れぼいぢり★アブ レボ ビッグシューターコンパクトは本当にタフか、メインギアを見て確認する。

スポンサードリンク

アブガルシアのレボ ビッグシューターコンパクトを分解&清掃します。

ビッグシューターコンパクトの名に恥じない「タフなヤツ」なのか、メインギアボックスを開けて確認します。

ビッグシューターコンパクトのギアボックスを見てみよう!

どれほどの方が興味があるのか不明ですが、ビッグシューターコンパクトをバラす工程と、ギアボックスの中身を簡単にご紹介します。

オーバーホールの教科書には決してしないで下さいw

あくまで、ふだん見れない内部構造を楽しく見ていくコーナーです。

それでは行ってみましょう♪

サイドプレート

まずは本体B側(ハンドルと反対側)のサイドプレートと、スプールを外します。

リール上部の銀の棒をマイナスドライバーで緩めて、サイドプレートを上方向にずらすと簡単にとれます。

B側サイドプレート内には、マグブレーキが鎮座しています。

ハンドル周り

 

次はハンドル周りをバラしていきます。

安心と信頼のKTC(京都機械工具)製コンビレンチを使っています。

海外ブランドのような華やかさはありませんが、質実剛健なホンモノの工具メーカーです。

イイ道具は、しっかりとナットを掴んで傷を付ける事がありません。

ロックナットは逆ネジになってますので、右に回すと緩みます。

部品の重なり順、向きを記録しておきます♪

スタードラグは、ドラグを緩める方向にぐりぐりまわすと取れます。

 

うわっ、キタナイ…怒

しかし、OHあるあるですが、キタナイほど燃えます♪

ギアボックスカバーご開帳

 

ギアボックスカバーを開けます♪

A側に2つ、B側に1つの計3つのねじを外すと取れます。

A側のねじは、太さ&大きさが違うのでご注意を。写真に記録しておきます。

B側は、赤い印をつけたねじです。

3つのねじを外すと…

パカっと開きます。

これがビッグシューターコンパクトのメインギア。

パワー系リールだけあって、ゴツくて重たい真鍮ギアが鎮座ましまする。

メインギアを外す

ビッグシューターコンパクトのメインギアは、ドラグクリッカー機能が搭載されているので、部品点数が多め。 落ち着いてバラしますw

まあ、金属パーツの間に必ず黒いフェルトが挟まっている構造なので、さほど難しくはないでしょう。

とはいえ、忘れると困るので、組み付ける順で重ねて置いておきますw

ビタミンカラー

メインギアを外すと、ウォームシャフトギア、クラッチヨークのカラーリングが個性的でにぎやか。

なぜこのカラーリングなのか。見えないオシャレ的なやつかw

さすがスウェディッシュ。

 

まとめ

ビッグシューターコンパクトのイカついメインギアは、タフネスリールであることを確信させてくれる仕様になっていました。

長くなりそうなので、後編に続く。

後編では、ドライブギア軸、クラッチ回り、レベルワインドを分解していきます。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です