ワームは動かした方がいいのか。動かさない方がいいのか。

スポンサードリンク

ワームのアクションは、動かした方が良いのか、動かさない方が良いのか。

水流によるナチュラルアクションと、ロッドワークによる意図的なアクションがもたらす影響について考えます。

動かさない方が釣れる

 

ワームのアクションは、どうするのが最も釣れるのでしょうか。

 

「使うリグや、その時のコンディションによるでしょ。」そんなお叱りを受けそうですがw

私が感じているのは、多くの場面で「動かさない」事がバイトをより多く得られるように感じています。

 

つまり、下手なアクションをつけるぐらいなら、ラインスラッグだるだるにして、水流によるナチュラルアクションを発生させた方が釣れる。

そう考えていました。

動かす方が釣れる時もある。

 

 

しかしながら、先日、kakedzuka.com管理人であるカケヅカさんとの釣行時に、私の安易な考えがバラバラになるような、衝撃的な出来事がありました。

それは、カケヅカさんがカバーの中でワームを動かす量です。

私がこれまで考えていた以上にカバーの中でワームを揺らすカケヅカさん。これにはかなり衝撃を受けました。

 

繊細なカバーフィッシング

 

もちろんカバーに近づく際は、超繊細に近づきます。エレキも絶対踏まないし、一旦カバーに入った後の移動方法は、木を手で掴んでボートを動かします。さらにボート上でモノを落とさない様にしたり。

ワームの動かし方が想定外

 

その一連の、いわば「ルーティーン」の中で、唯一私の想像と違ったのがワームの動かし方でした。

動かす量を文章で言い表すのは難しいですが、私はいつもカバーの中に入れたワームは、ネコリグやダウンショットをシェイクするように、控えめに動かしていました。

しかしながら、カケヅカ式カバーフィッシングにおいては、明確にワームがスライドするぐらい激しくシェイクしていたのです。

ビーズ

 

手芸店で手に入れたというビーズを、フックとワームの間に仕込んでいるのですが、それがカチャカチャと音を立てるのが聞こえるぐらい動かすと良い、との事でした。

カバー全体からバスを呼び寄せる、という意図が込められているそうで、実際にキロアップの見事なバスをGETされていました。

カバーの中では動かす。

 

そんな出来事を踏まえて、私の安易な考えをまとめてみますw

カバーの中のバスは、カバーによる安心感を得ているので、割とガッツリ動かしても、バイトしてくれる傾向があるのでは?と考えます。

(カバーのバスが簡単に釣れるという意味ではないです)

 

なのでナチュラルアクションで気づかれないよりも、誘いのシェイクをはっきりと演出したほうが、バイトの確率が上がる、という事でしょう。

(カケヅカさん、間違っている内容があったらすいませんw)

状況によっては、ワームをよく動かした方が釣れる、という事がはっきりと分かりました。

 

まとめ

帰ってから、手芸店でビーズを購入し、カバーの中ではよりシェイクするようになったのは言うまでもありませんw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

3 件のコメント

  • こんばんは。いつも楽しくブログを拝見させてもらっています。記事自体もとても興味深いのですが、いつも、この写真はどうやって撮っているのだろう?と気になっています。良かったら写真について教えてください!

    • コメントありがとうございます(*’ω’*)
      写真は一眼をレンタルボートに持ち込んで撮影しています★とはいってもAPS-C機ですが…
      NIKON D7100+af-s dx nikkor 35mm f1.8gの単焦点一本勝負ですw

      • 返信ありがとうございました!自分も最近単焦点レンズを買ったので参考にさせてもらいます😀写真も記事も楽しみにしています😁

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です