秋の相模湖 バス釣り?紅葉狩り? 季節進行具合をチェック!

スポンサードリンク

秋の相模湖へ紅葉狩りに行ってきました。

想像以上に季節進行が進んでおり、厳しい展開になりましたが..

シャローにバスが居なくなるXデーはいつなのか考察します。

 

秋の相模湖

 

秋の相模湖に行ってきました。

何度頭の中でシミュレーションしてもデコるイメージしか浮かばないこの時期の相模湖です。

コンディション

 

天候は晴れ。水温は朝イチ13度台で、昼間は15度~16度台まで上昇。

すでに、低水温期に片足を突っ込んでいるような状況です。(まだまだですかね?)

 

この時期特有の、研ぎ澄まされた湖の雰囲気はとても好きww

バスマニアさんの大会が翌日に開催予定だったみたいで、プラで入られているライブウェルを積んだアングラーの姿が目立ちました。

まだまだ本気の釣り好きは湖上に浮かぶシーズン…ですよね? (*´з`)

秋川屋さん

 

いつもの秋川屋さんから出船。

 

高低差ゼロの秋川屋さんはホント準備が楽だし、便利なデッキ付き12ftでさらに楽をさせてもえます。

正直釣果的には厳しいこの時期、せめて準備の負担は減らしたい..というのがホンネですのでありがたい。

釣果

 

釣果はデコ。脳内シミュレーションどおりの結果でしたw

正直ネタに困る感じですが、季節進行具合や、各エリアの様子をシェアします。

ディープ修行

 

まずはディープ修行からスタート。

 

ソアリン1.8in縦割りと、レッグワーム2.5inソリッドブラックの二本立て。間違いないヤツら。ですが使い手の実力が伴っておりません。

魚探の怪しい影を追いつつ、奮闘します。

 

秋山川は魚探の反応が乏しかったので、日相園前、吉野ワンド、勝瀬橋下のオイルフェンス周辺、柴田ボートさん周辺など冬の定番スポット!?を重点的にやりますが無。

シャローマンもやる

 

シャローマンも諦めきれないので、スピナベ、クランク、テキサスで流します。

昨年の経験から、12月中旬ごろまではシャローでバイトを得られるチャンスも絶対にないとは言い切れないので…

でも甘くないです。

ディープの定番スポット

 

勝瀬橋下や、日相園前といった定番スポットには船団が出来ておりました。

もう、ダウンショットやメタル系などの低水温期の釣りがメインなんですね。皆さんドラッキングしたり、シャクったりされておりました。

 

シャローもまだいけるかも

個人的には全くノー感じでしたが、どちらかといえばシャローなポイントでナイスフィッシュをGETされている方をお見掛けしました。

とても難しい事には違いありませんが、やっぱりまだディープ専門に移行するのは早い!ような気がしました。

(人様が釣っている姿を盗み見しただけというなんとも微妙な感じですいません..が、先述したように、昨年からこの時期に相模湖に訪れているのですが、12月中旬ぐらいまでちょいちょいシャローでの釣果情報があります。)

という訳でXデーはまだちょっと先のような気がしています(*^^*)

まとめ

 

だいたい予想してたけどやっぱり厳しかった秋の相模湖。

もう一回バス触ってシーズン締めくくりたいなあ..なんにもならん記事失礼しました!

あっ、紅葉はこれからハイシーズンな感じでしたよw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です