シマノ バンタム274Mのフィーリングは磯竿だった。

スポンサードリンク

バンタム274Mを触りました。

「パワーフィネス」に使えそうなロッドという事で、いつか触ってみたいと思っていた番手です。

強いスピニングロッドでありながら、「柔」を上手に取り入れたロッドで極上のフィーリングでした。

バンタム274M

試投会レベルでそのロッドの事を語るのもどうかと思うのですが、まあひとつネタという事で書いてみます。

バンタム274Mという番手がありまして、ずっと気になっていたモデルだったんです。

ファイナルディメンションの274Mという名竿があって、その後継という事でリリース。奥田学氏のリーサルウェポンとして紹介されている一本です。

ロングスピン

7フィート4インチというスピニングロッドとしては最長級のレングスで、パワフルさや、遠投性能が特徴の一本。

唯一無二のフィーリング

試投してまず思ったのは、「パワーフィネス」というキーワードから想定されるよりも柔らかいという点。

キャストフィールが非常にしなやかなフィーリングです。

かなりムチのようにしなるので、ルアーの重さをロッドに乗せやすい。

ロッドのパワーでかなり遠くにルアーを飛ばせますね。

垂らしを長めにして、スイングスピードをゆっくり目、しっかりとタメて投げたとき、スイートスポットに入ります。

スイートスポットに入ったときの飛距離の出方は異様な感じでした。逆風時とかめっぽう強い感じですね。

磯竿みたい

 
 

個人的な感想ですが、磯竿のようなフィーリングだと感じました。

「磯竿のような」ってかなりファジーな表現なんですけど、長くて全体的に良くしなる感じ、とでも表現しましょうか。

うまく伝わるか微妙なんですけど、いかにも長尺ロッド、というタメの効いたいい意味でのダルさというか。

これまで触ったどのバスロッドとも違う感触でした。

上質なダルさ

でも単に柔らかいだけじゃなくて、全く破綻してなくて、上質にまとまっているんですね。

しなやかなんですけど、ねじれとか不安感とかは無いんです。

バンタムシリーズの懐の深さというか、開発費用をふんだんにかけて作られているなあ、という感じがひしひしと伝わってきました。

アクションを付けやすい

長尺なので、細かいロッドアクションは苦手なのかな。って思いがちなんですけど、長いのに軽い!(102g)ので、全然そんなこと無いんです。

試投したロッドにはバンタムのチャグウォーカー(8g)がついてたんですけど、かなり小気味よくアクションすることが出来ました。

これだけロングレングスのロッドなのに、ダルさは皆無のフィーリングがちょっと怖いぐらいです。

すごく不思議な竿です。

パワーフィネスには?

SHIMANOのHPにも「ロングパワーフィネス」と紹介されており、勝手にリザーバーでパワーフィネス的に使うとすごく良さそうと思っていたのですが、想像とはちょっと違いました。

例えばカバーをスモラバでタイトに攻めるにはちょっと全体的に入りすぎるような気がします。(レギュラーテーパーなんで当たり前か)

スモラバが木の枝にスタックしたときとかは、抜きにくいんじゃないか、と。(妄想)

もうちょっとバットが固めで先調子の竿のほうがカバー攻略には向いている気がします。

買うか

お金があったら買いたいw

非常に個性的なフィーリングですがバス釣りが楽しくなりそうな一本でした。

名竿と呼ばれている理由が少しだけ分かった気がします。

多分ハマったら他に替えの効かない一本、という感じです。

ただかなりのロングレングスなので、つぶしが効かないというのもまた事実。

んー。でも、もしかしたら逆に何でも投げれちゃって、かなりバーサタイルに使えるという感じもしなくもない。

まとめ

ちょっと触っただけで偉そうにインプレを書いてみましたw

なんの参考にもならないと思いますが、とても印象的な竿だったのでつい…

「分かってない感」満載の記事失礼しました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です