mibro(ミブロ) アパッチを買ってみた。「なんとなく、クリスタルS」からの脱却。

スポンサードリンク

‘ツカケン’こと塚本謙太郎氏主宰のルアーブランド、「mibro(ミブロ)」「 KTWLURES」。

RAシャッドのミブロコラボ、アパッチ、「Deathscythe」(デスサイズ)など、ここ数ヶ月で怒涛の新製品ラッシュを展開している同社。

そんな目が離せない展開のミブロから発売された、同社初のスピナーベイトである、アパッチを入手しました。

アパッチの特徴は、私がご紹介するよりもミブロさんのホームページを拝見していただいた方が良いはずなので、アパッチの最大の特徴である、ダブルコロラドのスピナーベイトについて、その使い所などを自分の勉強を兼ねてまとめてみます。

スピナーベイト使い分け

スピナーベイトには、いろいろと種類がありますが、私はきちんと使い分けられていません。汗

たくさん売ってるタンデムウィローのモノを、なんとなく、使ってしまっています。

なんとなく、クリスタルSです。

「なんとなく、クリスタル」ではありませんw

強さとフラッシング  

 

なんとなくといっても一応「強さ」と、「フラッシング」「カラー」の基準だけ設けていて、強さ的には強い方からD-zone、クリスタルS、ハイピッチャー、d-spikerみたいな順で。

ここぞというポイントやタイミング、濁りが入ったフィールドなどでd-zoneやクリスタルsを。逆に広く探りたい時などはd-spikerを投げたり。d-spikerのあの巻き抵抗の少なさは衝撃的ですよね。

けれどもフラッシングは強めなd-spiker。青木大介氏の言うところの’適材適所’な使い所はいったいどんなタイミングなんでしょうか。模索していますw

思考の単純化

そんな使い分けに、さらにブレードの種類による使い分けが追加されると、いよいよ混乱してしまうわけですw

最近のバス釣り思考トレンド?としては思考の単純化みたいなことがよく言われていますよね、ダブルコロラドをどう単純化してスピナベのローテーションに加えるのか。

…誰か教えてくださいw

スピナベは強い?

  

一般論としてはクランクベイトよりもアピールが強いのが、スピナーベイトって認識。

私は正直得意ではない釣り、スピナーベイトですが、でも思い返してみればハードベイトで釣った魚の数の中で、スピナーベイトで釣っている割合が地味に多いです。

素人がそれなりに投げ倒すだけでイイなんて、それだけ釣れるポテンシャルがあるルアーってことでしょう。私の主観ですがクランクベイトよりもスピナーベイトの方が釣れる幅が広いような気がします。

クランクベイトってほんとピンなコース、もしくは狭いバスの射程範囲内に入らないと釣れないイメージ。

初心者の方が、とにかくスピナベで釣りたければ、noriesのクリスタルSの3/8ozだけを投げ倒すっていうのがおすすめです、1つのルアーを投げ倒すといろいろ見えてきますね★

スッパーになりたい

よくbasser誌とかで、「スッパー」って書いてあるんですが、アレって「スピナーベイト使い」のことだそう。スッパーと呼ばれたい。。

※調べたら、田辺哲男氏がスピナーベイト使いのことを愛を込めてそう呼ぶそうな。

H-1とスピナベ

 

ハードベイト縛りの大会、H-1グランプリ。

H-1グランプリの片倉ダムで行われたマスターズで、入賞された方(すいません、どなたか忘れてしまいました)がアオヤロウの下をノリーズのスローロールだったかな?ダブルコロラドのスピナーベイトをゆっくり引きしていたという記事。

アオヤロウを突き破るために重ための1/2oz〜1ozぐらいを使用していました。

確か、サイトB(basser誌のwebサイト)で拝見した記事だと思うんですが、最近のスピナーベイトに関する1番驚いた使い方でした。

あの分厚いアオヤロウを目の前にして、テキサスリグやフロッグ、またはネコリグなどを使用するのが私レベルの週末バサーの発想でした。あのアオヤロウの下をスピナベを通す、って。

とにかく片倉ダムのアオヤロウってスゴイんですよ、分厚くてとても巻物をやろうって思わない。

ルアーフィッシングってそういう発想のできる人が、釣れる人なんだろうな〜って思います。

伊藤巧氏の、津久井湖でのブクブクやエアレーション狙いも衝撃的でしたが…

H1グランプリはホント面白い発想、為になる発想の宝庫なので今年はスポット参戦ぐらいしておきたいところです。

mibro(ミブロ) アパッチはそういう使い方

今回のミブロのアパッチは、他のスピナーベイトに比べてワイヤーが太く頑丈なので、上述したような使い方にすごくマッチしてくれるはずです。おまけにダブルコロラドでじっくり引ける。カバーに絡めた使い方なども適していますね。

他社さんのスピナーベイトと明確に差別化を計ってくれているので、その部分ではある意味明確に使い分けできそうなのでユーザーフレンドリーといえますね。

唯一無二というか、出しどころが分かりやすい。その辺り、さすがミブロといったところ。

ダブルコロラドをローテーションに加えたい

…まあそんなこと分かってるよ、ってお話ばかりですいませんw

どこまで掘り下げて考えるべきなのか。というところもありますが、まあブレードの種類ぐらい覚えておいて損はないはずなので、とりあえず紹介しておきますね★

個人的目標としては、ダブルウィローとダブルコロラドを使いこなすのが、とりあえずの目標です。

スピナベまとめ

引き抵抗

引き抵抗としては、だいたい以下の順番になるかと思います。

強 シングルコロラド > ダブルコロラド > タンデム > ダブルウィロー > シングルウィロー 弱

ダブルコロラド

今回のミブロアパッチもこのダブルコロラド。強い巻き抵抗があるのでじっくりと狭い範囲を狙うのにおすすめ。

ダブルウィロー

ダブルウィローはウィローブレードが2つ。コロラドブレードよりも、ウィローブレードの方がフラッシングが強いという特徴がありますね★

タンデムウィロー

タンデムウィローは、コロラドブレードとウィローブレードが一枚ずつ着いたスピナーベイトですね★

巻き抵抗は標準値ぐらいなんで、こいつを基準に考えると考えやすいかも?

でも私の場合朝イチ投げるのはダブルウィローで広く探っちゃいます、ヤル気のある魚を効率的に探すことが出来るからです。

まとめ

強いワイヤーと、まずダブルコロラドからリリースされるという、異色の!?スピナーベイト、ミブロアパッチ。

他社製にない特徴を与えられたことにより、出しどころの明確化を特徴の一つとしている良いプロダクトです。

あらためてスピナーベイトについて考えさせられました。

ブログのキャラ立ちが出来てないikahimeブログですが、スッパーを目指そうかなw

という訳でスッパーikahimeを目指し邁進していきたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

人気記事★

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です