになっている事が多く、この二つのリールオイルを見て、馬力のある高性能車には「化学合成油」を入れていたなあ、なんて事を思い出したのです。

で、やっぱりリールオイルも高いのは化学合成油なんですねえ。

 

リールに必要なのか。

正直言って、体感できるほどの差があるかと言われると非常に難しいところではあります。

価格は2倍にもなるので…

 

車やバイクといった内燃機関のエンジンオイルは、エンジンが熱を持ったときの性能なども求められる為、リールオイルよりも過酷な状況でその性能が試されます。

こんな事を言うとリール屋さんやその道のプロの方に怒られるかもしれませんが、リールオイルに求められる性能は内燃機関に求められるソレよりはシビアではない気もします。

 

リールも高回転

ただ、リール自体や、使われるベアリングも精密な工業製品であるのには違いないですし、キャスト時のスプールの回転数はかなりのものでしょう。

なので、高性能な化学合成油を奢ってあげるという行為は、決して意味のないモノではないハズです。

内燃機関の世界では、こだわる方は必ずほぼ化学合成油をチョイスする傾向があったようにも思います。

 

ワンプッシュ式

あと、同じに見えますが、スプレーの仕様が若干違います。

BFS専用の方はワンプッシュ方式になっていて、必要量だけ出る仕組みになっています。

普通の方は単なるスプレー方式で、ずーっと出続けます。

 

鉱物油、化学合成油という違いや、スプレーの仕様がかなり違うという両者。

そっくりな見た目で、なぜか値段が倍ぐらいという謎仕様なので、もっと違いを分かり易くした方がいい気がしますw

 

まとめ

ちょっと贅沢な化学合成油を使用して、BFSリールを気持ちよくメンテナンスしてみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です