初心者におすすめ。 最強の実釣性能を誇る ルアーランキング100

スポンサードリンク

市場に数多存在するルアー達。個性豊かなその存在は、バスフィッシングをより豊かなものにしてくれます。

しかし、多様化したルアーはときとして初心者にとってルアーの選択を難しくしてしまう側面もあります。

そんな中から、実釣性能と使いやすさにこだわって、100選をまとめてみました。

目次

1位はゲーリーヤマモト レッグワーム。

私のオススメリグは「ダウンショットリグ」。

#3のオフセットフックと、1.8gのタングステンシンカーを使用。

高比重ゲーリー素材と、テール部分の通称’フリーズアクション’が子バスからデカバスまで魅了します。

 

汎用性が高いのもポイント。

スモラバのトレーラーとして使用しても良いし、ジグヘッドでもテールを小刻みに震わせて、キレイにスイムします。

 

釣れるゲーリーマテリアルですが、少々針持ちが悪いのが玉に瑕。

しかし頭の部分が裂けてしまっても裂けてしまった部分をカットしてしまえば使用可能。

ぼろぼろになってきても半分にカットしてスモラバのトレーラーに。

image

 

オススメカラーは、ソリッドブラック

光量の少ない、ディープエリアでもシルエットがはっきり出るため、冬のディープ定番カラーとして有名です。

でも、通年よく釣れるカラーです。

 

2位はO.S.Pドライブクローラー。

釣れすぎるストレートワーム。

FINAのN.S.Sフックの#2を使用したオフセットネコリグがおすすめ。

ドライブクローラーのすごいところは、フォール時に自発的なブルブルアクションを発生させます。

このブルブルとした微振動がスレきったバスも思わず口を使ってしまう。
dsc_9656

 
 

3位はMegabass POPX。

昔からあるザ・ポッパー。

適度な水噛みと、機敏な首振りアクション。誰にでも扱いやすく、’良い音’を容易に発生可能です。

ポコポコと小気味よいポップ音を放ちます。
DSC_9548

 
 

4位はnoriesのクリスタルS。

スピナーベイトの代表格。これに異論はないでしょう。

スピナーベイトで釣りたければ、まずはこれの3/8ozを投げ倒すと、すぐに成果が出るはずです。
  image

 

5位はゲーリーヤマモトカットテールワーム。

マスバリチョン掛けでワッキーリグとして使用すると良いでしょう。

ノーシンカーでも。ダウンショットでも。

ゲーリーの伝家の宝刀、’生命体比重’が、爆発的な釣果を生み出してくれます。

4インチを基準として使用すると良いでしょう。
   DSC_9572

 
 

6位はゲーリーヤマモトヤマセンコー。

水平垂直フォールがバスの本能を刺激します。

これもマスバリワッキーがおすすめ。

少しもろいので、熱収縮チューブを使用すると針持ちが格段によくなります。
IMG_9048

 
 

7位はO.S.Pドライブスティック。

おすすめはバックスライドセッティング。

テール部分をフリフリしながらカバーの最奥へアプローチ。

ワカサギカラーがMyFavorite。
DSC_8538

 
 

8位はゲーリーヤマモト ファットイカ。

どこにでもかっとんで、良く沈み、良く釣れる。

単価が高いですが、大変長持ちするのでコストパフォーマンスで考えれば高くない。

1パック買っておけばワンシーズン持ちます。

オススメカラーは、スカートがチャート系のもの。

遠投したときに視認性が高く、ルアーを見失いにくいのです。

見失うほど、かっとびますので…
  IMG_9031

 

9位はO.S.P HPシャッドテール。

ゲーリーヤマモトのレッグワームにそっくりだけど、ボディのリブのデザインや、マテリアルが違います。

針持ちはコチラの勝ち。

釣果はほぼ互角!?
DSC_9558

 

10位はO.S.P ハイピッチャー3/8oz

noriesのクリスタルSと人気を二分するスピナーベイトの代表格。

1000円と、お財布にやさしいのもポイント。
dsc_9654-2

 
 

御礼

ここまでお読みいただきありがとうございます。

まだまだランキングは続きます。

少し疲れた場合のために、別の記事を紹介しますね★

ゲーリーヤマモトの息子さん、デレックヤマモトさんのブランド、「キナミベイツ」をご存知ですか?

「キナミベイツ」のワームを入手しましたのでシェアします↓

 
 

11位はMegabass Vision110(ヴィジョン ワンテン)

ジャークベイトの名作、ヴィジョン ワンテン、通称「ワンテン」。
ただ巻きでもジャークさせても。泳ぎが一級品。永きに渡って名作と謳われているだけありあります。
DSC_9597

 

 

 

 

12位はO.S.P ブリッツ

クランクベイトの名作。
キレのある、超ハイピッチなアクションでバスを誘い出します。
サーキットリップによるの泳ぎのレスポンスの良さや、ラウンドクランク&コフィンリップならではのスナッグレス性能の高さもポイント。
IMG_9367

 

13位はdepsのデスアダースティック。

ノーシンカーでスキッピングさせてもよし。テキサスでカバーにねじこんでも良し。
テキサスリグでは釣れるスパイラルフォールを魅せてくれる。
スティック系ワームの名作。
DSC_9570

 
 

 

14位はO.S.Pのドライブシャッド。

フォール時の自発的アクションがホント秀逸で、一度コレの威力を知ってしまうと他のシャッドテールワームを使えなくなってしまうほど。
dsc_965x

 
 

15位はdepsのブルフラット。

ブルフラットのテキサスリグのスパイラルフォールはデカバスを魅了します。
image

 

 
 

16位はO.S.Pのベントミノー。

オススメは表層をジャークさせ、逃げ惑うベイトフィッシュを演出すること。
トップウォーターに出きらないとき、これのジャークが効きます。
DSC_9147

 

17位はD-StyleのD-1。

スモラバのトレーラーとしても、ノーシンカーのマスバリチョン掛けでも。
テール部分の生命感溢れるアクションでスレきったバスにも口を使わせることが可能です。

img_lure_soft01_main

 

出典:DSTYLE

 

 
 

18位はmibroのバレットヘッド。

タフネスな鉄砲弾。新世代スタンダードクランクベイト。
DSC_9167

 

 
 

19位はQ-onのエグジグ。

スモラバといったらコレ。
すべての性能がバランスよくまとめられているスモラバの代表格。
DSC_9121

 

20位はエバーグリーンのワイルドハンチ。

シャッド的に使えるタイトウォブルアクションで、広範囲のバスを効率よくサーチ。
ラトルレスですれにくいのもポイント。
DSC_9602

 

御礼

ここまでお読みいただきありがとうございます。

まだまだランキングは続きます。

少し疲れた場合のために、別の記事を紹介しますね★

noriesからリリースされた、マグナムクランク、「ショットストーミーマグナム」と、ライバルであるラッキークラフト「SKTマグナム105MR」のスイム姿勢を比較してみました。

似ているようで全く違うアクションの質をシェアします。↓

21位はエバーグリーンのD-zone。

強烈なフラッシングでバスにアピール。マッディウォーターのフィールドでは絶大な信頼感。
かなりの巻き抵抗があり、それだけ広範囲へアピール可能。

1251001_08

出典:EVERGREEN

 

 
 

22位はo.s.pのドライブクロー。

数多あるクロー系ワームの中でぴか一の存在感、実釣性能を誇る。大きなツメ「SwingHand」で狡猾にバスを誘い出します。
IMG_9088

 
 

23位はdepsのリルラビット。

depsの名作リルラビット。テキサスリグでするするとカバーに入っていきます。
テール部分が生み出す波動はハードルアー並みの強波動。
IMG_9076

 
 

24位はガンクラフトのジョインテッドクロー178。

元祖S字系。ビッグベイトの祖。ゆらゆらとしたS字系アクション。デカイけどフィネス。ビッグベイトフィネス的な使用も可能なオールラウンドなビッグベイト。シンカーを貼ったりして浮き具合を調整したり自分好みのチューンをして使用すると良いでしょう。
DSC_8934

 

25位はDAIWAのピーナッツ。

安い、釣れる、良い泳ぎの3拍子そろった名作クランク。
昔からある超定番ルアー。良心的価格でお財布にも優しいです。
安いのできわどいところも攻めれるのが釣果の秘密!?
たまに釣具屋のワゴンセールなどにも登場します。気に入ったカラーがあったらまとめ買いをオススメします。
DSC_9547

 

26位はJACKALLのTNシリーズ。

タングステンヘッドを持ったJACKALLのTNシリーズ。良く泳ぎ、良く飛ぶ。パイロットルアーにどうぞ。
DSC_9603

 

27位はD-Styleのトルキーストレート。

トルキーの名の通り、扁平ボディで強力な水押しを実現。これまで釣果に差がつきにくかったストレートワーム。その中で一歩秀でた存在であります。
DSC_9126

 

28位はバークレーの青木虫。

虫系ワーム代表といえばコレ。シンプルな中空ボディと、考え抜かれた位置にセットされたシリコンラバーでバスを誘います。木にひっかけてシェイクしたときの波紋は、虫が水面でもがいている波紋そのもの。
スモールマウスバスにも良く効きます。
DSC_9577

 

29位はレインズのスワンプクローラー。

ストレートワームの代表的存在。豊富なカラー、釣れる形、そしてなによりコストパフォーマンスが大きな魅力。ストレートワームはこれだけで良いと思わせてくれます。

01-4

 

出典:reins

 
 

30位はdepsのバズジェット。

depsの名作ノイジー、バズジェット。基本タダ巻きでOKなのも嬉しいポイント。水面をジャラジャラとド派手にスイミング。ハイアピール系の申し子。深場に潜んだビッグバスをコールアップします。
DSC_8493

 

御礼

ここまでお読みいただきありがとうございます。

まだまだランキングは続きます。

少し疲れた場合のために、別の記事を紹介しますね★

ゲーリーヤマモトの、国内未発売ワーム、「ザコ」「サンショウウオ」をご紹介しています。↓

31位はラッキークラフトのベビーシャッド。

加藤誠司氏考案のベビーシャッド。どんな状況でも喰わせ能力の高さを見せ付けるまさに「バスのエサ」。状況次第ではワームの釣果をも超えるハードベイト。
DSC_9551

 

 

 

32位はラッキークラフトのトネスプラッシュ。

megabassのpop-xと並び、最も有名なポッパーといえるトネスプラッシュ。
機敏な首振りアクションと、小気味良いポップ音でベイトフィッシュが水面でもじる様子を完全再現。
’釣れる’ポッパーの代名詞的存在。
トネスプラッシュ

 

出典:LuckyCraft

 

33位はZBCのスワンプクローラー。

 

圧倒的コストパフォーマンスが魅力のスワンプクローラー。
日本のメーカーのように、フックポイントのマーカーや、ネイルシンカーを入れやすくするポイントなど細かい配慮は全く無くただの棒状のワームだが、釣れるマテリアルとカラーは保障済み。
ストレートワームはこれしか使用しないスワンプ信者も多数存在。

dsc_9657

 

34位はJACKALLのソウルシャッド。

天才ルアービルダー加藤誠司氏が自信の名作「ベビーシャッド」とは違う方向性を目指し製作。
早巻きならソウル。ゆっくり巻きならベビシャ。
どちらもハマルと爆釣することも可能な伝説的シャッドプラグです。
DSC_9556

 

35位はゲーリーヤマモトの4inグラブ。THEワーム。

dsc_9658

 

 

 

36位はVivaのサターン。

もっとも著名で最も安価で最も釣れるワーム、Vivaのサターン。
誰しも1度は使ったことのあるサターンワーム。ダウンショットリグがおすすめです。

m_saturn

 

出典:viva

 

 

37位はMegabassのDog-X。

立ち浮き姿勢で、きびきびとしたドッグウォークでバスを誘う。

DSC_9607

 

38位はMegabassのDeep-x100。

名前はDeepだが普通のクランクベイトとして使用可能。

dsc_9660

 

39位はO.S.Pのルドラ。

霞ヶ浦水系で、「ビッグミノーパターン」を生み出した名作ルアー。
ワカサギや白魚が接岸しているときに、ルドラを巻くといいことが起こるかも。

DSC_9601

 

 

 

 

 

 

40位はゲーリーヤマモトのハートテール。

テールの強烈なウォブリングとゲーリーマテリアルがバスを誘います。トレブルフックを使用した通称「イッチーリグ」なら、フックアップ率がUP。

hearttail

 

出典:ゲーリーインターナショナル

御礼

ここまでお読みいただきありがとうございます。

まだまだランキングは続きます。

少し疲れた場合のために、別の記事を紹介しますね★

真冬のフィールドの防寒対策について、考察しました。防寒ジャケットは実は不要なんです。↓

41位はO.S.Pのヤマト&ヤマトJr。

スライド系ペンシルベイトの代表格。表層を手早くサーチしたいならこれ。
釣れるラトルサウンドと、小魚が表層でついばむ飛沫を再現。顎下のセンターボードによってのスナッグレス性能が秀逸。

IMG_9038

 

 

42位はMegabassのマグドラフト。

マグホールド・システムによりフックを密着することによりフックの存在感が極めて少ない。
どんなリトリーブスピードでもきっちり泳ぐスイムバランスが素晴らしい。スイムベイトの中ではお求めやすい価格も魅力。

DSC_9545

 

43位はdepsのB-CUSTOM チャター。

適度に千鳥るアクションと引いたときのバイブレーションが心地よい。
トレーラーはデスアダースティックがオススメ。

DSC_9593

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

44位はJackallの[Scissor Comb]シザーコーム。

こんな形見たことない!とっても不思議なワームですがこれが良く釣れる。
すべての長さと太さが違う4対の足などこだわり尽くしたディティールがキモ。
開発者の川島勉氏の本業である美容師から由来したネーミングもGOOD。

dsc_9661

 

 

45位はノリーズのボルケーノグリッパー。

4枚フィンが生み出す強力な水押しと、金属のすれるキュルキュルとした渋いサウンドで他のルアーで獲れなかったバスを誘い出す。
DSC_9589

 
 

46位はSTORMのウィグルワート。

70年代に登場し、現在でも愛用者を増やし続けるクランクベイトの名手。見事なウォブリングアクション。
アメルアーは低価格も魅力。

DSC_9166

 

47位はエバーグリーンのサイドステップ。

「ステップ」その名が示す通り、ジャーキング時には大きく左右に横っ飛び。
抜群の集魚能力を発揮する。

DSC_9600

 

 

48位はノリーズ[nories]のフリップギル[FLIP GILL]。

肉厚なボディで連れてくるのはほぼ40up。
オススメはテキサスリグですがノーシンカーの表層引きでも集魚能力が高い。

DSC_9571

 

 

49位はサワムラのワンナップシャッド。

シャッドテールワームといえばこれ。
2インチや3インチのジグヘッドリグで坊主逃れの救世主として。
4インチや5インチはジグトレーラーやノーシンカーで。
シャッドテールといえば真っ先に思い浮かぶ永世定番。

DSC_9575

 

 

50位はゲーリーヤマモトのディトレーター。

青木大介氏プロデュースのダウンショットリグやスモラバのトレーラーとして使用するのがオススメ。
食わせ能力が異常に高い。

DSC_9595

 

 

御礼

ここまでお読みいただきありがとうございます。

まだまだランキングは続きます。

少し疲れた場合のために、別の記事を紹介しますね★

バスプロって皆さんカッコイイ車に乗られていますよね。ランクル200とか。そんなバスプロ達のカッコイイ愛車をまとめました↓

51位はケイテックのライブインパクト。

ゲーリーヤマモトのレッグワームと並んで良く釣れるワーム。
二本のテールが生み出すピリピリとした振動がバスを魅了する。

dsc_9662

 

52位はMegabassのBLADING-X。

ハイピッチアクションで低活性期のバスにも思わず口を使わせる。

dsc_9663

 

53位はO.S.Pのアイウェーバー[i-Waver]。

I字系の究極。弱ったワカサギを演出し、超スローリトリーブや止めて誘うことが可能。
山上のクリアレイクなどで力を発揮する。

DSC_9590

 

54位はティムコのステルスペッパー。

スウィッシャーの草分け的存在。前後のペラがスムースに回転し、小魚のヒレを演出。バスは回転するモノが大好き。

DSC_9605

 

 

55位はnoriesのメタルワサビー。

低水温期の切り札的存在。スライドフォールが食い気のない冬バスも思わず口を使う。夏場に使用する「夏メタル」もオススメ。

DSC_9606

 

56位はYABAI BRANDのギークプロップ。

非金属の前後のペラが発生する水流が最大の特徴で、普通のスウィッシャーにすれたバスも思わず口を使う。

DSC_9557

 

57位はO.S.PのHPFクランク。

フラットサイドクランクの名品。強烈なフラッシングで広範囲からバスを誘いだす。

dsc_9665

 

58位はJACKALLのセイラミノー。

投げて巻くだけで水面直下で弱ったベイトフィッシュを完全再現。トゥイッチすることにより、水面直下でフィッシュイーターから逃げ惑うパニックベイトそのものの動きを出せる。タダ巻きでのI字引きもGOOD。

DSC_9579

 

 

59位はMegabassのバイブレーションX。

バイブレーションといえばコレ。
よく飛び、よく泳ぎ、よく釣れる。3拍子揃ったバイブレーション。野池からリザーバーまでサーチベイトならコレ。

DSC_9592

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

60位はnoriesのレイダウンミノー[laydown minnow]。

nories流大型ミノー。

DSC_9599

 

御礼

ここまでお読みいただきありがとうございます。

まだまだランキングは続きます。

少し疲れた場合のために、別の記事を紹介しますね★

霞ヶ浦のバスの平均サイズについて考察してみました。やっぱり霞のバスはデカかった!?↓

 

61位はO.S.Pのダイバジン 
ヘビーヒッター[DAI-BUZZN HEAVY HITTER]。

タダ巻きでOKなO.S.Pのダイバジン。表層をリズム良く泳いでくれる。
手早く表層を広範囲に探りたいときに。

image

 

62位はJACKALLのフリックシェイク。

ストレートワームの永世定番的存在。ストレートワームなのにわずかに曲がったその生命体的フォルム。ワームボックスの中で太陽光や経年劣化によって曲がってしまったストレートワームが、異常に釣れることから開発がスタート。
ジグヘッドワッキーやノーシンカーでの使用がおすすめ。

DSC_9594

 

63位はJACKALLのカワシマイキー。

大き目のクランクベイトだと思って使うと吉。ウネウネとしたアクションでバスを誘う。

DSC_8526

 

64位はimakatsuのアベンタクローラーGT。

オリジナルのアベンタクローラーでは大きすぎて抵抗がある場合も、GTなら小型サイズで抵抗無くキャスト可能。
超スローリトリーブでチュポンチュポンと水面を泳ぎ、じらして喰わせる。

DSC_8523

 

65位はノリーズ ヒラクランクギルSビル 140F。

ノリーズプロスタッフの城之上巧氏によるチューニング、通称’城チューン’を施せば、移動距離をほぼ0に抑えたヒラウチアクションを演出することが可能。ピンスポットで誘いを入れるのに、これほどまでに有効なビッグベイトは他に存在しない。また、クラシカルなカワイイフォルムも人気の秘密。

DSC_8503

 

 

66位はimakatsuのステルススイマー。

背針使用でその存在を完全にボディ内に内包したまさに’ステルス’なスイムベイト。
ボトムからカバーまで超積極的に攻めることが可能。これまでのスイムベイトで獲りきれなかったBIG ONEをGETしよう。

DSC_9098

 

67位はゲーリーヤマモト シルクワーム。

なぜか扱っている釣具屋さんが少ない隠れた名作的ワーム。
ハンドポワードの様に上部が平らになっている形状が最大の特徴。そして薄いテール部分で水を受けて自発的アクションを発生。
スモールマウスバスを寄せ付ける力が極めて高い。もちろんラージも良く釣れる。
あまり販売していないのが玉に瑕。

DSC_9596

 

68位はMegabassのKNUCKLE60。

独自のトランスフォーメーションシステム「FXシステム(PAT.P)」を採用し、リップの角度をパチンと変更することが可能。
表層から中層までを広範囲にカバーする。アクションは、徹底的にチドリを排除し、高い安定性と直進安定性を確保。どんなリトリーブスピードでも魅力的な撹拌アクションを見せつけます。

DSC_9604

 

 

69位はnoriesのフリップドム。

単体重量14gと、空気抵抗の極めて少ないボディ形状でベイトタックルで面白いようにかっとぶ。かっとんだ先は…それはカバーの最奥。それすなわちバスの居場所。
表面のざらついた処理が生命体を思わせる。どこにでも入り込む究極のシンプル系ワーム。

DSC_9576

 

70位はMegabassのvision 95。

超名作vision110(ワンテン)の弟分。野池など小規模フィールドでワンテンじゃデカすぎるってときに。弟分だけど実力は兄貴と遜色無しな出来栄え。兄貴よりきびきびとしたアクションは時として兄貴を超える釣果をもたらします。

dsc_9666

 

御礼

ここまでお読みいただきありがとうございます。

まだまだランキングは続きます。

少し疲れた場合のために、別の記事を紹介しますね★

megabassの名機、オロチXXのインプレッションです。輸出向けのオロチXXですが、バラさず、タフネスなその名竿たる所以をシェアします。

71位はJACKALLの活虫&池かえる。

エラストマー素材に、フロート素材を内包した池虫&池かえる。
コロンとした丸いエラストマー素材は、本物の虫が水面に浮いた時、表面張力によって浮いている際の光の屈折具合を極めてリアルに再現。他の虫系に再現出来ない本物の存在感を強烈アピール。
他の虫系にバイトがないときコイツにバイトがあるということもザラにあります。

DSC_9567

 

72位はdepsのスパイニークロー。

無数の棘(とげ)を持つハサミ。バルキーで針持の良いプリッとしたマテリアル。対カバー用のクロー系ワームとして高い実釣能力を持つスパイニークロー。
もちろんオープンで使用しても良し。霞水系などマッディフィールドで圧倒的な釣果を誇る、頼れるホッグ系4番打者。

IMG_9082

 

73位はRAID JAPANのオカエビ。

エビ喰いバスはコイツで爆釣。リアルな触覚で、エビ喰いバスの本能を直撃。

okaebi-main

出典:RAID JAPAN

74位はnoriesのエスケープツイン。

大きなハサミが特徴。扁平形状のハサミで強烈な水押しを実現。
仮に亀山ダムを水抜きして湖底を調査したら最も大量に発掘されるであろうワームの一つ。
まさに亀山バスのエサ。殿堂入りクロー系ワーム。

IMG_9095

 

75位はラッキークラフトのSKTマグナム105

マグナムクランクの雄、SKTマグナム。大きさの割には巻き抵抗も少なく、投げ続けられる仕様。
大きなボディでサーチベイトとして使用。
エリアが絞れないとき、SKTマグナムをキャストし、良型のチェイスの有無をチェック。

dsc_9667

 

76位はSHIMANO トリプルインパクトシリーズ。

SHIMANOの歴代ハードルアーの中でも最も著名で、最も売れたと言われているウェイクベイトの傑作。
リップに搭載されたウェイトボールや、うねりの効いたボディデザインが特徴。
ニシネルアーワークスの西根博司氏がプロデュースしたことでも有名。
西根デザインの息づいたデザインワークも見所です。

シマノ トリプルインパクト

 

 

77位はティムコ グリマー7。

ティムコがリリースした、ミドスト用プラグ。
艶かしいロールアクションは、スレバスも思わず口を使う。
アクションさせるのにコツが要るが、一度掴めれば他のルアーにない独自のロールアクションを移動距離を抑えて発生させることが可能です。

DSC_9583

 

78位はRAID JAPAN バトルホッグ。

大きなパワーアームが特徴の、バトルホッグ。3.8inというコンパクトサイズでありながら、
5inワームに匹敵する水押し、ボリューム感を実現。濁りが入ったら、バトルホッグを使用してみてください。

RAID JAPAN バトルホッグ(左)

RAID JAPAN バトルホッグ(左)

 

 
 

79位は、O.S.Pのラウダー70。

O.S.Pのポッパー、ラウダー70。
立ち浮き系の、移動距離を抑えたポッパー。
最大の特徴は、その重低音ポップサウンド。
岩盤際などで使用すれば、岩盤にそのラウドなサウンドが伝わり、
広い範囲からバスをコールアップすることが可能。

louder_nose

 

 

80位はプロズファクトリーのオーピージグ(OP-jig)

リーズナブルなプライスが嬉しい、プロズファクトリーのジグ。
リーズナブルな価格ですが作りは全く妥協無し。
どのシリーズもオススメですが、なかでもオーピージグは飛躍的に感度を高めることに成功したワンポイントヘッドを採用。
地形変化を手に取るように感じることが可能です。
フットボールジグのスタンダード。

dsc_9675

 

御礼

ここまでお読みいただきありがとうございます。

まだまだランキングは続きます。

少し疲れた場合のために、別の記事を紹介しますね★

バス釣りにおいて、’春爆’は存在するのでしょうか。良く聞くキーワードです。

40UPがボコボコ釣れた、春の豊英ダム釣行についてシェアします。

81位はO,S.Pの 04 SYNCHRO [シンクロ]

長短バランスよく巻かれたスカートと、操作性重視のフロント重心のヘッド形状。
攻めれるセッティングになっている。
おすすめは写真のK.O.C.S(一樹 折金 チョイス スペシャル)、別名亀山チラシ寿司カラー。

dsc_9676

 

82位はフィッシュアローのフラッシュJ。

元祖スーパーリアル系ワーム。
背骨に見立てたプレートが挿入されており、強烈なフラッシング効果を生み出す。
サイトフィッシングにおすすめ。

dsc_9678

 

83位はゲーリーヤマモト イモグラブ。

放置プレイでバイトを待つだけ。最強の食わせワーム。

dsc_9679

 

84位はゲーリーヤマモトのフラッピンホッグJr。

ダウンショットリグや、トレーラーとして使用するのが吉。
ザリガニ喰いバスに強烈にアピール。

dsc_9681

 

85位はバークレーのダブルホッグ。

今江克隆氏プロデュースのバークレーダブルホッグ。
その名の通り、ダブルアクションが持ち味。フォール中はバズテールがピロピロ、着底後は腕がパカッと開きアピール。2種類のアクションでバスを誘います。

dsc_9682

 

86位はJACKALLのデラクー。

人気岸釣りアングラー、水野浩聡氏開発のテールスピンジグ。
小型ボディが釣れる気にさせてくれる。
どこにでもかっ飛んでくれる遠投性能。
野池などでバスの平均サイズが小さいときに重宝します。

dsc_9683

 

87位はエバーグリーンのプロップマジック。

高い遠投性能、直進安定性を実現したサイトフィッシングに欠かせない存在。
本気喰いの確率が高いルアー。

dsc_9684

 

 

88位はMegabassのシグレシリーズ。

元祖昆虫系。虫系を代表するシグレシリーズ。
リアルな造形とそこから発生する波紋は、水面でもがく昆虫を忠実に再現することが可能です。

DSC_8529

 

 

89位はTHタックルのゾーイシリーズ。

ギル型ルアーの中でも、その造形美で圧倒的な存在感を示すゾーイ。
ハンドメイドならではの細部まで拘った作り。
とにかくチェイスが多いルアー。

リトルゾーイ

 

 

90位はO.S.Pのドライブシュリンプ。

反則的釣果を誇る傑作エビワーム。
エビ喰いバスはあっけなく口を使います。
4inのダウンショットや、6inのテキサスリグなどで。
dsc_9685

 

 

御礼

ここまでお読みいただきありがとうございます。

まだまだランキングは続きます。

気分転換に、ikahimeのインスタグラムを紹介しますね★

 

91位はティムコ マッドペッパーマグナム。

国産ディープクランクベイトの名作。
バスをスプークさせにくいシャッドライクなローリングアクションが最大の特徴です。

dsc_9687

 

 

92位はエバーグリーン コンバットクランクシリーズ。

シリーズで共通するのは、圧倒的なキャスト性能。そして魅力的なカラーリング。

dsc_9688

 

 

93位はゲーリーヤマモトのウェイブモーション。

山岡計文氏監修のゲーリーのストレートワーム。長めのシルエットと、ピンテールが特徴。
通常のストレートワームにない、ピンテールのびりびりとした振動が特徴。

dsc_9689

 

 

94位はO.S.Pのスケーティングフロッグ。

頭の小さいシルエットで高いフッキング性能を確保したフロッグ。
180°ターンをこなす高い首ふり性能。
耐久性の高いシリコン製スカートも特筆点。

dsc_9691

 

 

95位はJacksonのフローシャッド

名だたる名作がひしめくシャッドプラグ界において、名作の仲間入りを果たしたフローシャッド。
タイトなハイピッチアクションで広範囲を手早くサーチ。
低水温期の強力な武器。

dsc_9692

 

 

 

96位はDUOのレアリス クランク。

村田基氏プロデュースのレアリスクランクM65 8A。
14gという同クラスのクランクベイトとしては大きめなボディにより高いキャスト性能を実現。
ハイピッチなウォブルアクションで広範囲にアピール。1340円と抑え目な価格も良心的です。

dsc_9693

 

 

97位はゲーリーヤマモトのミディアムクロー。

シンプルなホッグ系のボディ形状と釣れるゲーリーマテリアルの融合。

dsc_9694

 

 

98位はnoriesのシュリルピン。

nories流ストレートワーム。
ベイトフィネスタックルでネコリグなどで使用すると良いでしょう。
エビとハゼのハイブリット生物がモチーフ。
バスの大好きなやつらです。
強烈なエビフレーバー配合。

dsc_9695

 

 

99位はdepsのデスアダーリザード。

8inという長尺ワームですが、水中で半分に折りたたまれれば4inに見えます。激濁りのフィールドなどで使用すると吉。
霞水系のインレットなどで、ドリフトさせると、見慣れないリザード系ワームにバスも思わずバイトしてくるはずです。

dsc_9696

 

 

100位はdepsのバルビュータ。

トレーラー、ジグ打ち用ワームとして。
見たことのない画期的な新形状。
コンパクトボディながら、ハイアピールという相反した要素を持っている。
ジグトレーラーとして、ダブルテールのような感覚で使用しています。
image

 

御礼

最後までお読みいただきありがとうございます。

少し疲れた場合のために、別の記事を紹介しますね★

私のブログにおいて、2016年度に最も読まれた記事のランキングになります。↓

 
 

まとめ

ここまで読んでいただいた方には、心より感謝を申し上げます。

冗長な記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この文章はほとんど読まれない可能性が高いですが…

これまで私がバス釣りをしてきた中で、信頼の置ける、「釣れるルアー」の一覧を作成してみた結果、このような記事になりました。

BEST100としたのは、これだけのボリュームの記事をブログで書くとどうなるのか、という

私のブログにおいて実験的な意味合いも含んでいる記事になります。

BEST5や、BEST10は普通なので…

もちろん、ここでご紹介したルアー達は、間違いのないものを精魂込めてセレクトしました。

 

※追記

当記事を、リリースしてからしばらくすると、おもしろい結果が出ました。

私のブログの中で、最も読まれた記事BEST5圏内をうろついている人気記事に成長してくれたのです。

そこで、ランキングの合間合間に、他の記事の紹介を入れて、私のブログの水先案内人にしてみました。

もし、他にご興味の有る記事があれば、読んでいただけると小躍りして喜びます。

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

1 個のコメント

  • […] 初心者におすすめ。 最強の実釣性能を誇る ルアーランキング100 市場に数多存在するルアー達。個性豊かなその存在は、バスフィッシングをより豊かなものにしてくれます。しかし、多様化したルアーはときとして初心者にとってハードルアーの選択を難しくしてしまう側面もあります。そんな中から、実釣性能と使いやすさにこだわって、100選をチョイスしてみました。ikahime.net […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です