霞ヶ浦おかっぱり「車上荒らし」狙われないための8つの対策

スポンサードリンク

霞ヶ浦おかっぱりはコテンパンでした。

ネタが無いので、霞ヶ浦おかっぱりで車上荒らし対策にしていることについてまとめます。

霞ヶ浦での車上荒らし

幸いなことに、ごく最近に限ってはあまり被害報告を目にしないおかっぱりでの車上荒らし。

しかしながら、ここ数年被害が多発している事が記憶に新しいと思います。

楽しいバス釣りの思い出を台無しにする盗難被害。

盗ませない為の対策を考えます。

 

高価な道具は積まない

至極当然ではありますが、やはり高価な道具は狙われやすいです。

アンタレス3台盗られたとか、そういうお話をよく聞きます。

せっかく釣りに行くのに、お金をかけた至高のタックルをお留守番させるのは勇気のいることですが…

普段は考えませんが、積み込むタックルの上代について思いを巡らせておく必要がありそうです。

タックル数制限を設ける

複数人で行く場合、タックル数制限を設けています。だいたいいつもひとり3本MAXとしています。

まあそれでも3人で行くと、9タックル積むことになってしまうのですが…

2本ずつ持ち出す

3本ずつ積んで、駐車場からポイントに繰り出す際に2本ずつ持ち出します。(おかっぱりバッグのロッドホルダーに挿して)

車に残るタックルは3本になるので、狙われる確率がぐっと下がると思います。

もちろん理想は0本になることなんですが…

ブラインドを避ける

車が見えない位置での釣りはしない!ブラインド状態を可能な限り避けます。

とはいえ、堰のあるポイントでは外側に駐車する事になると、どうしても車が見えない位置に来てしまいます。

本来なら避けるべきなんですが、どーしてもそのポイントでやりたい場合、交代で昼寝していますw

 

離れる時間を決める

あまり長時間車から離れないようにしています。

明るいところに駐車する

霞ヶ浦で釣りをしている最中だけでなく、釣具屋で駐車中の被害も耳にします。

釣具屋で駐車するときは、出来るだけ入り口に近い明るいところに駐めています。

釣具関係のステッカーを貼らない

よく車のリアウィンドウに釣具関係のステッカーを貼っている車を見かけますが、釣具を積んでいる事を外部に宣伝してしまっている事になります。

あえて誘発するような行為は出来るだけ避けたいものです。

常に防犯意識を持つ

常に防犯意識を高め、自分が被害にあうかもしれないという危機感を持っています。

車上荒らしが起きたポイントが、よく行くポイントで起こっているという事実。

ホント他人事ではないので、改めて身を引き締めたいと思います。

まとめ

以上、お金をかけずに出来る、霞ヶ浦おかっぱりの車上荒らし対策についてでした。

(特別な内容ではありませんが…)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

  • 最後の写真は和田岬のあたりかな。
    あそこの船溜まりもいつの間にか釣り禁止になっちゃいましたね。
    昔は一声掛けると「いいよー」って言ってもらえたんだけど、残念です。

    • コメントありがとうございます。美浦村や稲敷のあたりです★
      周遊道路、未舗装の部分があったのですが、最近舗装されてより快適になりました(‘ω’)
      ただしおっしゃる通り、禁止になってしまったドッグもあり、悲しい限りです…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です