【SPIKE IT! DIP-N-GLO】スパイクイット ディッピングローでワーム染めタロー。

スポンサードリンク

米国生まれの怪しい液体、SPIKE IT! ディッピングロー。

ワームを染めてみましたので、その使用感をシェアします。

SPIKE IT! ディッピングロー

 

さて、SPIKE IT! ディッピングローなる怪しいケミカル。

‘SOFT PLASTIC LURE DYE’と書いてある通り、ワームを染めるヤツです。

IT’S EASY!らしいっすw

ボトルタイプペンタイプがリリースされておりますが、ボトルタイプにしてみました。

 

今回入手したカラーはCHARTREUSE

他にもBLACKBLUEORANGEFIRE REDHOT PINKとラインナップされており、なかなかの多色展開w

 

釣具屋に置いてあって、気になるけどなかなか試さないヤツです!

ちゃんとワームは染まるんでしょうか。人柱になってみました。

ケミカル臭

 

おそるおそる蓋を開けると…

 

ツンとくる刺激臭で、まあまあ臭い…

だいたい予想してたけど、やっぱり臭いw

シンナー系の、除光液っぽい匂いです。

 

一応、パッケージに「CRAWFISH」と記載があるので、ザリガニ味?のはずなんですがザリガニ感は皆無です。

 

SPIKE-ITのワーム補修材、Fix-A-Lure(フィックスアルアー)と同じオイニーがします。

屋内でやる場合、ちゃんと換気する必要があります。

ディッピン♬

 

早速ディッピンしてみました。ユニオンクローのグリパン君に犠牲になってもらいます。

 

おああ~。(ユニオンクローの叫び)

 

…どうなんだコレ感。

当たり前ですが、濃色系はイマイチ映えないようです。

ドライブスティック(ワカサギ)

 

お次はワカサギカラーのドライブスティック君。

 

うむ、こちらはなかなかの出来栄え。

デビルシェイカー

 

お次はデビルシェイカー。

こちらも淡色系なので、しっかりと’チャート感’が出ました。

最初からこうだったかのような質感です。

ブルフラット

 

懲りずに濃色系w

…やっぱり微妙でした。

フラッシュJ

 

シャレでクリアのフラッシュJを染めてみました。

これは当然鮮やかに染まりますw

 

もとからチャートだったかのような出来。

注意点

これ、ディッピンしているときに、ボトルを倒す可能性があります。かなり不安定。

マジでこぼし易いと思います。

こぼしたらワロエナイ…そういう意味でペンタイプの方が安全かも..

まとめ

以上、SPIKE-IT! ディッピングローの使用感でした。

ワーム補修の時にいっしょにやると楽しいかも。童心に返って夢中になれるアイテムですねえ(‘ω’)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です