間違いだらけのブレーキ調整。シマノSVSブレーキ設定方法を再考する。

スポンサードリンク

シマノの遠心ブレーキを搭載したベイトリールのブレーキ設定方法を、改めて考察いたします。

シマノ 遠心ブレーキのブレーキ設定

ベイトリールのブレーキの種類は、シマノの遠心ブレーキ、ダイワ&アブガルシアのマグネットブレーキがあります。

今回はシマノ社の、遠心ブレーキを搭載したモデルのブレーキ調整について、改めてノウハウをまとめます。

なお、ダイアルの無い旧SVS,外部ダイアル付きの新SVSいずれにおいてもほぼ共通です。

当たり前すぎる内容なので中級者の方は読まないことを推奨いたします。

ベイトリールのブレーキは2系統

さて、ベイトリールのブレーキの構成について今一度おさらいしてみます。

ベイトリールのブレーキはメカニカルブレーキと、遠心ブレーキの2系統搭載されています。

メカニカルブレーキはゼロポジション固定

 

メカニカルブレーキは、スプールを左右から抑えこみ、物理的にスプールの回転を殺すブレーキです。

一昔前はルアーを垂らして、すっと落ちない程度にメカブレーキを締める、なんて設定方法がまことしやかにささやかれておりましたが、それは昔話になりました。

現代の高性能なリールは、もはやメカニカルブレーキは不要です。

ブレーキ設定第1のコツは、メカニカルブレーキのゼロポジションをきちんと探し当てることになります。

 

まず、メカニカルブレーキノブをゆるゆるに緩めます。するとスプールがカタカタと左右に動く状態になります。

そこから、少しずつメカニカルブレーキノブを締めていき、スプールが左右にほんの少し動く状態から、ちょっとだけ締めてスプールが動かなくなるところを探します。

そこがゼロポジションになります。

もう、それ以上メカブレーキを触ることはありません。

遠心ブレーキの設定

 

続きましては遠心ブレーキの設定についてです。

 

最初は全てのブレーキシューをON、ダイヤルがある場合はダイヤルを最大の数値に設定し、ブレーキMAX状態から徐々に弱めていき、バックラッシュしない程度までブレーキを弱めます。

ギリギリバックラッシュしないところが、自分にとって最適なブレーキです。

 

※ブレーキシュー4つON、ダイアルMAX状態だと、間違いなくブレーキ効きすぎますので、ビッグベイトを投げる、などよほどブレーキ力が必要な場合をのぞいて、ブレーキブロックは最初から2つに減らしてもいいでしょう。

ブレーキブロック2個でも、ダイアルをMAXにすれば十分以上にブレーキが効くと思います。

着水の直前にほんの少しサミングするだけ

その、「ギリギリバックラッシュしないところ」というのが何処なのか。という話ですが、私個人的な感覚からすると、着水の直前だけサミングが必要になる状態、だと思っています。

というのも、着水直前以外のタイミングでのサミングは非常に難易度が高いからです。

特に投げ始めは、最も速い初速が出ているので、サミングがMAXレベルで難しいです。火傷しそうになることもしばしば。

着水時以外のブレーキは、ブレーキシステムに任せられる程度にブレーキがかかっている状態が最も快適です。

2個ONに落ち着くことが多い

 

で、結局のところ、特に新SVSについては、4つあるブレーキブロックのうち2個ON、ということがいちばん多いですね。だいたい多用する3/8oz〜1oz程度のルアーを扱う際は、ほぼカバーできると思います。

それぐらい、外部ダイアルでの調整幅が結構大きいです。ブロック2個でもダイアルがMAXならばかなりブレーキが強くかかる印象ですね。

外部ダイアルが無くブレーキブロックのみでの調整となる旧SVSについては、常に2個、というズボラな設定ではなかなかうまくはまらないことも多いですが。

まとめ

以上、シマノの遠心ブレーキの設定方法についてでした。

カチッとハマれば、快適なキャスティングゲームが過ごせるはずです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です