初めてのベイトロッドは’ロクテンミディアム’と’バーサタイル’が基準なのか。

スポンサードリンク

バス釣り初心者にとって、最初の関門である「ベイトロッド選び」。

私が初めてのベイトロッドを購入したとき、’ロクテンミディアム’と’バーサタイル’を基準にして選びましたが、正しかったのでしょうか。

再考してみるとともに、おすすめの「初めてのベイトロッド」をご紹介します。

種類が多いバスロッド

 

市場には、同じ魚を釣る道具とは思えないほど、本当に沢山の種類のロッドが存在します。

また、各メーカーごとに表記がバラバラな番手などが複雑で分かりにくく、バス釣り入門時の最初の関門ではないでしょうか。

 

私が初めてバスロッドを購入するときには、バス釣りに詳しい友人が選び方を教えてくれました。

きっとその友人の教えが無ければ、私も路頭に迷っていた事でしょうw

 

いま思い返すと、とても適切で分かりやすく私のロッド選びのサポートをしてくれたのだな、と思います。

今でも私の中で基準となっているので、ご紹介したいと思います。

’ロクテンミディアム’と’バーサタイル’が合言葉

 

 ベイトタックルの最初の一本目は、’ロクテンミディアム’と’バーサタイル’をキーワードに探すとよいでしょう。

 

’ロクテンミディアム’は、ロッドの長さと硬さを表しています。

 

長さが6ft10in(6フィート10インチ)なので、’ロクテン’。

6フィート10インチは2メートル8センチぐらいです。

 

硬さが’M’で、’ミディアム’の竿を表します。

 

’バーサタイル’という言葉はバスフィッシング独特の言い回しですが、言い換えると’オールマイティ’という意味合いです。

一本でなんでもこなせる、汎用性の高いロッドのことを言います。

 

何かに特化した竿の方が、その’何か’をやるに適しているのは間違いありませんが、最初のうちに何本もタックルをそろえるのは現実的ではありません。

最初の一本目なので、特化した竿ではなく、ある程度幅を持たせたロッドを購入するべきです。

1/4oz(約7g)から1/2oz(約14g)ぐらいの重さのルアー、巻物から打ちものまでこなせる’バーサタイル’ロッドを選ぶとよいでしょう。

長さ

長さは、6ft6in~6ft10inぐらい。

ボート釣行では6ft6inぐらい。オーバーハングの下に入ったときなど、取り回しが良いので扱いやすいです。

陸っぱりでは、キャスト飛距離を考えて、6ft10inがオススメの長さになります。

硬さ

ロッドの硬さは’M’(ミディアム)~’MH’(ミディアムヘビー)になります。

おそらく、最初のうちにベイトタックルでやりたい!と思うであろう、おおよその事が一本で可能です。

6ft10inぐらいであれば、ボート釣行のときにもめっちゃ邪魔!という感じはしません。

ボート釣行では私の感覚では、7ftを超えてくると少し邪魔に感じます。

つまり6ft10inのレングスは、陸ッパリでもボートでも汎用性の高い、バーサタイルロッドにふさわしいlengthといえるでしょう。

それをふまえた上でのオススメのロッドをご紹介します。

・SHIMANO エクスプライド1610M

もっともオススメするバーサタイルロッドです。

実売価格1万6千円程度ながら、ベイトタックルでやりたいことの大抵のことはこれ一本で賄えます。

ハリがあって感度が良いティップと、大型魚をかけたときにも余裕のパワーを生み出すバット部分を持ち合わせています。(普通すぎる解説w)

価格以上の価値がある、素晴らしいプロダクトです。(これは間違いないです)

・SHIMANO ゾディアス1610M

 

ゾディアスシリーズは、エクスプライドよりも柔らかめな味付けです。

エクスプライドの単なる廉価版ではなく、かなり性格が異なります。

’バーサタイル’だけど、どちらかというと巻き物主体でやりたい!って場合はゾディアスの方が良いです。

ゾディアスが’巻き’に向いている理由はこちらの記事で書いています★

・メガバス オロチXX F4.1/2-70XX フラットサイドスペシャル

メガバスの逆輸入竿です。

海外仕向けのロッドになりますが、日本でも普通に購入することが可能です。

流行のしゃっきりとした高弾性の竿とは少し違うもっちりとしたフィーリング、7ftのレングスから繰り出されるキャストアキュラシー。

Megabassテクノロジーが凝縮された、Megabass流のバーサタイルロッドです。

Megabassは高いイメージがありますが、決して高くない価格もポイントです。

 

すでに後継機種の’オロチ XXX(カイザ)’が発売されているので、’オロチ XX(ダブルエックス)’が在庫セールになっており、1万6千円ぐらいで購入できるようです。

・DAIWA ブラックレーベル 6101mhrb

ブラックレーベルのバーサタイルシリーズ。

ブラックレーベルシリーズにもお世話になっていますが、価格以上の性能を持った良シリーズです。

シマノのエクスプライドと肩を並べる、安価で高性能なバスロッドの代名詞。

このあたりのロッドを購入しておけば間違いないでしょう。

’ロクテンミディアム’と’バーサタイル’はやっぱり基準。

「バーサタイルロッド」は何もできない竿、というご意見もあるかもしれません。

しかし私は、最初の一本としては、’ロクテンミディアム’と’バーサタイル’を基準として良いと考えます。

自分の中の基準となる一本となってくれ、専門性の高いロッドに移行したときに、そのロッドの良さを享受しやすいからです。

そのあたりのお話は別記事にまとめています。

まとめ

以上、初心者の方に最初におすすめしたいベイトロッドでした。

正直、少し価格が高いものも含まれていますが、このぐらいのロッドを購入しておけば、のちのち釣りを本格的にやっていくときにも使い続けられるチョイスにしてあります。

長い目で見ると、ここで紹介したロッドを購入していただくのが結果的にお得になるのではないでしょうか。

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です