FACT ラストエース。 サイトの究極奥義。 先発で使用してみたw

スポンサードリンク

福島健氏の最終兵器、エバーグリーンFACT (ファクト)ラストエース75を入手。
サイトフィッシングにおける究極の切り札となるのか。 
その優れたスイムバランスやフックセット方法などをシェアします。

福島健氏の最終兵器

JBワールドチャンピオン、JBバスアングラーオブザイヤー、JBクラシックウィナーなどのビッグタイトルにおいて、数々の輝かしい戦績を残している超凄腕トーナメントプロ、福島健氏。
そんな超凄腕の福島健氏のシークレット最終兵器、ラストエース75

まずは開発者の福島健氏による、ラストエース75の解説動画をどうぞ。

エバーグリーン FACT(ファクト) ラストエース75

エバーグリーン FACT ラストエース

エバーグリーン FACT ラストエース

 

SPEC

製品名 ラストエース
length  7.5cm
入り数 6
価格 1,188円(本体価格:1,100円)

特徴

FACT ラストエース75[LAST ACE 75]

FACT ラストエース75[LAST ACE 75]

出典:EVERGREEN 

最大の特長は、極めてベイトフィッシュライクなその見た目。そして考え抜かれたボディ形状から生み出される、高いスイムバランス。

背びれ部分による整流効果と、下向きにセットした太軸のマスバリにより下方重心となることで抜群の姿勢安定効果を生み出します。
 
こういったベイトフィッシュライクな小型ワームをノーシンカーリグで使用するとき、回転してしまったり、まっすぐ泳がなかったりすることがよくあります。
しかしラストエース75に関してはフックセットさえ間違えなければ、安定したスイム姿勢を実現できるのがポイント。
 
安定姿勢から軽くトゥイッチさせると、イレギュラーダートを起こし、フィッシュイーターから逃げ惑うベイトフィッシュを完全再現。

サイトフィッシングの強力な武器になりそうです。

下向きのフックセッティング

%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b91

 

%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b92

 

 

出典:EVERGREEN 

独特なマスバリ下向きセッティング。
大事なのは太軸のマスバリを使用すること。それにより、マスバリの自重によってワームのスイム姿勢が安定します。

推奨フックは、がまかつのワーム329HD#2
「HD」は’ヘビーデューティ’、つまり太軸です。

 

注意点

ノーシンカーセッティングの際、少しでもマスバリが斜めになってしまうと、とたんにスイムバランスが崩れてしまいますのでご注意を。

その点わりとシビアです。
セッティングが完了したら、まずは足元で泳がせてスイム姿勢をチェックしてみることが何より大事だと思います。

あとは現場でマスバリの微調整をするのは時間がもったいないので、あらかじめ家でリグっておくのも良いでしょう。

キレイにまっすぐ刺すのは一発じゃ決まらないことが多いです。

カラー

FACT  ラストエース75 カラー

FACT ラストエース75 カラー

出典:EVERGREEN 
  1. #14 アユ
  2. #26 プロブルー
  3. #41 ワカサギ
  4. #54 スケルトンチャート
  5. #55 オイカワ
  6. #56 リザーバーシャッド
  7. #57 トリックシャッド

私は#54スケルトンチャートをチョイス。
サイト戦での視認性を重視しました。
どのカラーも生命感に溢れたナイスカラーに仕上がっていますのでお好みでチョイスすると良いでしょう。

ラストエースを先発で使用してみた

先日の片倉ダム釣行で、朝一バックウォーターに上がって、サイトフィッシングをする際ラストエースを登板させました。

ですが、バックウォーターにバスは居らず…
残念ながらその実力を発揮させてあげることが出来ませんでした。

しかし以前の釣行でラストエースがそのエースっぷりを発揮したことがありました。
そんなラストエースが炸裂したときの片倉釣行はこちらです。↓

まとめ

高いスイムバランスと極めてベイトフィッシュライクなアクションを持った’ラストエース’。

サイトフィッシングのお供や、ボウズ逃れとして、ラストエースを’切り札’的に使用してみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です